« 私の小さな悩み | トップページ | 10/4 いち押し! ワインのお話。 »

10/4 いち押し! ワインのお話。

ポテル・アヴィロン
モルゴン・コート・デュ・ピイ2005
      (フランス・ボジョレ

10年以上前にボーヌ農業学校で同窓だったニコラ・ポテルとステファン・アヴィロンは、それぞれがコート・ドールとボージョレで偉大な父の元で修業を積み、98年ニコラがステファンに会う為ボージョレを訪れたのが、きっかけ。

ステファンがコンサルとクルティエを行う生産者のワインをニコラがテイスティングした瞬間に、ニコラはガメイそしてボージョレへの可能性を確信し、この新しい試みがスタートしました。

初リリースの2000年ヴィンテージが、ワイン専門誌「Wine Spectator」誌でクリュ・ボージョレとして例外とも思える90点以上という高得点を軒並み獲得し、ワイン業界に衝撃を与えました。以来、“最高のボージョレ”の評判は広がり、欧米諸国を始めとしたインポータからオーダーが殺到することとなりました。

ボージョレのそれぞれのアペラシオンを、そしてブドウのポテンシャルを理解するための最良のワイン。 それが理想とするスタイル。ステファンがもたらすなにより優れたテロワールの優れたブドウと、ニコラが培った醸造技術から、これまでの常識を覆すスーパーボージョレが生み出されています。

 ボージョレでは通常の50hlを超える収量を、ポテル・アヴィロンでは35〜40hlまでに抑えています。しかし、ガメイは生命力が非常に強い為、ヴァンダンジュ・ヴェールや剪定を厳しく行ったとしても残った果実が膨張してしまい、低収量の恩恵を受け難くなります。そこで樹齢35年以上のヴィエイユ・ヴィーニュが持つ、自然な低収量も大きなカギとなります。ほぼ無農薬で栽培を行い、除草も基本的に鋤で起こすだけ。肥料は有機肥料を使うものの、これすらもなるべく使用しない農法を採用しています。

 生粋のボージョレ育ちのステファンが付き合っている生産者は、僅かに12だけ。そのうち10生産者はずっと変わっておらず、長年にわたって自然な栽培を行い土壌が生きている生産者のブドウを買い付ける契約をしています。

 醸造は、マセラシオン・カルボニックもマセラシオン・ボージョレも行わず、コート・ドールの伝統に則った醸造を行っています。培養酵母を使わず、開放式の大樽で自然酵母で醗酵。
醸造中はSO2を出来る限り使用せず、熟成は全て樽熟成。新樽率は20〜25%に抑え、熟成期間中は一切澱引きを行わず、澱の上で12〜15ヶ月。マロラクティック醗酵も自然に任せたままにしておき、基本的に清澄もせずフィルターもかけずに瓶詰めしています。

[Labelのおすすめコメント]
イチジクの赤ワイン煮やキルッシュ、アマレットのような甘いフルーツの香りが
溢れだしてくる。プラムやチェリーのような熟したフルーツ味がたっぷりと
詰まって心地よい、包容力のあるふくよかな果実味。
コート・ドールのニコラ・ポテルとボジョレのステファン・アヴィロンの
コラボレーションです。
先日の日曜日に行って来た試飲会で見つけ
わたしがとても気に入って仕入れた1本です!
皆様ぜひ味わってみてください。

Img10303350126

|

« 私の小さな悩み | トップページ | 10/4 いち押し! ワインのお話。 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/24225083

この記事へのトラックバック一覧です: 10/4 いち押し! ワインのお話。:

« 私の小さな悩み | トップページ | 10/4 いち押し! ワインのお話。 »