« [5/11 本日のワイン日記] 母の日 | トップページ | [5/13 本日のワイン日記] 熱くなってきました。 »

[5/12 本日のワイン日記] チーズセミナー

[rvcar幸子店長のつれづれ日記]

日曜日、私は初めてのチーズのセミナーに出かけました。

フランスのAOCチーズが

約30種類の試食と講習が受けられるとあって

チーズ大好きな私は楽しみにしていました。

白カビ・青かび・ウォッシュなど約30種類ものチーズ

順番に自分の前に並べられていきます。

2009051015430000








これだけのチーズを一気に食べられるとは

なんて幸せなことなんでしょう

しか〜し!

1個1個 説明を聞きながら試食していくうちに異変が・・・・

快調に食べていたチーズも20個目ぐらいになってくると

なかなか手が動きません。。。

「水・水〜」

「うぅ〜濃い!」
coldsweats02 

やっぱりチーズだけを食べつづけるのは濃すぎますね。

でもこんな貴重な体験を物にしなければと全種類制覇!!

帰りには歩きながらまたまた水分補給をたっぷりしました。

とても勉強になりいい体験をさせていただきました。

[
wine本日のおすすめワイン] 
86142 カーヴス ロード シャルドネ [2005]
       (オーストラリア)

1994年設立の家族経営小規模ドメーヌ。生産されるワインは全て所有する138haの畑のぶどうのみを使用。オーストラリアワインの重要な産地の1つ、南オーストラリア州の最南端の海岸地帯ライムストーンコースト。

この一帯はその昔海だった場所で排水に優れた砂利や砂を多く含み、ぶどう栽培に適した土壌に恵まれ良質のブドウを育てます。

収穫されるぶどう全てを醸造、ボトリングした場合、最大で540,000本の生産が可能ですが、現在の所240,000本のみ。良い区画、良いぶどうのみを厳しく選定するため生産量は少ないですが、丁寧に造られるワインの質は高く、大手ワイナリーが特に多い南オーストラリアでは、数少ない生産者です。また、使用しないぶどうは大手ワイナリーへ売却しています。畑の半分はOVOA(Organic Vignerons of Australia)の認証を受け、ビオディナミ農法も一部採用しています。

[
clubLabelのおすすめコメント] 
オーストラリア独特の土壌「テラ・ロッサ(赤い大地)」が生む、しっかりとしたボディーを持つワイン。 桃や、ハチミツ、シナモン、ナッツなどが複雑に香る。 たっぷりふくよかな香りながら、ファーストアタックはドライ。 アルコール感は強めで、樽からくるスパイシーな甘さが楽しめる。

[upwardleftブログランキング参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [5/11 本日のワイン日記] 母の日 | トップページ | [5/13 本日のワイン日記] 熱くなってきました。 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [5/11 本日のワイン日記] 母の日 | トップページ | [5/13 本日のワイン日記] 熱くなってきました。 »