« [6/4 本日のワイン日記] 今年は着れるかな? | トップページ | [6/8 本日のワイン日記] 祝!ワールドカップ本大会出場決定! »

[6/5 本日のワイン日記] こまとり姉妹...

[rockスタッフあびるちゃんのワクワク日記]

こんにちは、阿比留です。 

来週からいよいよ南アフリカフェアです。
ここ数週間、アフリカについて
色々調べる毎日が続いています。

というのも、南アフリカのワインに合う
フードメニューを考えなくてはと思い、
インターネットで料理や国について調べたり、
領事館や、研究している団体に電話して
情報収集しているのですが…
料理についてはなかなか載っていませんね。   

ネットも何百ページ見たことかf^_^; 

南アフリカ料理…どんな味か想像つかないですよね。

でも、気づいたんです…
実は父がサラリーマン時代で私が産まれた頃
海外赴任でアフリカに行っていた事を。

そのため、家には色んな
アフリカ雑貨や写真もありました。 
そして、私もその影響があったのか、
大学時代にはアフリカに住んでいた教授の
アフリカ風習や食文化についてなどの
講義を受けていました。

昨日はその時の資料を引き出して勉強しました。
こんな所で役立つ(?)とは。

数日前には父親も巻き込んでの
『電話de親子会議』父の出した答えは、
アフリカには色々な国からの移住民が居るため、
文化や食は多国籍である!
実は昨日、休みを利用して
市内にあるアフリカ料理店に参考になるかと、
行ったんです。
でも、残念ながら大阪には
『南アフリカ料理店』として構えている所はなく、
アフリカではあるものの違う国の料理で
外に置いているメニューを参考に
拝見して退散しました。

さあ、あと3日
(試作品を作るのはいつも土曜日なので一日?)
悩み倒します。

一応みなさん、安心してください。 
ちゃんと、レシピを作り上げているのはきちんとあります。
ただメニュー数が沢山ないだけです。   

『阿比留め〜っ、またしでかしよったな!』
とならないように頑張ってますよ。   
脳みそに良いシワが増えそうです。
しかし、フェアは2週間の為あと数品… 
困った困った…こまとり…  

[本日のおすすめワイン]

Img10565458213 ブラハム ピノタージュ 2005

    (南アフリカ)
ドメイン・ブラハム・ワイナリーは、南アフリカ・ケープタウン郊外のパール地区にあります。 
ここから2001年に、「南アフリカワイン業界の21世紀の新しい光」と賞賛されたワインが誕生したのです。ワインを造っているのは、ヒーシー・ラテガン女史。ヒーシーとは「リトル・スピリッツ(小さな魂)」を意味します。

彼女は白人ですが、家庭は大変貧しく、欲しい物も手に入らない状況の中で、11歳からアルバイトで家計を支え、大学まで全て奨学金で学び、優秀な女性弁護士として活躍していました。

しかし彼女はそれだけでは留まりませんでした。自然が大好きな彼女は、いつか自分でワインを造りたいという想いを持っていました。そして1989年、彼女は遂にケープタウンでの都会生活を捨て、郊外のパールに土地を買い、家を建て、ブドウの苗木を植えたのです。
御主人のブラハムさんも、高等裁判所裁判官を退職し、ヒーシーさんのために上質なブドウの栽培に取り組みました。しかし、御主人以外の人の中には「弁護士をしていれば楽に生活していけるし、素人の女性がワインなんて造れないわ。」と笑う人もいました。

しかし2001年10月、遂に「ブラハム・シラーズ1999」が誕生し、いきなりパール地区のシラーズ大会で満場一致の金賞、同国最大のワイン大会「ヴェリタス大会」で銀賞を獲得し、たちまち国内外のホテル・レストラン・ワインショップから注文が殺到し、マスコミに取り上げられました。彼女の周囲の人達の態度もすっかり変ったのは言うまでもありません。

そして翌年2002年には、「ブラハム・シラーズ2000」が2年目にしてヴェリタス大会で金賞を受賞。さらにカベルネソーヴィニョン、ピノタージュ、シュナンブランをリリースし、これらの品種も世界各地で高い評価を受けました。 2003年には「南アフリカ最優秀ワイン醸造家」に選ばれ、更に2005年に、初ヴィンテージの「シラーズ1999」が、南アフリカ最大のネダバーグオークションに選出されるという快挙を成し遂げました。

現在彼女は、パール地区のワイン組合の理事長にも就任しています。彼女は、弁護士でもワイン造りでも、「女性最年少、南ア史上初の女性○○○」など、次々に歴史上の記録を塗り替えてきました。今では彼女のワインは、世界の8ヶ国に輸出されていますが、どこでも手に入らない程の大人気の商品となっています。

彼女は自分のワインを通して、「たとえ貧しくても、女性でも、努力すれば夢は実現出来ます。あきらめずに自分の夢に向かって努力してほしい」ということをいつも伝えています。

[sunLabelのおすすめコメント]

ラム、カシスといった果実の香りにチョコレートやバニラといった樽熟成からくる香りが混ざり合い、複雑で豊かな香りが広がります。濃厚なタイプではなく、果実の甘みや渋み、豊かな酸味のあるエレガントで上品なスタイル。スパイシーな余韻もたまらないです

[upブログランキング参加中!]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« [6/4 本日のワイン日記] 今年は着れるかな? | トップページ | [6/8 本日のワイン日記] 祝!ワールドカップ本大会出場決定! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [6/4 本日のワイン日記] 今年は着れるかな? | トップページ | [6/8 本日のワイン日記] 祝!ワールドカップ本大会出場決定! »