« 今週のおすすめお料理 | トップページ | [2/11 今日のワイン日記] 新たな発見! »

気持ちを込めた手作り。

[幸子店長の日記]

昨日より始まりました「Label バレンタインWeek!」heart04

チョコレートフォンデュや

バレンタインちなんだ限定のワインを

たくさんご用意いている中、

私も手作りのストロベリーワインや生チョコを作りました。happy01
 
早速、昨日もお客様にストロベリーワインを飲んでいただきました。

昨日初めてご来店の男性のお客様は

「これ、いいね〜!いいね〜!」っと

何度も何度も私に言っていただけて

とってもうれしいお言葉でした。

昨年アジャラの時にも飲んでいただいて

今年も今か今かと

待ってくれていた女性のお客様、

「さっちゃんのストロベリーワインを飲みに来ました!」

またまた、とってもうれしいお言葉でした。

今年は去年よりも甘さをぐ〜んと控えめに作ったので

どうかな〜っと少し心配たっだのですがこれまた

今年も好評をいただいてとても喜んでいただけたんです。

それに加えロゼスパークリングの生チョコも大好評!!

お客様も喜んで、私も喜んで。。。

即座に伝わるこの手作りの実感、

本当にいいもんですね〜!

だからやめられない!!

またコツコツ手作りの物を作り続けたいと思います。

そしてワインも、どのお酒もやっぱり人の手で造っています。

この造っている思いを私も伝えていきたいと思います!!

ストロベリーワインまだまだたくさんありますので

飲んでくださいね〜〜〜〜


[本日のおすすめワイン]

34571918_1 イオス・レイトハーヴェスト・モスカート2006甘口
(アメリカ・カリフォルニア)

サンフランシスコとロサンゼルスの中間に位置する、パソ・ロブレスという産地。この国(=アメリカ)で最も魅力的な赤ワインの姿がゆっくりと姿を現しつつある場所。シラーや、プティ・シラーをはじめ、この産地に熱い視線が注がれているのは主に赤ワインなのですが、素晴らしい甘口・白ワインを造る生産者がいます。

それが、イオス・エステート。
イオス(EOS)とは、ギリシア神話の「夜明け前の女神」の名前。

まるでギリシャ・ローマ時代のような、原理的なワイン造りをポリシーとし、すべての収穫が夜明け前後に行われることから命名されました。
1999年度カリフォルニア州ワインコンペティションにおいてエステートワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞。「ワイン&スピリッツ」誌において1999年度アメリカンワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

ピュアな果実味を持つワイン造りこそがモットーのイオス・エステート。

[Labelのおすすめコメント]

遅摘みのマスカット種100%で造られた、甘口の白ワイン。とろりと口の中に滑り込んだ後、鼻で感じた洋梨や蜜のアロマに加え、柑橘系フルーツ、白い花、オレンジピールのビターなフレーヴァーが次々に現れます。
キレのあるフレッシュな酸味が、見事にワインをまとめ上げていて、甘いけど、甘過ぎない。心地よい甘口に仕上がっています

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村 ポチッとよろしくです!

|

« 今週のおすすめお料理 | トップページ | [2/11 今日のワイン日記] 新たな発見! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のおすすめお料理 | トップページ | [2/11 今日のワイン日記] 新たな発見! »