« 今週からスタート [8/18 本日のおすすめワイン] | トップページ | 試飲会に出かけておりました。[8/20 本日のおすすめワイン] »

『夢の海底ポスト』[8/19 本日のおすすめワイン]

heart阿比留ちゃんの徒然Dialy
こんにちは、blog初登場の阿比留です

みなさんお盆休みはどうすごされましたか?
皆様それぞれ想い出の1ページを増やされたことと思います。

いよいよLabelも来週にお休みを頂きますので
今からワクワクしています。

私はスキューバダイビングをするのですが、
最近お客様や私の周りでもダイビングをされてる方が多く、
潜水話しや水中写真をよく見せていただきます。

皆様は『海底ポスト』ってご存知ですか?
和歌山にあるのですが字の通り海底にポストが置いてあって
実際に投函出来るんです
週に一度の回収なので配達まで時間はかかりますが
素敵だと思いませんか?
『今年の休みは和歌山ダイビング、これで決まり』と
いきたいところなんですが
現実的な問題がありまして、
昼間のお仕事がお休みではないので。。。
ダイビングどころかどこにも行けない事に
気付いてしまいましたsad

そんな私に皆様の夏休みのお話を
聞かせてもらえたらうれしいです。

<今日、絶対に飲んでおきたいWINE!>
Img55461234








ドメーヌ・マルク・テンペ アリアンス[2005]
《フランス・アルザス》

ドメーヌ・マルクテンペは、アルザスの中心部、
コルマールから7キロほど進んだ 南西向きの村にあります。

標高は220メートル、粘土石灰土壌をベースに、
ヴォージュ山脈の花崗岩や黄色みえを帯びた
石灰の混じる多様なツェレンベルグの土壌は、
アルザスの主要品種全てに適合し、
素晴らしいブドウを収穫することが可能です。

オーナーのマルク・テンペ氏は、国際的なヴィオニストで、
INAOで11年間技術者を務め、
大手ネゴシアンで2年間醸造に関わるなど、経験も豊富。
93年から、ヴィオディナミ農法を行い、
エコセール認証も受けています。

この地は、気候的に見ても、夏期は、暑く乾燥し、
ヴォージュからの風により、ブドウの病気も少なく、
当然アルザスワインの素晴らしさである酸味は、
寒暖の訪れもある証拠。

マルク・テンペ氏の畑は、完全無農薬のため、
畑にいる生き物は、他の生産者に比べ雲泥の差、
地中の微生物や、モグラ、ミミズなどなど、
本来、土に居る生き物でいっぱいです。
普通に自然界にいる生き物の力を借りながら、
ブドウを育てます。

マルク・テンペ氏本人も、
“ブドウの樹が自分でうまく育つのを助ける以外は、何もしない”
と言い切り、それは、収量制限や、夏期剪定も行わない、
かなり徹底してものです。
当然、味わいの評価も高く、現在、アルザスワインの
トップクラス生産者としての評価を受けており、
ヴィオニストとしても、かなり有名です。

そんな、マルク・テンペ氏が初めて造り出した、
6種類のブドウから出来る渾身の
アサンブラージュ(混醸)ワインです。

通常、そのアルザスで混醸したワインを
“エデルツヴィッカー”と呼びますが、
マルク・テンペはそれを名乗らず、
“アリアンス=(同盟)”とこのワインに付けました。

Sachiko評
グラスに注ぐととても濃い色合いで、強い黄金色に、
赤茶けたような色彩が混じる、深い色合い。
6種類のぶどう品種がブレンドされているこのワインは
パッションフルーツのようなとても高く甘い香りに、
蜜や花、スパイスのニュアンスまで、
多彩に広がる香りを持ち、とても華やかさがあります。
飲むと、イメージは一変、スムーズでキレイな酸味と優しい果実味で、
スッキリしたような感じもある辛口なのです。
豊かな風味が残る余韻も素晴らしく、今までに無いスタイルの
アルザスワインが楽しめます。
私もお気に入りのワインの1つです!

|

« 今週からスタート [8/18 本日のおすすめワイン] | トップページ | 試飲会に出かけておりました。[8/20 本日のおすすめワイン] »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スタッフ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/23086510

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢の海底ポスト』[8/19 本日のおすすめワイン]:

« 今週からスタート [8/18 本日のおすすめワイン] | トップページ | 試飲会に出かけておりました。[8/20 本日のおすすめワイン] »