« [6/25本日のワイン日記]初めての。。。 | トップページ | [6/27本日のワイン日記] 健康診断へ。。。 »

[6/26本日のワイン日記]自然派ワイン試飲会

carouselpony幸子店長のつれづれ日記

昨日の昼間はワインの試飲会に行ってきました。

コスモ・ジュンという自然派ワインのみを輸入している

インポーター様で

この日も、ものすごいビオワインたちがずらりと並べられていました。

いままでLabelにも登場してきたワインもたくさんあったのですが、

その中でも私が一番気に入ったワインは

Img10464537641 フランス・ロワール地方の日本人女性が造っているワインです。

(この女性、ビオワインの世界ではかなり有名な方がなんです。)

そのワインはソーヴィニヨンブラン種で造られているワインでした。

普通ソーヴィニヨンブランの味わいはシトラスや柑橘系の

さわやかな酸味が特徴なんですが

このワインは飲んだ瞬間に驚きました。

「えっ、これほんとにソーヴィニヨンブランなん!?」

私が今まで飲んできたソーヴィニヨンブランとは違って

“甘い!”っと感じるほど果実の甘味が凝縮されている

フルーティーでドイツのリースリングような味わいだったのです。

インポーター様に聞いてみたところ葡萄の糖度が高くなるまで

収穫を遅らせる遅摘みで造られているからだそうなんです。

これはLabelのお客様にもかなり気に入ってもらえるのではっと

私はぜひ扱ってみたいと思ったのです。

皆様もこの驚きを一度味わってみてくださいね〜。


wine本日のおすすめワイン
13666_1 モン・マルセル カヴァ ブリュット
    (スペイン)

スペイン・バルセロナの南約40キロのところにあるペネデスは1970年代スペインで最も早く近代的醸造方法を取り入れた革新的な産地です。
モン・マルサルは代々この地でワイン造りに携わってきたサンチョ・ファミリーによって1975年に設立され、ペネデス伝統のワイン造りの中に近代技術をいち早く取り入れ、現在では、40ヘクタールの自社畑と約300ヘクタールの契約栽培で、カヴァ(スパークリングワイン)、ペネデス、カタルーニャの3つの原産地呼称ワインを生産しています。毎年、世界のさまざまなワインコンクールで賞を獲得している彼らのワインの品質は、環境にやさしい葡萄栽培と厳重な衛生管理のもとに行われる醸造・熟成によって支え られています。

flagLabelのおすすめコメント
クリーミーでキメ細かい泡。しっかりとした果実の味わいと優しい酸味。
飲み応えがあります。日本に輸入されている数多くのカヴァの中でも、群を抜いてコストパフォーマンスの高いカヴァ。シャンパンと同じ瓶内二次発酵で造られております。
FCバルセロナ(スペイン)の公式カヴァに採用され、最近評価がとても高いカヴァです。

[人気ブロフ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [6/25本日のワイン日記]初めての。。。 | トップページ | [6/27本日のワイン日記] 健康診断へ。。。 »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [6/25本日のワイン日記]初めての。。。 | トップページ | [6/27本日のワイン日記] 健康診断へ。。。 »