« スッキリ、リフレッシュ! [7/21 本日のおすすめワイン] | トップページ | いざ、勝負の時! [8/23 本日のおすすめワイン] »

秋の訪れ。

heartSachiko店長の徒然Dialy

昼間はまだまだ日差しが強いですが
昨日は涼しくて過ごしやすい夜でしたね。
お店の玄関付近ではコオロギが
ず〜っと鳴いているんですよ!

もうすっかり夏も終わりの様子で
急に秋がやってきた感じがしました。
季節の変わり目にはなぜかウキウキしてしまう私です。

そして暑い中、応援に力が入ったオリンピックもあとわずか、
昨日は女子のソフトボールが金メダル!
すごい盛り上がっていたようですね。
私も興奮覚めやらぬお客様から話を聞き、
すごかったことを知りました。

今日は家を出る前に野球も始まっていて、
どうなったのか結果がとても気になるところです。

このオリンピックも終わればもう秋の到来ですね。
秋には新酒のワインなど新しいものもたくさんでてきますので
皆様もお楽しみにしていてくださいね!

<今日、絶対に飲んでおきたいWINE!>
Img10442094634










レッド・ピフ[2006]ヴィヌメンテス(ヤン・ロエル)
(フランス・ロワール)

優れた醸造技術者として尊敬され、
広く知られているヤン・ロエルが、
VINUMENTIS(ヴィヌメンティス)の名のもとに、
自らのワインを
2003年ヴィンテージから造り始めました。

ヴィヌメンティスとは、
ラテン語のVINUM(ワイン)とMENTIS(精神)を
縮約した彼の造語で、
『ワインに精神を込める』という思いが伝わる名前です。

ローヌ南部、ドローム(Drome)県に位置する
畑のぶどうから造られたワインです。
ぶどうは有機栽培または減農薬農法にて育てられ、
テロワールを最大限に表現するワイン造りをしています。

醸造も自然な方法で行っており、
たとえそのことで仕事量が半端なく多くなったとしても、
彼らの目指すワイン造りへの理想にぶれはありません。
天然酵母のみを使用し、
SO2(酸化防止剤)も瓶詰め時にほんの僅かしか添加しません。

5.5haの畑。樹齢は平均40年にもおよびます。
12〜18日間のマセラシオンカルボニック法(※)。
軽やかで旨味たっぷりの果実味と、
きめ細やかなタンニン。

※マセラシオンカルボニック法
葡萄の果実をつぶさずにそのまま発酵タンクに入れ、
密閉して数日間保存する方法です。葡萄自体の重みで
つぶれた下部の葡萄が自然発酵し、それによって発生
した炭酸ガスがタンク内に充満して、大部分の葡萄は
酸素が断たれた環境下、葡萄果内で発酵を始めます。
その後圧搾して醸造するため、タンニン(渋味)をあ ま
り含まず、フレッシュで香りの良い、まろやかな風味の
ワインができるのです。

Sachiko評
自然派ワインらしいピュアで柔らかな果実味
ラズベリーや赤いベリーを煮詰めたような香りと味わいです。
この完成度の高さはさすが”ヤン・ロエル”さんですね!
セパージュはカリニャン65%、グルナッシュ20%、
サンソー10%、シラー5%のいかにもローヌ的な比率です。
味わいも南仏の自然派ワインの典型といった感じで
実に親しみ易く、スッと違和感なく喉を流れていきます。
ソフトでバランスが良く、
文句のつけようの無いワインだと思います。

|

« スッキリ、リフレッシュ! [7/21 本日のおすすめワイン] | トップページ | いざ、勝負の時! [8/23 本日のおすすめワイン] »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スタッフ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/23166474

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の訪れ。:

« スッキリ、リフレッシュ! [7/21 本日のおすすめワイン] | トップページ | いざ、勝負の時! [8/23 本日のおすすめワイン] »