« 待っていました、この季節! | トップページ | 今年もやってきた »

9/17 いち押し! ワインのお話。

Cdrv06mドメーヌ ラ モンタニエット
2007 
(エステザルク)
コート・デュ・ローヌヴィラージュ

Labelでもお馴染みの人気No.2のモンタニエット。
失礼しました。今までスッカリご紹介を飛ばしておりました。m(_ _)m

ローヌのエステザルグ協同組合はフランス最小の組合と言われており、加盟している生産者数は10名たらずです。

また、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、複雑な地層や多様な品種の
ぶどうを使ってコクとボリューム感に富んだワインが造られる地域となっています。各農家の畑は可能な限り有機栽培で管理されており、化学肥料や除草剤は一切使用しません。

また、農薬に関してもどうしても必要な場合に限り、極少量のみ散布する「リュット・レゾネ」の手法を導入しています。

また、それぞれの畑の個性をワインに反映させるため、数種類のワインを例外としてブレンドは行いません。従って、この組合から出荷されるワインの多くはそれぞれの生産者名を名乗っています。

いわゆる「協同組合」のがぶ飲み用ワインとは一線を画した品質主義のワインばかりなのです。

「協同組合」としての大きなメリットは、

農機具や新しい醸造設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点だといえます。

この協同組合をここまで高品質なワインを造る生産者に育て上げたのは、現在フーラル・ルージュで自らワイン造りを行うジャン・フランソワ・ニックです。

彼はこの協同組合を指揮し、多量のワインを高品質に、自然な造りで生み出していました。

彼が独立した後もそのコンセプトを引き継ぎ、各生産者達がそれぞれに素晴らしいワインを造り上げています。ステザルグの特徴はまさに「自然環境を尊重した栽培」です。

グルナッシュ、ムールヴェードル、シラーのブレンド。
Labelでも人気の訳は・
飲み口のいいワインが多いBioワインの中でも
とても果実味がしっかりしていて、クセもなく重たすぎない。
飲んでいてしんどくならないのがいい感じです。

|

« 待っていました、この季節! | トップページ | 今年もやってきた »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/23805660

この記事へのトラックバック一覧です: 9/17 いち押し! ワインのお話。:

« 待っていました、この季節! | トップページ | 今年もやってきた »