« 『ビックリクリクリクリックリ!』 | トップページ | 初賞味! »

11/11 いち押し! ワインのお話。

Wine411_1_2 ラ・セリア マルベック 
レセルバ 2005
(アルゼンチン・メンドサ地域)

フィンカ・ラ・セリアのブドウ畑はアンデス山脈の麓、ウコ・ヴァレーのメンドーサ地区南部にあります。

1924年、彼の一人娘のCeliaに土地の大部分を移譲しました。今その土地は彼女への尊敬の証として、その名を持ち続けています。そして年月をかけ、Celiaはその土地を壮観なブドウ栽培地へと変化させました。同時に、彼女はワイナリーを建設し、素晴らしい才能でもってワイン生産技術を発展させ、卓越した品質を持つ素晴らしいワインを生産するようになりました。その中でもマルベックは比類のない品質になりました。

Celiaの成功によって、ウコ・ヴァレー全体の発展へと繋がりました。鉄道が入り、学校が建設され、この地域の経済的発展にも繋がりました。また、誇りに思いますが、今日では、Eugenio Bustosという創業者の名前がついている町があります。その地域的に優位性があり、アンデス山脈のおかげで太平洋からの湿気がブロックされます。降雨量が少なく、温暖な気候で平均約16℃のおかげでブドウの色とタンニンの抽出に適しています。

このエリアはとても厳しい冬と暑い夏で知られています。土壌は沖積土質で、上部の層は粘土質から場所によっては粘土−砂質土壌になります。貧しい土壌で、塩分は含まれていません。
この土地の創設者への尊敬の証としてラ・セリアと名付けられたレセルバ・ラインは、選ばれた最も良い畑から造られます。ラ・セリアはそれぞれの品種から表現されるエレガントさが非常に印象的です。

[Labelのおすすめコメント]

甘いバニラ、ブラック・ベリーなどの黒い果実のコンフィやベリーリキュールの濃厚な香り。味わいも非常に濃厚で、樽が効いている事もあり若いボルドーの右岸にも似たモダンなスタイル。アフターには、マルベックならではの甘い香りが広がります。滑らかで、タンニンも非常にこなれていてバランスもバッチリです。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、クリックしてください!
↓↓↓↓↓今日は何位かな?↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 『ビックリクリクリクリックリ!』 | トップページ | 初賞味! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041333/25231896

この記事へのトラックバック一覧です: 11/11 いち押し! ワインのお話。:

« 『ビックリクリクリクリックリ!』 | トップページ | 初賞味! »