« 1ヶ月後の解禁日。 | トップページ | 12/20 貸し切り営業のお知らせ »

12/19 いち押し! ワインのお話。

Img10432826315テッレ・ディ・ジネストラ・
シチリア・ビアンコ 2006
(イタリア・シチリア)


このワインを造る[カラトラージ]は1984年にマウリツィオ・ミチイケ氏と彼の兄弟ジュゼッペ氏によって設立された比較的新しいワイナリー。

オーナーのマウリツィオ・ミチイケ氏は『古来から存在する南イタリアのオリジナル品種特性を純粋に抽出し、ワインへ表現すること。そうして生産された品質・味わいのワインを安定した価格で安定して供給すること』を設立当初から掲げ、伝統的な生産方法の中にも革新的な創意工夫を凝らし、常に世界に愛されるワインを造り続けています。

[カラトラージ]ワイナリーの所在するシチリアのヤート・ヴァレーは、風の強い乾燥した気候の地域でして、病虫害の発生が少ないところですので、自然な状態での有機的な栽培で健全なブドウが収穫されています。

その中でも[テッレ・ディ・シチリアは]このワイナリーのフラグシップワインでして、[ジネストラ]とは畑のある土地の名称から名付けられています。畑のあるヤート・ヴァレーのジネストラという所は、シチリアでも標高の高い地域でして、約400m〜680mの南東向きと南西向きの日当たりの良い斜面にブドウ畑が広がります。シチリアというと、暖かく日照量が豊富で太陽の恵みがたっぷりな濃厚完熟果実味といったワインが多いですが、その中でも標高が高く夜間は冷涼といったジネストラの畑は昼夜の寒暖差がある為、果実味と酸味のバランスが物凄く良い完熟ブドウが取れるんです。しかも粘土質の南向きの斜面に植えられた絶好の環境で、一層の複雑さと豊かさを与えています。

[Labelのおすすめコメント]
少し緑がかった黄金色の発色の良いイエロー、グレープフルーツ、ライム、レモン、などをそのまま搾ったようなフレッシュな香り、その果実味溢れる味わいは厚みと重さのあるしっかりとした飲み応え。ミネラル感もあり心地よい苦味と酸味、そして複雑味があります。果実自体の甘みも若干感じられる、バランスの良い凝縮
感たっぷりの 素晴らしい味わいです。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、クリックしてください!
↓↓↓↓↓今日は何位かな?↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 1ヶ月後の解禁日。 | トップページ | 12/20 貸し切り営業のお知らせ »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1ヶ月後の解禁日。 | トップページ | 12/20 貸し切り営業のお知らせ »