« [4/7 今日のワイン日記] 悪戯心! | トップページ | [4/9 今日のワイン日記] 今年は早くもやってきました! »

[4/8 今日のワイン日記] 新たに始動。

[ribbon幸子店長のつれづれ日記]

新年度もスタートし、

今年のソムリエ試験

あと4ヶ月に迫ってまいりました。

試験の申し込みも月末から始まろうとしています。

年が明け勉強も始めようと思っていたのが

気付けばもう4月!3ヶ月があっという間に過ぎてしまいました!

ココ最近ひと月が急速に過ぎ去っていくことを実感して

ここらで本気モード、気合をいれて

勉強を始めないといけませんね。

時間がないときでも1日1回、必ず本は開くことにしました。

去年の試験間近、ドタバタで勉強したことを

思い出します・・・・今年は余裕をもって

試験に臨みたいと思います。


pass祈! 合格っっっ!


[本日のおすすめワイン]

Photo シャトー・オー・プリュール2004・
AOCプルミエール・コート・ド・ブライ・ロットナンバー入り・シャトー元詰
     (フランス・ボルドー)

シャトー・オー・プリュールは、『コストパフォーマンスが高い』事でボルドーでも良く知られているシャトーです。

その理由の1つに、オー・プリュールが協同組合に属している事があげられます。

そこは“カーヴ・ド・ブライ”という組合で、最先端の設備、醸造施設、そして、優秀なコンサルタントである「クリスチャン・ヴェイリー氏」の指導を共有する事が出来、オー・プリュールも、独立したシャトーでありながら、共有の施設を利用する事により、通常のシャトーに比べ、はるかに生産コストを下げ、しかも、クオリ ティの高いワインを造り出す事に成功した1件と言えます。

シャトー自体も、ブライのサン・ジェム地区にある場所で、150年前から代々続くブドウ畑を守り続けている、歴史ある家族経営ワイナリーです。

同地でも、日当たり、水はけ共に最高な、素晴らしいテロワールで、ボルドーの注目する程のヴィンテージでは無い年でも、素晴らしいブドウを収獲する事が可能。

今まで、資金面から、そのブドウのポテンシャルを100%発揮する醸造設備を持っていませんでしたが、協同組合に属す事で、本来のクオリティを取り戻したと言って良いと思います。

[Labelのおすすめコメント]

クラシックボルドーらしい、深い黒を称える色合いに、少しだけ、茶けた色が見えます。始めは、芳ばしい樽香、少し時間が経過すると、インクや煮詰めたプラム、ブラックベリーなど、様々な香りが立ってきます。含むと滑らかなタンニン、果実味はボリュームがあり、しっかりしたコク。飲み込むと、旨味がグングン出てきて、余韻まで、とても長く風味が残ります。

[ブログランキング参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [4/7 今日のワイン日記] 悪戯心! | トップページ | [4/9 今日のワイン日記] 今年は早くもやってきました! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [4/7 今日のワイン日記] 悪戯心! | トップページ | [4/9 今日のワイン日記] 今年は早くもやってきました! »