« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

[7/31(金)本日のワイン日記]   ささやかなプレゼント。

mapleスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

木曜日はちょっとした用事があり、箕面まで行ってきました。

箕面に行くのは初めてなので、用事が終わってからどこか行ってみようと思い、

ちょいと連想。

箕面といえば、猿、滝、もみじの天ぷら…maple

そしてLabelでもおなじみ箕面地ビール!

箕面ビールのホームページを検索すると、何と、私が行かなくてはいけない所と

同じ町内でした。 これは運命!?

行かないと〜って思ったんですが残念ながら定休日でした。

それでももしかしたら開いているかもと微かな期待を抱き、行ったのですが・・・

やっぱり閉まっていましたねぇ(>_<)

でも、箕面に行くことはなかなかないのでどこか行かなくては!

車で山に登りました。所々から見える景色は最高でしたね。

そして、もみじの天ぷらmaple

大阪にいる方なら普通に食べたことのあるものですか?

秋の紅葉のシーズンにいただくのが一番最高だとは思うんですが

私は初体験でしたので思わずお土産にっと買っちゃいました。

ということで、本日もみじの天ぷらを持ち込みます。

『阿比留千恵、初箕面体験〜勝手にプレゼント〜』と急遽題して…

ほんのささやかではございますが私からのお土産です。

箕面ビールを注文して頂き『今日のblog見たで〜』と言って下さった、

先着5名様には、もみじの天ぷら一枚付けちゃいます!

と言うことで、今宵は箕面ワールドを楽しんでみてはいかがですか?






wine本日のおすすめワイン]
1114897048133 ドニャ・パウラ  
ロス・カルドス・カベルネ・ソーヴィニョン2007
  (アルゼンチン)

ドニャ・パウラは1997年に設立されたワイナリーです。
畑はアルゼンチンワインの中心地である、メンドーサ州のルハン・デ・クージョとトゥプンガトにあります。アンデス山脈の麓にある畑の標高は1000m以 上。ボルドー大学で醸造を学び、「シャトー・パヴィー」「ルイラトゥール」「ロバード・モンダヴィ」などで醸造経験を積んだ気鋭の若手ワインメーカー、ス テファノガンドリーニ氏を迎え、最先端の設備のもと、すばらしいワインを造っています。このワイナリーはニューワールドとしてのアルゼンチンではなく、 ヨーロッパスタイルで上品なワインを造る姿勢を貫いています。栽培葡萄品種はマルベック、シャルドネ、カベルネソーヴィニョンなどが主体で、いずれもテロ ワールからくるミネラルテイスト、また、エレガントでバランスの取れた味わいは、イギリスを始め、アメリカ、近年はアジアでもその人気が高まっています。
ドニャ・パウラの「ロス・カルドス」は、
フレッシュ感と華やかさが際立つシリーズ。
ロス・カルドスとは、スペイン語で「あざみ」の花の意味。
ちなみに、あざみの花言葉は、「独立」「満足」など。
スコットランドでは、ノルウェーの侵攻から城を守った花として、
国花に指定れているそうです。

spadeLabelのおすすめコメント]
ブラックベリー、ベーコン、緑茶を感じる香り。フレッシュな酸とやや軽めな旨味で、ラズベリーのニュアンスで、ほのかなタンニンを感じる味わい。
しつこくない果実の香り、ハーブのニュアンスがタンニンと混ざり合い、
しっかりとした味わいがあります。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/30(木)本日のワイン日記]   おいしいご飯。

riceball幸子店長のつれづれ日記]

7月ももうあと2日となりましたね。

近頃はセミのear鳴き声earが一段と激しくなってきて

夏がきたなぁ〜っと感じている今日この頃です!

昨日はクーラーを付けずに寝てしまって

暑さとセミに朝早くに起こされてしまいました・・・wobbly

さてさて、今日は私が最近始めたこと。。

2009073014310000それは・・・土鍋でご飯を炊けるようになりました!!

最近メニューにリゾットを載せているのですが

普通リゾットは生米からは作りますが

Labelではお客様にいち早く提供できるようにとお米は

私が土鍋でたいているんですよ〜。

始めは土・土鍋でご飯なんて超難しーっと思っていたんですが

ご飯に詳しいお客様においしく炊けるコツなど聞きながら

やってみたところ自分が思っていた異常に簡単にできる物だとわかったんです。

やっぱり何でも挑戦してみるものですね。

そしてこの出来たご飯で作ったリゾット!

2009071317210000← 「ジャ〜ン・・・!」        
『夏野菜たっぷりトマトクリームリゾット』 です!
ご飯物が欲しいというリクエストで
お腹がペコペコな時にもパスタだけじゃなく
リゾットも満腹になれますよ〜。
他、キノコとお豆のリゾットも大好評!     

皆様もぜひ、土鍋で炊いたご飯のリゾット食べてみてくださいね〜。
おいしいよっ!!!delicious


wine本日のおすすめワイン]

W7803537 ヴァン・ド・ピクニック・ブランRN13ビオゲット・コム
    (フランス/ラングドック)

パリの夏といえば?R13(国道13号)で開催されるツール・ド・フランスといわれる程、地元フランスでは国をあげての大きなイベントです。
毎年このレースを見ながらピクニックをしていた有名シェフ、アラン・クーモンさんは「ピクニックとはいえ、美味しいワインを飲みたい」と思いたって、このワインを造りました。
そしてラングドックで出会ったのが、ジル・バリニアニ。 彼は元々ネット関連の仕事をしていましたが、 ワインへの情熱に駆られ、ブルゴーニュで醸造とテイスティング を修め、ラングドックでワイナリーの支配人となっていました。
ちょうど彼が「21世紀の食品の安全」について考えているところで、 アランとジルは意気投合、ビオゲット・コムが生まれたのです。
南仏のブドウ栽培者を多く知るジルが、熱心なオーガニックの ブドウ栽培者を厳選し、この安くて美味しいオーガニックの ワインを造っています。
このワインはツール・ド・フランスを観戦する時に飲むワインとして造られたんです!
"RN13"という文字は、フランスの国道の名前。 (ルート・ナショナル13、つまり国道13号線) フランスの方は、このRN13という言葉を聞くと「夏」を イメージするそうです。
何故ならRN13は、フランスを毎年熱狂の渦に巻き込む ツール・ド・フランスのルートとして知られているから。
ラベルの写真も、テーブルにワインを並べてピクニックを 楽しみながらツールを観戦する昔の写真を使用しています。

chickLabelのおすすめコメント]
ちょっとレトロでとって可愛いプル・トップのボトルに入った
ワインオープナー無しでも開けられる 見てるだけでウキウキ気分、思わずピクニックに 行きたくなっちゃう夏にピッタリの爽やかなワインです。
炎天下でも美味しく飲めるように、イキイキとしたフレッシュな酸が心地良くて、グイグイ飲めてしまうほどすっきりしています。
よく冷えたグレープフルーツを絞ってそのまま飲んだ時のような凝縮感のある美味しさがあるのですが、その美味しさをより引き立てるために少しだけ微発泡しているんです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/29(水)本日のワイン日記]    わがまま写真撮影

movie幸子店長のつれづれ日記]

