« ステキな電話対応 | トップページ | 試飲会 »

1/22(木) 本日のおすすめワイン

Img6ddac807zikczj マウント トリオ   
(オーストラリア)

マウント・トリオ・ヴィンヤードは1989年にファミリー・ベンチャーとしてワインメーカーの「ギャヴィン・ベリー氏(Gavin Berry)」と、妻の「ギル・グラハム」夫妻によって設立されました。

ここは西オーストラリア州・グレートサザン地域のサブ・リージョンである「ポロングラップ」にあります。 この上なく美しい「スティアリング・レンジ」の頂にちなんで命名されたワイナリー名。 涼しいそよ風が吹き、砂利の多いローム層からなる北面の斜面にある100エーカーのぶどう畑はワインメーカーにとって夢の場所です。ここは、農業とブドウ作りに情熱を追い求める為の完璧な場所として、西オーストラリアのブドウ園領域を厳密に探し回りギャヴィンとギルが発見しました。

暖かく乾燥した夏、冷涼で湿度のある冬期がブドウ栽培において理想的なコンディションをもたらし、畑を自然なバランスで保つよう、化学薬品の介入無く自然な状態を保った葡萄の樹々を成長させるようにギャヴィンに施されています。

土壌は肥沃であることから低収量で、非常に優れたフレーバーと色合いを備えた小さな房をつけます。今日では20エーカーの畑に葡萄の樹は植えられており、もっぱらギャヴィン氏、ギルそして二人の子供オリバーとブリジット達の手によって世話されています。 1995年がマウント・トリオのファースト・リリースされた年であり、現在ではシャルドネ、リースリング、ソービニヨンブラン、セミヨン、シラーズ、ヴィオニエ、ピノノワール、カベルネそしてメルロー種を育てています。

マウント・トリオのラベルに描かれている現代的な絵はポロングラップの山脈をイメージしています。 この地域は特に広い産地の一つであり、南西オーストラリアの200キロにも及ぶ海岸を囲み、100キロもの内陸部分にまで及びます。これは多種のコンディションを幅広くカバーしている事を意味し、海岸に近い海洋性の「アルバニー」地区、「デンマーク」地区、内陸性で多様性のある「マウントバーカー」「ポロング ラップ」そして「フランクランド・リバー」からなる5つに分類されたサブリージョンとして地形学的に示されています。その中で海抜0mから400mまでゆったりとした起伏が積み上げられていく「ポロングラップ」は内陸のどの地域よりも強く海洋の影響を受けますが、弱められた海風の影響を適度に感じ、気候はより大陸性で 夏は温暖、雨量の少ない非常に寒い冬が現れます。

(ピノ・ノワール) かるくチェリーでスモーキ−な香り、つまり、くすんだココアのような特徴をもつ甘いチェリーの香りです。余韻が続く豊かな味わいで、そして、シンプルなストリベリー香というよりもむしろダークベリーといくらかのレッドベリーの特徴を持っています
(シャルドネ) フレッシュなトロピカルフルーツサラダ、メロン、ピーチなどが際立っていてオークからのやさしいバニラ香がそれを支えています。味わいはドライで、いきいきとした酸が感じられます。
(ソーヴィニヨンブラン) わらのような中にライチやトロピカルなフルーツの香りも少し。また、ハーブっぽさやシトラスのフレーバーが非常に良い厚みを出しています。口中すっきりとさせるようなキレイな酸。

[にほんブログ村ランキング参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« ステキな電話対応 | トップページ | 試飲会 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステキな電話対応 | トップページ | 試飲会 »