« 『いよいよ最後の日…』 | トップページ | 本日営業します! »

12/28 本日のおすすめワイン

Img55361677 モーゼル・ウドー 
リヴィング.アース カベルネ 2006

(フランス・ラングドック)

1992年にフィリップ・モーレルとステファン・ヴィドーという同じ情熱を持った2人の男性が設立した会社です。2人は無農薬で、昔ながらの製法によるワイン造りを始めました。

ブドウ畑は全て自社で管理し、成熟した全てのブドウを手摘みにて収穫、葡萄を痛めないように25kgごと箱に入れ、細心の注意をはらいます。収穫した葡萄はすぐに醸造にへと移ります。充分に香りや旨味、味わいに厚みをもたすために、醗酵前には長時間にわたるスキンコンタクトを行いブドウの持つ個性を最大限に引き出します。ワインの原料となる葡萄は摘み取りが終わり、搾る前に水洗いを一切しません。つまり表面に残る農薬や除草剤などもワインを構成する要素のひとつになるということです。こういった薬品はとても便利ですが、本来の自然界には存在せず、もちろん人間の体にも不要なもです。そういうものを一切使わずにワインを造ろうという動きが世界中のワイン産地で見直されています。

これは最近の動向ではありますが、本来、昔のワイン造りはそうだったように「自然回帰」の考え方を実践しようという動きでもあります。薬品を畑で使用しないということは畑からその土地や山、川、またそこに住む生き物まで含めた地域全体を保護することにもつながるのです。

インポーターの1つ「ディオニー」が、彼らの真摯なコンセプトを元に、素晴らしいビオの造り手「モーレル・ヴドー」に特別依頼したのがこのワインです!ラベルはデザイン専門学校に依頼。「地球」をイメージした丸い優しいラベルです。
自然派=「無駄のない」「素材そのまま」というワインの理想的な全てのイメージが結集しました! 何も飾らない 余計なものが入ってない分、余計なことをしていない分、その土地の本来のパワーやブドウそのものの生命力が感じられます。また造り手の人たちの暖かさをダイレクトで感じることができます!

「地球をこれ以上汚さない一歩になれば・・・」との思いを込めて「リヴィングアース」と名付けた、有機栽培葡萄100%使用のオーガニックワイン!

[Labelのおすすめコメント]

南フランスの健全なカベルネ・ソーヴィニオンを使用した、ベリー系の果実味溢れる味わいです。フレッシュな香りも高く、柔らかでまろやかタンニン。渋味と苦味が少なく、喉をスルスル通るジューシーなワインです

にほんブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、クリックしてください!
↓↓↓↓↓今日は何位かな?↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 『いよいよ最後の日…』 | トップページ | 本日営業します! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『いよいよ最後の日…』 | トップページ | 本日営業します! »