ようやく雨も上がり曇っているもののジメジメと蒸し暑い

一日ですね。

さてさて、以前から中百舌鳥をもっと盛り上げていこうっということで

中百舌鳥にある某BARのマスターの呼びかけで

中百舌鳥周辺の飲食店さんたちが集まり

飲食店ガイドMapを製作中なんです。

シェイクスっという堺のBARガイド、ご存知の方も多いと思いますが

あんな感じのものです・・・

Labelも載せていただけることになり昨日の営業前には

店内の写真撮影に来られていました。

載せてもらえる写真は3枚・・・

どんな写真でもいいよーと言われ、私は悩みました。

まずはお店の写真。。次は料理。。。

もうひとつ????

やっぱり私も写っちゃおう〜。っと撮っていただきました。scissorsbleah

でもこれを見て「ここに行ってみたい!」っと思ってもらいたいがため

注文の多い私はカメラマンさんに何度取り直しをしてもらったかわかりません!

たくさん撮って後から一番いいのを決めたらいいよ〜っと

優しいカメラマンさん!(すみません・・・・sweat02

写真ってほんとに難しいですね〜。

やっぱりカメラマンさんはすごいです。どの角度からとっても奇麗ですもん!

この出来上がりは9月ごろとまだ先になるらしいですが

皆様に見ていただけたらうれしいです。

それでは飛び入りゲストも写っている私のベストショットで

また笑ってやってくださいね・・・(笑えるかなぁ??)



wine本日のおすすめワイン]
Mains モンサラ カヴァ ブリュット
 (スペイン/カタルーニャ)

モンサラ カバ ブルットを生産するバルディネットは、ホセ・マリア・バラゲールとリカルド・フィテールがスペイン、ペネデス北西部のトレレス・ド・フォーに 設立したワイナリー。ワイナリーの近郊にある3haの自社畑は、標高250〜310mの冷涼な場所にあり保水性と透水性のバランスが良い石灰質土壌で、栽 培が難しいとされるパレリャーダに適しています。
自社畑には、栽培が難しいとされる「パレリャダ」という葡萄が植えられています。パレリャダは、白い花の蜜を思わせるような豊かな香りの持ち主です。華 やかな香りが広がるスパークリングワイン『モンサラ カバブルット』が出来上がるのは、その気難しいパレリャダをしっかりと手間ひまかけて育て上げている からこそなんです!葡萄は、パレリャダ以外にマカベウ、シャレロの計3種類使われています。

cloverLabelのおすすめコメント]
果実味とミネラル、花のようなほんのりとハーブを思わせる香りが、全体的に綺麗にまとまりを見せ、滑らかな泡が心地良く喉を刺激します。
キリッと冷えたカヴァは爽やかでとてもバランスも良く
酸の旨味が余韻に残る見事な味わいです。

[ 人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/28(火)本日のワイン日記]   今週のおすすめお料理

[cloverスタッフあびるちゃんのつれづれ日記]

こんにちは、阿比留です。

今週末から8月というのに相変わらず梅雨が明ける気配がないですね。

8月生まれの私としては、夏が大好きなので

梅雨明けが本当に待ち遠しいです。

どうしてもこの中途半端な暑さと湿気で、食欲がわいて来にくい季節ですね。

今週のお料理はこの時期に少しでも胃を刺激して元気ハツラツになって

いただけるようなメニューを考えました。

restaurant7/27〜8/1のおすすめお料理]

Image210 『茄子とタケノコのペンネアラビアータ』
ぴり辛トマトソースのアラビアータに茄子とタケノコを入れました。

ペンネのもちっとした食感にタケノコのコリコリがたまりませんよ。



Image208_2 『豚トロと彩り野菜のエスニックソテー』

コテコテに思える豚トロもヌクマム(魚醤)と白ワインなどでソテーすることによってあっさりした味わいに大変身。
赤(ピーマン)、黄(ベビーコーン)、緑(ピーマン)と見た目も色鮮やかです。

2009072716540000 『ぷりぷり海老と梅の冷製青じそジェノベーゼ』
夏だからさっぱりひんやりとパスタです。
今週はバジルのジェベーゼを青じそに変えて・・・
トッピングのトマトと梅肉・ぷりっぷりの海老をごちゃ混ぜにして
召し上がってください。

wine本日のおすすめワイン]
36884941 キングストン・エステイト・ワインズ 
ソフト・プレス  シャルドネ 2006
   (南オーストラリア)

設立から僅か20数年で、オーストラリアで上位10位の規模を誇るワインメーカーに成長した「キングストン・エステイト・ワインズ」。家族経営のワイナリーとしては最大級の規模を誇るワイナリーとなっています。  
  1979年、40エーカーの土地からスタート。設立当初は、大手メーカーにブドウを供給する栽培農家でしたが、当時のオーナー、モーララディルス氏の息子で醸造家のビルがワイナリーに入り1986年に自社瓶詰めを開始してから急速な成長を遂げてきました。  
現オーナー、ビル・モーララディルス氏はアデレードの名門・ローズワーシーカレッジを卒業。1985年、このリヴァーランドの地でプレミアムワインを造る という大志を抱きワイナリーの運営とワイン造りに参画。翌1886年に初の自社瓶詰めを実現させ、少ないながらも4,500ケースのワインを生産しまし た。
  キングストンのブドウは、南オーストラリア、リヴァーランドやバロッサヴァレー、マックラーレン・ヴェイル、ラングホーンクリークなどの名高い銘醸地で、それぞれの品種に最も適したテロワールのもと栽培されています。

bananaLabelのおすすめコメント]
オーストラリアの冷涼な気候で育ったブドウは薫り高く、レモンやピーチのアロマが特徴的。心地よいバニラ香とクリーミーで膨らみのある味わいは料理との相性も抜群です。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/27(月)本日のワイン日記]  8月のお知らせ

sprinkle幸子店長のつれづれ日記]

昨日からシトシトと降ったり止んだりの雨ですね。

お出かけされる皆様にとってはお休みの雨はいやなもんですよねー。

でも、お休みに一日家に隠ってソムリエ試験の勉強をしている

私にとっては雨の方がいいんです。

どうしてか?って・・・

晴れて天気がいいと外に出かけたくなってしまいますからね。

そう、もう試験まであと1ヶ月を切りました。

ただいま猛・猛・猛 勉強中でございます!

