« [5/6 本日のワイン日記] 放映日決定〜っ! | トップページ | [5/8 本日のワイン日記] 明日のお昼は.... »

[5/7 本日のワイン日記] 定額給付金

[atm幸子店長のつれづれ日記]

先日、母がなにやらニヤニヤしながら

私のもとにやってきて

「なんやろ〜?」っと思っていたら

母は片手にお金を握り締めていました。


「給付金、入ってん!!!」

「これ、あんたの分やで〜
happy01


っと12000円手渡されました。

へぇ〜。給付金、ほんまに振り込まれたんや〜。

私は全く給付金の存在を忘れていたんです。

皆様はもう給付金、使われましたか?

私は12000円でなんか買おうという予定もなかったし、

実家暮らしをしている私は

ほとんど仕事で家に何もしていないので


「給付金は我が家に給付しますscissors


っと母にまた戻したのです。

母は


「いらんの〜?じゃぁもらっとくで〜
lovely

っとうれしそうに言ったんですが、

後から考えると給付金で

何かプレゼントしてあげた方が

もっと喜んだのかなぁ〜?とか。。。。


まぁーいいかぁ!

母の日にはまた別で何かプレゼントしようpresentと思います。

ということで私のもとにきた給付金、

母は何に使うのでしょうね〜?

[
wine本日のおすすめワイン]
Img10133244040 アルファ ゼータ ”V”  ヴァルポリチェッラ 2006 
     (イタリア・ヴェネト)

アルファ・ゼータは、マスター・オブ・ワインの一人であるデイビッド・グリーブと、ニュージーランド出身の醸造家マット・トムソンが、良い品質と良い価格を両立したワインを提供したいとの思いから立ち上げたブランド。

ワイン造りは、カンティーナ・ヴァルパンティーナの全面的な協力の下行なわれています。しかし、アルファ・ゼータとカンティーナ・ヴァルパンティーナのワインは、単にラベルが違うだけではありません。

アルファ・ゼータの品質の鍵を握っているのは、マット・トムソン。アルファ・ゼータに使われる葡萄は、全て彼が選んでいます。葡萄は、彼が指定した畑とカンティーナ ヴァルパンティーナに持ち込まれる葡萄を選んで使います。さらに、彼は収穫量の制限や遅摘みにより完熟した葡萄を収穫させるなど、葡萄の栽培に関しても指導していることも、アルファ・ゼータの品質を高めています。

カンティーナ ヴァルパンティーナの醸造責任者であるルカ・デガーニ氏は「葡萄を選ばせるということはとても特別なことで、マット・トムソンと私の人間的な関係があるから」と話しています

[
winkLabelのおすすめコメント]
色は非常に濃く、新鮮なブラックチェリーのアロマがあります。口当たりはやわらかく、熟した味わいがあります。軽やかで若々しい果実味があり、チェリーパイのフレイバーがアクセントとなっています。ほどよい長さの余韻の中にチェリー・チョコレートの香りが感じられます。

[
upブログランキング参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [5/6 本日のワイン日記] 放映日決定〜っ! | トップページ | [5/8 本日のワイン日記] 明日のお昼は.... »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [5/6 本日のワイン日記] 放映日決定〜っ! | トップページ | [5/8 本日のワイン日記] 明日のお昼は.... »