« 1/24(土) 本日のおすすめワイン | トップページ | プチ変身?!   »

1/23(金) 本日のおすすめワイン

Img10604481882 リベルタス ピノ・タージュ
  (南アフリカ)

1655年にオランダ人がケープタウンに入植し、ぶどうの苗木をこの土地に植え付けた時に、南アフリカ共和国のワインの歴史は始まりました。東はインド洋、西は大西洋に面し、国土の大部分が温暖で日照時間も長く、ぶどうの栽培には恵まれた気候条件が整っています。

アパルトヘイト(人種隔離政策)の撤廃後、各国による経済封鎖が解除された結果、高級ヴェラエタルワインの提供地として、俄に注目を集めているのが南アフリカです。

2001年3月、1924年創業のステレンボッシュ・ファーマーズ・ワイナリー(SFW)と南アフリカ最大の蒸留酒メーカーであるディスティラーズ社が合併し、ディステル社が誕生しました。

「リベルタス」は1992年からリリースされた1ブランド。その名前はSFWの創業者であるウィリアム・チャールズ・ウィンショーが1924年に購入した、オーデ・リベルタスという名前の農園に由来しています。

南アフリカにしっかりと根を下ろし、生産性の高いサンソーにブルゴーニュの高貴なピノ・ノワールの色合い、薫り高さ、味わいの深さを取り込む事で、味わいの良いワインを作り出すのに成功しました。

名前の由来はその頃サンソーは南アフリカでエルミタージュと呼ばれており、ピノとエルミタージュの交配ということでピノタージュということになりました。ピノタージュは、ピノ・ノワール種とサンソー種の交配種です。1925年に南アフリカ共和国のステレンボッシュ大学のAbraham PEROLD教授によって作られました。

[Labelのおすすめコメント]

特長的なピノタージュの香りを持ち、興味深い複雑な香りを放ちます。樽香は控えめです。味わいは軽やかでフルーティで複雑すぎず、飲みやすい赤ワインになっています。また、木の香りがこのワインに心地良い厚みを与えています。

[にほんブログ村ランキング参加中!]
クリックお願いしま〜す☟

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

|

« 1/24(土) 本日のおすすめワイン | トップページ | プチ変身?!   »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/24(土) 本日のおすすめワイン | トップページ | プチ変身?!   »