私の頭の中は世界地図とカタカナ・言語、ワインのことだらけです。

pass今年の夏も悔いの残らないように

がんばっています。。。sweat01

[8月のお休みのお知らせ]

8/23(日)・24(月)・25(火)・26(水) の

4日間は夏期休暇のため休業させていただきます!

尚、他の日曜日は通常通り定休日となります。

その他営業日の8月は盛りだくさんで参ります。

スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

8月のウィークリーワインフェアは

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470



8/3(月)〜8(土) 泡!泡!!泡!!!
弾けるスパークリングワインで暑さを吹き飛ばそう!
伝統的シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られるものや
自然派の個性豊かな物、珍しい赤のスパークリングまで
大集結!

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージュ!

8/18(火)(通常営業) 
Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様です。 ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

皆様、この機会にぜひお好みのワインを見つけてくださいね。
お楽しみに〜。


[本日のおすすめワイン]

 Img06653165_2 シャトー・デュ・シャン・デ・トレイユ  ル・プティ・シャン2005
     (フランス/ボルドー)

シャトー・ポンテ・カネで長年醸造長を務めたジャン・ミッシェル・コム氏が、妻コリーヌさんとともに家族経営でワイン造りを行なっているシャトー。サン ト・フォワ・ボルドーはサンテミリオンからドルドーニュ河を遡ったボルドーの東端にある産地です。この地で、メドックの格付けシャトーで行なっているヘク タール辺り1万株の高密植を行なったり、ポンテ・カネでのワイン造りを取り入れながらワイン造りを行なっています。栽培においては、ボルドー地区ではまだ例の少ない【ビオディナミ農法】とよばれる厳しい基準の有機農法でブドウを栽培しており、もちろん除草剤は使わず、肥料は堆肥を中心とした有機肥料のみ。テロワールを最大限に生かすことを目標としています。

[Labelのおすすめコメント]
濃い目の色調で、ミント、ブラックベリー、プラム、スパイスといった香り。果実の甘さと凝縮感を感じ、口当たりが滑らかでありながらタンニンも程よくしっかりとしています。
完熟した果実をそのまま噛み砕いたかのような、凝縮した果実味をお楽しみ頂けます。

[ 人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/25(土) 本日のワイン日記] 『水難の相!?』

[typhoonスタッフあびるちゃんの奮闘日記]


こんにちは、阿比留です。

金曜日はお休みをいただいて、木曜の夜から二泊三日で

博多の実家に帰っきているのですが…

皆さん昨日夜のニュース見られました?

九州北部は
『えげつない雨』というか、

バケツをひっくり返したどころか…
waveと言うような豪雨でした。

道路も溝と車道の区別がつかないどころか川になっているかと思えば、

違う道ではマンホールから噴水の様に雨水が高く噴き出していました。

10分後の帰路の坂道では車が浸水の為エンジンが止まっててしまった車がいたり、

びっくりすることだらけでした。


うわ〜これはすごいなぁ…


そう思い家について唖然、雨漏りしてました。

天井からポタポタ・・・と。

でもたいしたことはなかったようで安心しました。

しかし本当に凄かったです、傘は意味をなさず、坂道は滝ですからね。

今日も昼過ぎまで続くとテレビで言ってて交通機関もかなり乱れるということなので、

果たして…


雨にもまけず、風にもまけず…   

みなさまの笑顔を見るために頑張って帰っていますo(^-^)o


wine本日のおすすめワイン]
306706 ドメーヌ・ラファージュ コテ・エスト2007
    (フランス/ルーション)

近年注目を浴びる南仏のルーションでNo.1との誉れ高いのが、このドメーヌ・ラファージュ。
何を持ってNo.1と呼ぶかは色々な基準があると思いますが、
ルーションで最も厳格で権威あるワインコンテスト「バッカス」で最多受賞しているのがこのラファージュなのです。

ドメーヌ・ラファージュは地中海とピレネー山脈に挟まれた地域に17世紀に設立されました。現在のオーナーは6代目37歳(2009年現在)の、ジャン・マルク・ラファージュ氏。

実は彼、チリのサンタ・リタやアルゼンチンのドニャ・パウラ、スペインのボデガス・ルーアン(メメント)などの
有名ワイナリーのコンサルタントとしても活躍中で、世界各地のワイナリーで確立したノウハウを自身のドメーヌにフィードバックし、現在では規模/品質ともにルーションのベストドメーヌの一つと言われているのです。
葡萄栽培はリュット・レゾネ(減農薬)。
しかも
更なる強みがエノロジストの奥様。
モンペリエ大学醸造学部で出会ったエリアンヌさんは、コンサルタントとして世界中を飛び回っているラファージュ氏を助け、ドメーヌのクオリティを維持
しています。

南仏というと、太陽が燦々と降り注ぐリゾート地のイメージがありますが、ルーション地方はスペイン国境/ピレネー山脈の麓に位置します。山あり谷ありの地形は複雑で、土壌の種類も様々。まさに
「ミクロクリマの宝庫」です。

wineLabelのおすすめコメント]
コテ エストとはフランス語でeast side、つまり「東側」を意味します。東西向きの海に近い畑で、涼しさが酸味と果実味を守ります。フレッシュでフルーティー、凝縮したシトラス、ピーチ、はちみつのノート、クリスプでミネラリーな味わいです。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/24(金)本日のワイン日記]  夏だ〜〜!

notes幸子店長のつれづれ日記]

今日も暑い・・・sun

もう本格的な夏ですね。皆様そろそろ夏バテしていませんか?

暖かくなるとなぜかウキウキするのは私だけなんでしょうか!?

