« 『キタから南下』 | トップページ | 「今週のお料理は。。。」 »

12/13 本日のおすすめワイン

Jyanmari ドメーヌ ジャン マリー・ぺネ 
ソーヴィニヨンブラン2007
(フランス・トゥーレーヌ)

トゥール市から東へ約40km、典雅なシャトーが点在するトゥーレーヌ地区の小さな村にドメーヌはあり、ドメーヌもまた、シャトー・ド・ラ・ペスルという名の優雅な城である。1885年にジャン・バティスト・ロベール氏が畑を買ったことにより、ドメーヌの歴史は始まる。ラベルに描かれているシャトーは当時のもので、 ワイナリーに隣接しており、現在も事務所兼住居として使用されている。

元詰めは1970年、5代目の当主ジャン・マリーペネ氏が開始した。現在は三女のソフィー氏が跡を継ぎ、夫フレデリック・ムルジェイ氏と共にドメーヌを運営している。ソフィーとフレデリックは、ボーヌのワイン農業学校の同級生である。

6代目当主のフレデリック氏は、ボーヌでネゴシアン「シャンピィ」とクルティエを経営するブルゴーニュワインの名門出身。1998年よりジャン・マリー・ぺネ氏の跡を継ぐためにロワールに移ってきた。

夫妻はまた、積極的に海外に出て、オーストラリア・ヤラヴァレーの注目ワイナリー、コールドストリームにて、またボジョレー、南アフリカの生産者の元でも研修を積んでいる。

「故郷を離れて婿に入るのに心配はあったけれど、2人で海外で暮らしたり、学生時代も収穫のたびに彼女の実家で研修をして家族とうまくやっていけるか充分熟慮したよ。今は全く後悔していない。」とフレデリック氏は大きな体をほころばせて笑う。

所有する30ヘクタールの畑は、表土は粘土を含む砂地だが15センチほど下には粘土石灰質土壌が広がる。この土地の特産ホワイト・アスパラが育つ土壌と同じという。

[Labelのおすすめコメント]

キリッとした酸。青リンゴやハーブのような涼しげな香り。
涼しげな香りに、白い花のブーケのような華やかさ、ハチミツのような甘さと
果実のボリュームを感じます。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、クリックしてください!
↓↓↓↓↓今日は何位かな?↓↓↓↓↓




にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 『キタから南下』 | トップページ | 「今週のお料理は。。。」 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『キタから南下』 | トップページ | 「今週のお料理は。。。」 »