« 突然、社長の日記 | トップページ | [3/17 今日のワイン日記]  春のワイン! »

[3/18 今日のワイン日記] 貴重な贈り物。

[幸子店長のつれづれ日記]  

先日のホワイトディにお客様が

一緒に飲もうと持参していただいた貴重なワイン。

とってもありがたく、うれしい出来事でした。

そのワインとは日本が誇る

山梨県で唯一の自然派ワインの造り手、

金井醸造場さんの

[キャネー・ヴィノ・ダ・万力 シャルドネ白2008年]!

Wj_caneymanrikichardonnay












このワインは4年ぶりにリリースされ、

798本のみ、即完売したという幻のワイン。

お客様も販売すぐに2本購入されて、

1本は購入時に飲み残りの1本は

1年間自宅のセラーで眠らせていたという

とても大事なワインを私に飲ませてくれたんです。

初めに驚いたのは白ワインにして

大きなかたまりの澱。

自然派ならではのことなんですが

国産ワインということでは

とてもすごいことです。

私は味わいに期待を膨らませ

口に含んだその瞬間。

そしてその香り、味わいに大感激してしまいました。

K様。

もう飲むことは出来ない

とっても貴重なワインを楽しませていただき

本当にありがとうございました!   

そして私はまた国産ワインの魅力にハマリ、

昨日の休日は国産ワインバーへ行きました。


[ワイン会のおしらせ]

穏やかな春の陽気に誘われて〜
《 春のB.Y.O(持ち込み)ワイン会 》
ご参加受付中!
!
日時 ▶ 3月22日 (日曜日) 17:00〜21:00
参加費 ▶ 限定15名様  お料理・持込料 ¥4500
       別途、テーマに即したお持ち込みワインを一本
       各自実費でご用意頂きます。

     ▶ 持込なしでもOK!  ワイン&お料理料¥6500

詳しくは、このブログの左上、イベント情報を
クリックしてくださいね!


[本日おすすめワイン]

Img_1614135_9955828_0 オヤ デ カデナス 
レゼルバ プリバータ 2001
(スペイン)

スペインの中東部、地中海を臨むバレンシア州にヴィセンテ.ガンディア社は、1885年に設立されました。120年にも及ぶ家族経営によるワイナリーは、伝統を守り続け、より品質の優れたワインを造ることで世界中の国から高い評価を得てきています。バレンシアという産地は、オレンジでは有名ですがワイン 産地としてはあまり知られておりません。それが故に多くの栽培者は、ぶどうを量産しバルクで売ってしまうのです。

ガンディア社は、このバレンシアで最も高品質のぶどうが出来る標高800メートルのDO地区“ウティエル.レケナ”に200ヘクタールもの自社畑を所有しています。この地中海の温暖な気候とその標高差からの 恩恵(日中はとても暑く、夜間はとても涼しい)を受けながら育ったぶどうは、完熟しながらも程よい酸味をもったものになります。

彼らは早くから自社で良質なワイン造りが出来ることを確信し、単なる栽培者からワイン生産者になりました。十分な良質ぶどうと、家族経営ながらの効率にこだわらないガンディア社のポリシーが 、価格を超えた驚きの品質を実現可能にしているのだと圧倒されてしまいます。

[Labelのおすすめコメント]

テンプランーリョ種85% カベルネ・ソーヴィニヨン15% 品種と国から想像出来るように、スパイシーでパンチが効いたフルボディのワインです。香りはチェリーの様な果実の香りやトースト香、一口飲んで、ガッツンときたアタックの後に長い余韻が残ります。

[ブログランキング参加中! クリックお願いします]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« 突然、社長の日記 | トップページ | [3/17 今日のワイン日記]  春のワイン! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然、社長の日記 | トップページ | [3/17 今日のワイン日記]  春のワイン! »