でも身体は涼しくなりたいですね〜。

っというコトで

8月のウィークリーワインフェアは

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470




8/3(月)〜8(土) 泡!泡!!泡!!!
弾けるスパークリングワインで暑さを吹き飛ばそう!
伝統的シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られるものや
自然派の個性豊かな物、珍しい赤のスパークリングまで
大集結!

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージュ!

8/18(火)(通常営業) 
Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様です。 ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

っと8月は盛りだくさんで参ります。

皆様、この機会にぜひお好みのワインを見つけてくださいね。
お楽しみに〜。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/23(木)本日のワイン日記]  ダンス発表会。

shoeスタッフゆいこちゃんのほのぼの日記]

こんにちは、由子です。

最近毎日、ほんと暑いですねsun

汗っかきな私はちょっと外に出ただけでたいへんですsweat01

水分は補給は欠かさずミネラルウォーターは必需品になっています!


ところで、以前からダンスの練習をしていたんですが

20日はそのダンスの発表会がありました!

あまり練習できていなくてけっこう間違えたりもしたんですが

お客さんはあまりおらず身内で楽しむ感じの場で緊張もせず

楽しみながらよい汗をかきましたhappy01scissors

他にも劇をしたり,コントをしたり一発芸をしたりしている人たちもいて

見応えがある楽しいクラブイベントでした!

そして再来週からはテストなので徐々に勉強に取り掛かっていますdash

2回生になり専門科目が増えて

たいへんですが単位を落とさないように頑張ります・・・(>_<)



wine本日のおすすめワイン]
List ドメーヌ・デ・ニュグ・ボジョレー・ヴィラージュ2006
      (フランス/ボジョレ)

造り手の[ドメーヌ・デ・ニュグ]はまさに知る人ぞ知る
凄腕!!ボジョレーの地で5代に渡る歴史を持ち、フルー
リー、ムーラン・ナ・ヴァン、モルゴンなどの優良な畑
に囲まれた、絶好区画の畑に植えられている、一部70年
も超える樹齢の高い古樹から、収量を徹底して抑え、一
房一房手摘みで丁寧に厳選して収穫した、超濃縮ブドウ
から産みだされるボジョレーは世界のプロも大絶賛!!
偉大なレストラン経営者であるとともに、世界でも有数
のワインの専門家でもあるタイユヴァンのジャン・クロー
ド・ヴリナ氏は、理想のワインを見つけるためにフランス
中をくまなく歩き回り、その土地の特性をよく表したワインを選び抜きます。
その先見性、潜在能力を見抜く洞察力は天才的とも言われ、フランス中のワイン生産者に
とって[レストラン・タイユヴァン ] のワインリストに自分の造ったワインが載るということは最高の栄誉なんです。

cherryLabelのおすすめコメント]
ブラックベリー、ラズベリー、チェリーを感じる艶やかな香り。チェリー、ブルーベリー、ジャムのニュアンスにやや強めのタンニンだが、果実味と凝縮感もしっかりとした味わい。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

[7/22(水)本日のワイン日記〕  新たなものを求め・・・

cute幸子店長のつれづれ日記〕

今日は皆既日食が観測される日ですね。

日本で見れるのは46年ぶりだそうです。

大阪でも午前11時ごろに見れるとあって私も外に出てみました。

・・・雲ばかりで全く分かりませんでしたね。coldsweats01

各地でもあいにくの曇りではっきりとは見えなかったようでしたが

2009072200000007maipsociview000smal テレビを付けると各地の綺麗な皆既日食の映像が映っていました。

次に日本で観測されるのは26年後だそうですよ~。

そのときには見たいものですね。

さて、私は今からワインの試飲会に出かけます。

Labelでもお馴染みのオーストラリア・タスマニア島のレザーウッドハニーや

大粒のマスタードなどオーストラリアのワインのみを扱っている

インポーター様の試飲会です!

今回は新しくニュージーランドのワインも扱いを始めるそうで

私も期待を膨らませ行ってきまーす。

そろそろ出なきゃ間に合わない・・・run

ということでこの辺で失礼いたします!!

きっといいもの探してきますよ~。ではお楽しみに。。。paper

wine本日のおすすめワイン〕

70726f647563742f3365626136626530303 カーヴ・ド・ランディラ、バロン・ド・ロートベルグ・ブリュット
    〔フランス・ボルドー〕

[バロン・ド・ロートベルグ]は、ボルドー地方のペサック・レオニャン地区の南20キロメートルにある、カーヴ・ド・ランデイラで造られています。このカーヴは優れたスパークリングワイン製造施設と優秀なスタッフにより、素晴らしいスパークリングワインを造っています。

厳選したシャルドネを木樽で発酵させ造られるコストパフォーマンスに優れた辛口ヴァン・ムスーで、ブドウ品種はコニャックやアルマニヤックの主要品種となるユニ・ブランが主体。

ユニ・ブランはイタリアではトレッビアーノと呼ばれ、ソアーヴェやキャンティにも使用されます。芳醇な果実味とフローラルな味わい、林檎のアロマが特徴の爽やかなスパークリングワインです。

cloverLabelのおすすめコメント〕

白い花のニュアンスを持つ華やかなアロマ。若いリンゴっぽい爽快な香りもあります!
泡立ちも豊かで、酸味、果実味ともにバランスのとれた味わいはまさに究極のスパークリング! すっきりとした味わいでフルーティ。ミネラル感、苦味を後味に感じる引き締まった味わいです。
世界中のセレブに愛されているスパークリングです。

〔人気ブログ参加中!〕

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

[7/21本日のワイン日記]  最高でした!

[wine幸子店長のワイン会日記]

昨日は私のも含めLabelのお客様たちが愛して止まない

自然派ワインの巨匠「マルセル・ラピエール」のワイン会でした。

2009072015570000 ピュアで優しい味わいを造り出すラピエール氏のワインを

6種 いや、お客様が持って来ていただいた1本プラスして

7種も楽しみました。

2009072016530000_2 そしてそして夏らしく浴衣で4人組・・・

季節感があってほんとよかったですね。

男性の浴衣姿もいいものですね。

お客様にもとても喜んでいただけお二人ともよくお似合いでした!

2009072017160000_4




さらに会は深まり、ラピエールのロゼワイン、ビンゴで争奪戦!

2009072018350000_2 見事GETしたK様 おめでとうございます。

愛妻家のK様は奥様のお土産にとお持ち帰り。

いつも仲が良いすばらしいご夫婦で・・・

っとあっという間に楽しい時間は過ぎお開きすることに。

堪能したラピエール氏のワインは本当にすばらしかったです!

