« 歯科通い始まる。 | トップページ | 『灯台下暗し〜ワイン会でのワインはなんと』 »

10/27 いち押し! ワインのお話。

Img10444684245ラ・ブヴェット 
(カステルモール共同組合)
(フランス・ラングドック地方)

南フランスにある協同組合は昨今、ワイン販売の不振に悩んでいる。昨年から今年にかけては、スペイン、イタリアそしてポルトガルからフランスへワインが入ることを拒んで、組合の人々が高速道路をロックアウトしたことがあった。

こうした状況に陥った一番の理由は、ワインの価格では南フランスと言えどもこれらの国々には勝てない、からである。つまり、価格が売り物のワインのフランス国内需要は、フランス産以外のワインが市場の主導権を握りつつあるとも言えるのである。

カステルモールは1921年に創業。

この組合の最も素晴らしい点は、将来はラングドックのワインが価格だけでは売れなくなることを予見して、1978年にクオリティーワインの生産に着手していたことである。確かに最近の南フランスのレヴェルは平均的には良くなってきているし、目を見張るようなワインも一部にはある。しかし、ラングドックの生産者達の多くが品質の向上をはかりはじめたのは、ここ7〜8年のことであろう。

以下はこの組合が1978年当時から変わらず行っていることである。

・収穫は全て手摘み。選果台の導入。
・ブドウは潰れることを避けてカジェットに入れて醸造所まで運ぶ。
・発酵から熟成、ビン詰めに至るまで、一切ポンプアップしない。

1990年からは畑の区分(全300ha)を720の区画に分類、その区画の条件にあう営農法を指導している。また、畑の健全性やブドウ品種、成熟度合そして土壌の種類ごとに収穫されたブドウを分けて発酵させることを実施した。1993年からは品種別に発酵の手法を変えている。

[Labelのおすすめコメント]

ブドウ栽培から醸造まで細心の注意がそそがれ自然な無駄のない、上質な味わい。ワインは鮮度を感じる赤紫色で、イチゴやブルーベリーなど甘いベリー系の香りです。毎日飲んでも飽きることがない、穏やかなタンニンで喉ごしがよく、チャーミングな果実味が楽しめます。

にほんブログ村ランキングに参加しています!
↓↓↓↓今日は何位かな?↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 歯科通い始まる。 | トップページ | 『灯台下暗し〜ワイン会でのワインはなんと』 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/24781857

この記事へのトラックバック一覧です: 10/27 いち押し! ワインのお話。:

« 歯科通い始まる。 | トップページ | 『灯台下暗し〜ワイン会でのワインはなんと』 »