« ワインのおつまみも.... | トップページ | 自然派ワインって何? Part.2 »

自然派ワインって何? Part.1

Labelで取り扱っているワインの一つに
「自然派ワイン」があります。

巷でも「ビオワイン」と呼ばれ、少しずつですが、
「体に優しいワイン」「癒しのワイン」
「有機栽培のワイン」などなど、
いろいろな自然派ワインが紹介される機会が増えています。

少し、難しくなりますけど、
今日は少し自然派ワイン(ビオワイン)を
さわりだけですがお話ししてみます。

「ビオワイン」というワインは、
「ビオロジック・ワイン(オーガニックワイン)」を指し、
有機農法のブドウで造ったワインのことなんです。
ヨーロッパでは「ビオロジック」という 言葉はワインを超え、
農作物、加工した農業製品全体に対して使われます。

1991年にはEU指令で欧州15カ国共通の基準が定めら れていて、
この基準をもとに「ビオロジック」がどうかが計られます。
(このEU指令以外にもビオロジックかどうかを認定する団体が
100以上活動しており、世界中の作物に認定証を発行しています。)

フランス公的認証の「ABマーク」
(有機農産物の公式品質保証マーク)、
民間では世界最大の団体であるフランスの「エコセール」、
ドイツの「デメ ター」などが有名な認証です。
またさらに厳しい規定を持つ「ビオディナミ」があり、
(英語ではバイオダイナミックス=生体力学)
これも、法的には「ビオロジック」の一種とされています。

ビオロジックの農業製品は基本的に生産過程で、
添加物を許可されていないのですが、
ワインの場合は例外とされているのです。
ワインの醸造過程である種の添加物が必要とされているため、
「ブドウ」が「ビオロジック」で栽培されてい れば
「ビオロジック・ワイン」、「ビオ・ワイン」と表示できます。

しかし、これでは本当の意味での
「自然」なワインとは言いにくいのです。
そこで「ヴァン・ナチュール」というワインが、
現在世界的に浸透しつつあるのです。
この言葉は、自然に造られたワインという意味のフランス語。
ビオロジックよりさらに踏み込んだ考え方をしています。
現在、日本で「ビオ」と呼ばれているワインで、
いわゆるこれがその意味通り「自然派ワイン」です。
もちろん今回Labelで取り扱っているワインにも、
ヴァン・ナチュールのことを指している場合が多くなりました。

自然にまた健全にブドウを育てても、
果汁に糖分を補ったり、酸化防止剤等を使ってワインを造ると、
その味わいはヴァン・ナチュールとはかけ離れたものになる。
そんな考え方が造り手にも広がっている時代なのです。

ヴァン・ナチュールの造り手たちは、
可能な限り 自然に育てたブドウに一切添加物を加えないで、
天然酵母による自然なワイン造りに励んでいます。
彼らの中には政府や認証団体の与えてくれる
「ビオ・ワイン」という肩書きにこだわらず、
あえて認 証を取らないで、自身のポリシーのもと
ブドウ栽培・ワイン作りを行うものも多くなっているのです。

(つづく)

 

|

« ワインのおつまみも.... | トップページ | 自然派ワインって何? Part.2 »

スタッフ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/21264941

この記事へのトラックバック一覧です: 自然派ワインって何? Part.1:

« ワインのおつまみも.... | トップページ | 自然派ワインって何? Part.2 »