また一段と大好きになりました。

皆様  ありがとうございました!!

そしてこの後、私たちスタッフは浴衣で1日に営業したのでありました。




restaurant今週のおすすめお料理』

こんにちは、阿比留です。

昨日は私も浴衣をきていつもと違った雰囲気で良かったです!

私も楽しい時間を過ごせました。

今週のオススメメニューはこちらも一味違ったものをご用意しました。

色々キノコととりの和風パスタ〜柚胡椒風味
2009071901510000_3 数種のきのこと鶏肉を具に柚胡椒と醤油、白ワインとひとつ隠し味を入れたどことなく森の香りを感じるパスタに仕上がりました。

私の地元、博多ではうどんや鍋…色々な物に柚胡椒を入れて食べます。
大阪にきてもそれは変わらず、冷蔵庫の常備品。
今回は少しだけ懐かしの博多を意識して作りました。








鮭のムニエル菊菜ソースがけ〜ふわふわマッシュポテト添え
2009071901520000 ほのかな苦みのある菊菜を使った綺麗なこだわりの緑色のソースを作りました。

ソースも楽しんで頂きたい為、鮭は薄味にしていますので絡めて召し上がってください。

そして、付け合わせのマッシュポテトは茹でたじゃがいをマッシュし鍋でさらに牛乳を加えながら時間をかけて滑らかになるまで根気よく煮詰めた為、ふわふわになりました。
こちらもソースと一緒にどうぞ。








[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/20(月祝)本日のワイン日記〕   本日は浴衣で・・・

ribbon幸子店長のつれづれ日記〕

Img_01 本日は夏の風物詩「ゆかたまつり」ですー。

今日は海の日。お天気sunは最高ですね~。

休日はどうお過ごしですか?

花火大会やお祭りにデートで浴衣を着てお出かけの方も多いですよね~。

そんな特別の日じゃなくても浴衣を着て出かけるのもちょっといいものですよ~!

今年まだ浴衣を着ていないっという皆様、

今日はぜひ浴衣を着てワインを飲みませんか~?

18:00~浴衣姿の私たちも待っています!!

浴衣でお越しの皆様には

お会計10% OFF  プラス スパークリングを

プレゼントしちゃいまーす!

ぜひぜひ、皆様のご来店お待ちしております。

bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜退席自由 

      尚、18:00よりは通常営業とさせていただきます。

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
    定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007

〔人気ブログ参加中!〕

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/18(土)本日のワイン日記]  久々にゆっくり出来た休日

clockスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

相変わらず睡眠時間が短い私ですが、久々に

どっぷり睡眠をとってしまいました!

木曜日の深夜

来週の週替わりメニューを考えていたのですがいつの間にか就寝。sleepy

久々に8時間も寝ましたねぇ。

これは普段の4日分になります。

いつもより寝たせいか、身体が重い・・・(>_<)

寝ることがこんなに体力を使うものとは思いませんでした。


睡眠もたっぷりとってリフレッシュしたことだし

さぁ、これからおすすめお料理を考えます。

またおいしいもの作りに頑張ります!(^O^)/

皆様、来週のお料理をお楽しみに・・・



bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜退席自由 

      尚、18:00よりは通常営業とさせていただきます。

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
    定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007


Labelのメール会員になりませんか?

Label Bio Wine Club

携帯・PCメール会員募集中!!

13246216@ra9.jp  

 

携帯かでも、PCからも。

上記のアドレスに空メールを 送信していただくと、
メンバー登録申請が始まります。(登録無料)
メールの件名、本文は空で構いません。
登録用返信メールが届いたら、
必要事項を入れてご返信
くださいね。

お得 な会員特典!!
・毎週月曜日会員優待DAYにはお会計10%OFF!!
・会員限定や優待企画、ワインの入荷情報など、
 メールで配信でいち早くお届けします。
2009032218280000

・各種楽しいワイン試飲会等のイベント情報を
 レーベルよりお届けします。

・入退会はご自由にしていただけます。

迷惑メール対策を行っている場合には、
次の方法でメールを受け取れるよう設定してください。
 ●ドメイン指定受信をご利用の方は、
  "ra9.jp" を追加してください。
 ●アドレス指定受信をご利用の方は、
  "info@ra9.jp" を追加してください。

wine本日のおすすめワイン]
Coudouletsyr06_thumb ドメーヌ クードレ  シラー 2007
    (フランス/ラングドック)

1840年から代々受け継がれてきた歴史あるドメーヌです。
      現在は6代目に当たるオルナック兄弟(ジャン・イヴ&ピエール・アンドレ)が経営しています。兄のジャン・イヴは1976年からドメーヌで働き始めていましたが、弟のピエール・アンドレは、モンペリエ大学で法律の勉強をした後で、1985年に戻り、兄と共に同ワイナリーを受け継ぎました。
      相続後、組合から独立し、自らが思い描く質の高いワインを造るために自社単独での醸造・元詰めを始めました。
      
      二人はワインの品質向上を目先の目標として、まずはぶどう畑の改革から手をつけて行きました。栽培方法もリュット・レゾネ(低農薬)を採用。また、赤ワイン用品種にはシラー、グルナッシュ、メルロー、カベルネソーヴィニヨンを選び、白ワイン用にはヴィオニエ、シャルドネ、マルサンヌなどの高貴種を選び、植え替えを行いました。それに伴い、イタリアのサンジョヴェーゼも実験的に栽培しています。
      
[labelのおすすめコメント]
      
樽熟成からくる、ほんのり香るバニラ系の香りが、リッチな気分にさせてくれます♪
程よく丸みも出てきており、バランスも最高!
スパイシー
さと、コーヒー香も印象的で長い余韻が続きます!

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/17本日のワイン日記]    一緒に浴衣を着ませんか?

ribbon幸子店長のつれづれ日記]

いよいよ明日から3連休の方々も多いですね〜。

もう皆様はお出かけのご予定はお決まりですか??

先日からいいお天気続きだったのに連休は雨の様子ですね。coldsweats01

この連休に浴衣を着てお出かけする方も多いのでは・・・

でも少しは涼しくなっていいかもしれませんね。

さてさて、Labelも20日(月祝)は浴衣祭りでございます!
    私たちスタッフは1日、浴衣姿で皆様をお迎え致します!!

