« 憧れのウエディング! | トップページ | 『トホホな週明け』 »

ハラモヴィンテージ

Img10584507983 ハラモワイン
ヴィンテージ  
甲斐ブラン 
2004年 
& 2005年   
「飲み比べ」






原茂ワインは1924年(大正14年)に設立。「原茂」という名前は、昔ワイナリー周辺の地を(原)と呼んでおり、その当時の主人の名前が「茂左エ門」で『原の茂左エ門』と呼ばれていたことに由来しているそうです。

031 先月、私も伺いました。原茂ワイナリーはとてもこじんまりとしていて、ゲストハウスの前にはぶどう棚があって、シーズンにはぶどう狩りが楽しめます。私が訪れたときもたくさんのぶどうがなっていました。





033 またゲストハウスは旧家を改造したようで、入口を入ると土間になっていてこの土間の奥に階段があり二階に上ると、ダイニングになっていて軽い食事を取ることが出来ます。・・・もちろん、ワラモワインも!! このダイニングは「カフェ・カーサ・ダ.ノーマ」という名前で、たくさんのお客様で賑わっていました。
私は「きまぐれブランチ」をいただきましたが、自家製のパンやソーセージ、肉、野菜などが盛り合わされていて見た目もきれいですし、野菜が新鮮でとってもおいしかったんです。

1Fの左側にはワインショップのカウンターがあり壁にはワインが整然と並んでいて、ワインを試飲しながら買うことが出来ます。ここで私が試飲して購入したものが、

「ハラモヴィンテージ 甲斐ブラン  
 2004年&2005年」


ハラモヴィンテージ 甲斐ブラン'04(甘口) 
生産本数2396本

−甲斐ブランの爽やかな甘口−
甲斐ブラン種はピノ・ブラン X 甲州の交配品種です。糖分を残したほんのり甘いワインに仕上がっています。匂いをかぐと少し甘いフレッシュな香りを感じます。甲斐ブラン種は果実感が強いと言われているのでこうした香りがするのかもしれません。そして口に含むとやや甘口ながら、ブドウの若々しいやや酸味を感じる爽やかな
味わいでした。

ハラモヴィンテージ 甲斐ブラン'05(辛口) 
生産本数3697本

−人気の甲斐ブラン最新ヴィンテージ−
2004の甘口仕立てのリリースと同時に発売された2005の辛口タイプ。甲州を親に持ちながら、大きく異なる個性を持つこの品種の魅力を引き出すために、醸造面でもさまざまな工夫をして造られました。爽やかな香りとフレッシュな酸味が特徴です。

本日より7名様限定で 
2004年&2005年の 甲斐ブランを
飲み比べでお楽しみいただけます!

|

« 憧れのウエディング! | トップページ | 『トホホな週明け』 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/23931713

この記事へのトラックバック一覧です: ハラモヴィンテージ:

« 憧れのウエディング! | トップページ | 『トホホな週明け』 »