« 10/9 いち押し! ワインのお話。 | トップページ | 感激するものばかり!! »

10/10 いち押し! ワインのお話。

Img10474575641ピエール・ゴーティエ
ブルグイユ 
レ・ヴァン・リュ・ディ 
[2005]
(フランス・ロワール地方)

ブルグイユの生産地は7つの村にまたがり全部で1200haあります。ドメーヌ デュ ベレールのピエール ゴーティエ氏は10アール以下の畑を20ヶ所の点在する地域に合計15haを所有しています。

ゴーティエ氏は1年の大半を畑仕事に費やし、バカンスもとらずに丁寧にぶどうを育てる最上のブルグイユ生産者の一人。

「ロワールのカベルネフランの生産者の多くは畑仕事が不十分で生産量を落とさないので、水っぽいぶどうになってしまう。そして色を出すために過度なマセラシオンをすると悪いタンニンが出て、青臭いワインになってしまうのだ。」と彼は言います。

土壌は地上30センチが石灰粘土質でその下は堅い石灰層の岩盤となっています。畑はビオロジー(有機農法)で除草剤も一切使っていません。土は鋤返され空気をふんだんに含んでおり、畑を歩くとふわふわと柔らかいほどです。

石灰から来るミネラル香と爽やかなフルーツ香があり、ナチュラルな赤い果実の酸味を感じます。良く熟した果実味が全体の構成を支え、タンニンは非常に柔らかく、青臭さはまるで見当たらないのが特徴です。

[Labelのおすすめコメント]
カベルネ・フランで造られるこの赤ワイン。
伝統的手法での醸造、そして亜硫酸は
醸造の時から瓶詰めまで無添加。

やわらかで 甘みを感じるくらい濃い果実味にあふれ
程よくタンニンもあってバランスも良く 
自然派ワインならではののど越しの良さ。



|

« 10/9 いち押し! ワインのお話。 | トップページ | 感激するものばかり!! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/24405730

この記事へのトラックバック一覧です: 10/10 いち押し! ワインのお話。:

« 10/9 いち押し! ワインのお話。 | トップページ | 感激するものばかり!! »