皆様の浴衣姿を楽しみにしている私なんですが、

先週の日曜日、一足お先に浴衣を着ちゃいました。。

浴衣を着るのは約2年ぶりでした。

昔、少しだけ着物を着て仕事をしていたこともあって

浴衣は簡単に着れていたんですが・・・

何年も着ていないうちに記憶が・・・・・・・coldsweats02

「どうやってきていたんだろ〜???」

浴衣を羽織って「ん!? 右と左、どっちが前だった??」

エ〜イ!パソコンの電源をON!

とネットの力をかりて記憶を呼び戻し無事自分で着れました。

やっぱり浴衣は華やかで風流があっていいものですよ〜。

皆様もぜひぜひこの機会に浴衣を着て遊びに着てくださいね!

浴衣を着たいけど自分で着れないっという方には

こんな私ですが、着付けも致しますので

どしどしお申し出くださいね。winkscissors




bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜退席自由 

      尚、18:00よりは通常営業とさせていただきます。

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
    定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007


wine本日のおすすめワイン]

Img10364700713 デヘサ・デ・ルビアレス アライア 2005

     (スペイン/カスティーリャ・レオン)

カスティーリャ・レオンの有名生産者ガリシアノから、ベストスパニッシュワインにも選ばれた世界一場では珍しい、スペインのマドリードより西側にあるポルトガル北部と接しているサモラ県とレオン県でしか作られない、稀少なブドウ品種ブリエート・ピグート種とフレンチオークを使った濃厚でリッチな風味は上質で高級感溢れています。
ラベルはガ リシア州出身の鬼才アーティストLuis Alcantere氏の作品です。
ALAIAとは、バスク語で”喜び”を意味し、母親がいとしいわが子を抱きかかえるシーンをモチーフにしています。

cherryLabelのおすすめコメント]
鮮やかな赤いチェリー色。半分熟したような果物 の強い香りがシルキーで、シガーボックスやわずかに黒コショウの香りが口の中に広がる。フルーティさや新鮮さと樽の香りのバランスがうまく調和し、余韻が 長く、最後の方はドライ。一番最後にまた熟した果物の香りが戻ってくる綺麗な後味です。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/16(木)本日のワイン日記]   Newバージョン!

sun幸子店長のつれづれ日記]

いつもLabelをご愛顧いただきありがとうございます!

最近ご来店いただいた方はお気づきだと思いますが、

Labelのカウンターにプチおばんざいが登場しました。happy01

Labelではいつも私が毎日、日課として手作りしているお付き出しを

少しずつですがお出ししていこうと思っています。。

2009071614040000こんな感じでございます・・・smile


昨日は蒸し鶏とキャベツの粒マスタード和え
   オリーブのポテトサラダ
            &                 
   お口直しにフルーツなんかも・・・
      フレッシュフルーツのワインカクテルもつくっちゃいますよ!

初めてご来店いただいたお客様にも「これいいねぇ〜!」 「おいしいねぇ〜!」

「おかわりちょうだい。」などなど   とっても

うれしいお言葉をいただいたりで私も作っていてついついニンマリしちゃいます。

まだまだ数は少しなんですが

お仕事帰りに、お出かけ帰りに、皆様が「ただいま〜」っとホッとしてもらえるような

お店でありたいと喜んでいただけるものをたくさん作って参ります。

皆様の“おかえり〜”をおまちしています!!

                         

wine本日のおすすめワイン」
00003746_photo1 テッレ・ディ・ジネストラ・ビアンコ [2007]
     (イタリア/シチリア)

カラトラージ社のオーナー(マウリツィオ・ミチーケ氏)は150年間ワインを造り続けているミチーケ・ファミリーの伝統を受継ぎ、積極的に世界に愛されるワインの開発・生産を進めています。

テルレ ディ ジネストラはマウリツィオ・ミチーケ氏と兄ジュゼッペ氏が1980年に設立したカラトラージ社が造る高品質ワインです。

エ ノロゴ責任者は、偉大な前任者ブライアン・フレッチャー氏の後を継ぎ、現在はニュージーランド人のタムラ・ワシントン氏が務め、世界の最先端技術とオール ド・ワールドの伝統をも見事に調和させています。 シシリアを始め、プーリア、チェニジアのカンティーナにオーストラリアのトップワインメーカーが集結 し、世界の注目を集めるワイン造りに取り組んでいます。

flagLabelのおすすめコメント]
太陽の日差しいっぱいのシチリア島で造られるので、果実味、コク、余韻の長さ、どれをとっても一級品の旨さです。シャルドネのようなコクと、ソーヴィニヨンのようなキレが絶妙で口に含めばふわっと広がる果実味。なぜか安心する味わいです。


bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜 

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
        定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/15(水)本日のワイン日記]     別の顔の私・・・

eventスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

日曜日は教会で歌う聖歌隊の仕事の為、京都に行ってきました。

昔は『京都=遠い』イメージでしたが最近では近く感じます。

私が歌う歌は教会の結婚式で歌うのは賛美歌だけでなく、新婦の入場、

お祈りの歌、結婚式証明書記入時の歌、新郎新婦へのプレゼントソング等など

結構たくさんあるんです。

しかも式本番に歌うだけではないんですよ。

教会で結婚された方ならうっすら記憶にあるかも知れませんが、

式の前に一通りリハーサルをします。

その進行指導や本番中のドレスさばきなど…

目配り、気配り、することは盛り沢山。

結婚式は全て牧師と聖歌隊に任されるのですが、

幸せな二人や家族の晴れ舞台なので結構神経使いますよ。

でも一期一会の出会いではありますが、そういう場に携わり、

体感できるというのは何故か自分まで幸せな気分になりますね。

始めの頃は全く知らない人の式なのにウルウルcryingきたりしていました。

たぶん今までに500組位の式で歌っていますがやっぱり何回見ても良いものです。

これだけ幸せな場にいるのに私は…

来月はまた一つ歳をとってしまいますcoldsweats01

そろそろ色んな焦りを感じてきている私です…。


bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜 

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
        定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007


wine本日のおすすめワイン]
Img10444923592 イル・ヴェイ ピノグリージョ 2007
   (イタリア/エミリア・ロマーニャ)

イタリア・エミリア・ロマーニャ州北部ピアチェンツァ近郊、 ルレッタ渓谷深くピオツァーノという小さな村にある 小さな生産者イル・ヴェイ。
エミリア・ロマーニャ州のピアチェンツァの方言で ワインのことを"Vei"といそうなんです。 つまり"The Wine"という名の生産者です。

サヴィーノとアンナマリアのブラギエリ夫妻、そして息子の リッカルドによって営まれています。 約30年前 1haの畑から始めたワイン造りですが、今では 8haの畑を所有しています。
彼らは自然に敬意を払い、誠実な仕事をすることを心がけ 働いています。 ボルドー液以外の農薬を一切用いない有機農法を実践。 醸造所でもブドウのプレス時に若干量の二酸化硫黄(酸化防止剤) を使うのみ。 の地域で生産されるワインは伝統的に、微発泡であることが多く、 糖分も酵母も一切添加せずに微細な瓶内2次醗酵を行わせるために、 ボトリング時には二酸化硫黄を一切添加しません。 発酵を止めるには、もう一つの人気のエミリア・ロマーニャの 生産者カミッロ・ドナーティと同じように布袋のフィルターを使って 行ないます。

tulipLabelのおすすめコメント]
グラスに注いでみると、まるでロゼワインのような色合い。
オレンジの入ったピンク色はなんと例えていいのか、
光を受けて輝きを変える様子はバラ色のゼリーのようです♪
何の抵抗もなくスルッと喉に滑り込んできた液体は、
まさしく“心地よい”苦みと余韻にスモーキーさを伴って
色合い同様に魅惑的な味わいです

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/14(火)本日のワイン日記]  両親が大阪へ・・・

carouselponyスタッフゆいこちゃんのほのぼの日記]

日曜日に三重から両親が私のもとへやって来ました。

一人暮らしをして大学に通う私に会いに来てくれたのです!

両親に会うのはGWぶりで両親の元気そうな顔を見て私も安心しました。

そして1日家族でお出かけしていたんです。

お昼ご飯を食べて、買い物をして高石市のおばの家に遊びに行って

御馳走をしてもらい、食べてばかりの1日だったけど

久しぶりに兄弟や犬のことを聞くことができ楽しかったです!

いつも心配ばかりかけてしまっていますが、

浴衣やら食料やら生活用品やら持ってきてくれて

やはり家族はいいものだなあと実感しました。

親孝行しなくっちゃ・・・coldsweats01

restaurant今週のおすすめお料理]

Image182 『ハニーマスタードチキンソテー』

その名の通りチキンソテーにハチミツ、マスタードなどを使った特製ソースを絡めました。
赤ワインとどうぞ!

Image184 『温玉のせ茄子のジャージャーカッペリーニ』

今回のパスタは、夏だからこそジャージャー麺!
麺はカッペリーニを使っています。
冷たいパスタですが食べていると少しだけポカポカしてくるかもしれません。
温泉卵を崩して絡めながら食べてください。



[wine本日のおすすめワイン]
Img10374692010 モントグラス・ カベルネ・ソーヴィニヨン・レセルバ2007
       (チリ)

南米チリの一大ワイン産地、コルチャガ・ヴァレーに本拠地を置くこのモントグラスは、ワイン造りに最適な自然環境、最新の設備、最高の技術と強い情熱をもって1994年に完成したワイナリーです。
      

モングラ。そうとも呼ばれるワイナリーが、このモント・グラスです。チリ的な発音で言うと、モン・グラスですが、チリ国内ではあまり宣伝や上級ワインの流通は行わない、輸出に特化したワイナリーです。 グラス兄弟が設立し所有しているワイナリーです。

ここの看板は、ニンケンの丘と呼ばれる、コルチャグアバレーに位置する小高い丘全面に植えつけているヴィンヤード。この丘とグラス兄弟から、モント・グラス(MONTGRAS)となったのです。

コルチャグアバレーといえば、今ではチリのマイポバレーに並ぶ、最高品質のカベルネやシラー造りの生産地となっていますが、ここで造られる最高品質 のワインは、バレー底部よりも、バレーの山側の傾斜地に多いのです。傾斜地で標高が高ければ高いほど、良いワインが出来るのです。

モングラは、その意味では、ニンケンの丘とコルチャグアバレーのど真ん中に位置する一つの丘をまるまる所有し、その丘の周り360度にヴィンヤード を植えられる利点を持っています。それは、同じ地域の他のワイナリーよりも、傾斜地の方向によって、それに最適な品種を植えられるという優位性なのです。

モントグラスは、エルナン・グラス氏を先頭に、全てにおいて理想のチリワインを追求し続けた結果、国際ワイン市場でも激賞をもって迎えられており、また、 全てのワインについて樽をうまく使い分け、更に品質を最優先するという姿勢=〔品質+恐るべきコストパフォーマンス〕を武器に世界のワインファンに受け入 れられています。

[Labelのおすすめコメント]
完熟ぶどうのもついちごやチョコレートの芳醇な香りをもつフルボディでコクのあるワインです。ブラックベリーと熟したプラム、杉やトーストのタッチ。赤いプラムやトーストした印象が口中に広がります。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

[7/13(月)本日のワイン日記]    お誕生日おめでとう! 

crown幸子店長のつれづれ日記]

こんにちは。 今日も暑いですね・・・sun

先週の土曜日はいつもご来店いただいているお客様のお誕生日で

日頃からLabelで賑やかに仲良くされているメンバーで

お誕生日会を開催!!

2009071121040000_2 このお客様は30代最後の夜とあって

盛大にと周りの皆様も盛り上げていただきました。。。

お二方のお客様がケーキも買ってきていただき

ケーキが2個に・・・birthday
2009071200040000_2 2009071200040001_2





皆様のお気持ちが嬉しい限りでしたね。

全員でケーキ2個完食!!

とっても高級ワインもご持参いただいて

私も感激いたしました。

      Mr.K様  おめでとうございます!

ちょっぴりメタボが気になるMr.K様 素敵な40代を・・・

またみんなで賑やかに飲みましょうね〜。happy01

ありがとうございました!

typhoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoontyphoon

さてお次ぎは2歳のお誕生日を迎えた姉妹店のeni-bru

エニブリュ2周年おめでとうございます!

昨日は2周年パーティーが開催されました。

暑いお昼間からビールで乾杯!beer

昨日も暑かったのでビールがおいしかったですね〜。

2009071219120000 私が行ったときにはもうたくさんのお客様が

集まっていて、各ブルワリー様もお見えで

かなり盛り上がっていました。

そしてお客様やスタッフのライブもあって,

たくさんの人でエニブリュに入りきれず急遽Labelも解放。

私はLabelにいてライブは見れなかったんですが、みなさん楽しそうでした。

本当にたくさんのお客様がお祝いに来ていただいてスタッフもうれしい限りですね。

こんなときしか着れないと思い。。。浴衣を着てみました。

20日、海の日はLabelにて浴衣祭りです〜。

皆様もぜひ浴衣を着てご来店いただけたらうれしいです。

またLabelもこれから2周年に向けて頑張ってきます。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

[7/11(土)本日のワイン日記]  ゆいこちゃん第2弾の手作り。

pig幸子店長のつれづれ日記]

先月のLabelの1周年の時にスタッフ由子ちゃんが

初めての手作りのレーズンアイスクリームに挑戦!

この時、皆様にとても好評でうれしかったのでしょうね。

なにやらまた新しいアイスをと・・・

今度は、ハチミツをつかったアイスクリームを作っていました!

そのハチミツ、[レザーウッドハニー]というハチミツで

普通のとは違ってすごいんです。

オーストラリアのタスマニア島の世界遺産の森にのみ自生する植物で

樹齢120年の古樹に咲く花から採取されるため

1年を通して、ほんのわずかしか採れない貴重なハチミツなんです


        なんと、

Bee_on_leatherwood この花が咲くのに70年から100年を経てやっと初めて花を咲かせるんだそうですよ〜。

気が遠くなる話ですよね・・・wobbly

       
このハチミツは何とも言えない上品なハーブのような香りがして

天然の甘味なので濃厚でとてもエレガントです。

ゆいこちゃん、この贅沢なハチミツをつかって

大人味のアイスクリームに仕上げました。

今回もお味は「バッチリです!happy02」っという彼女の愛情たっぷりの

アイスクリームは食べる価値ありです・・・

ぜひお試しくださいね。



wine本日のおすすめワイン]

Img10432721928 ドメーヌ・ド・グールガゾー・シャルドネ・エルヴェ・オン・フュ 2007
    (フランス・ラングドック)

ドメーヌ・ド・グールガゾーは、AOCミネヴォア地区を中心に横たわるモンターニュ・ノワール(=黒い山脈)と呼ばれる山の麓、リヴィニエール村にあります。
この地区は古代ローマ時代のブドウの樹が存在することから、Cella Vinaria(=ワインカーヴ)と呼ばれていました。

ミネルヴォア・ラ・リヴィニエールは、ミネルヴォアのなかの2600ヘクタールの限られた土地の名称で、石灰岩高原と呼ばれる特殊な台地になっておりミネルヴォアの中でも特に品質の高いワインを生産する地区です。
98年からサブAOC として認定をされ、特別に『リヴィニエール地区』を名乗ることができます。

ワインとは古くから縁の深い南仏のこの地で、ドメーヌ・ド・グールガゾーの現当主バスコさんと醸造家のピケさんが、高級ワイン産地に匹敵するワインを造ろうと思い立ったのは25年前。
当時は地元からの賛同を得られず、周囲からの嫉妬の嵐を受け、地元の新聞には「侵略者」呼ばわりをされたほどでした。
ブドウの樹を9000本も引き抜かれたりと、散々な仕打ちを受けましたがそれでも2人はあきらめませんでした。
その努力が実り、現在では100ヘクタールの広大なブドウ畑を所有し多くの生産者からも尊敬され、『ミネルヴォアワインの先駆者』として、地域のリーダー、またコンサルタントとして活躍しています。

chickLabelのおすすめコメント]
濃いめの色調と粘着性も強めでボリューム感と凝縮感が特徴の果実味。
滑らかな酸味とコクのバランスが良く、エレガント。
まるでブルゴーニュ高級シャルドネを味わっているかのような感じです。
グラスを回すうちに広がる高貴な樽香を含んだ果実味は
洋ナシ、マンゴー、パイナップル、の南国を思わせてくれます。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/10(金)本日のワイン日記]  行ってきました。

beerスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

水曜日の夜、幸子店長より一足先にお店を出て、

深井の姉妹店Beer Worlks Osakaに行ってきました。

営業は2時までなのですが、オープン当日に行けなかったので、

前をゆっくり通ってまだいけそうなら入ろうかと。

急いでレーベルをでて、駐車場に向かう途中にお店に来てくれていた友達から

連絡があり、まだ中百舌鳥付近に居るということだったので二人で深井まで。

お店のblogはいつもチェックしていたので改装中の写真は見ていましたが、

実際行くとアジャラの面影はほとんどなく、全く雰囲気が違うので少し緊張しました。
     (その緊張も30秒と持ちませんでしたが…)

早速ビールをいただこうとマスターにおすすめのビールを選んで頂いたんです。

そのビールとはワインで使われるカベルネソーウ゛ィニヨンのブドウを使ったビール!beer

綺麗な色と、ビールと思えないフルーティーさでとても美味しかったです。

メニューも見せていただきましたがお料理もどれも美味しそうでした。

代行さんを呼んで帰りの車の中

今度はお休みの日に行って、注文したい物をあれこれ浮かべてしまいました。happy01



bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜 

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
        定員数残りわずかです。 ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008

カンボン ロゼ 2007

wine本日のおすすめワイン]
Img45424633 ヴィーニャ サンタマリーナ
トレマイヨール  テンプラニーリョ クリアンサ 2004

スペインの南西部リベラ・デル・グアディアーナというワイン産地に
      1999年に設立されたばかりのまだ新しいワイナリーです。

                                     
ワイナリーの代表者アルバロ・デ・アルヴェアは、アンダルシア地方で1729年から家族経営されているALVEA S.A.で40年働き、また26年もの間スペインワイン同盟の代表をしていた人物です。
            
            サンタ・マリーナを設立したのは引退後、70歳になってからと精力的!
            
            現オーナーのヨランダ・ピニェーロは、まだ若く溌剌とした女性で、マドリッドで農業学と醸造学を学び、数カ国で短期間のワイナリー研修も経験
            しています。

品質の高いワインを造りだすために、テロワールに合わせて、徹底的にブドウ品種を選定。
            知り合いのブドウ栽培農家の中からも、特にテロワールの優れた畑や樹齢の古い木を持つ農家に頼んでイメージするワインに必要なブドウを確保しています。

appleLabelのおすすめコメント] 

濃いガーネット色で熟したダークチェリーやブルーベリーのジャムのような凝縮した香り。
シナモン、ナツメグのような甘いスパイスの香りもあります。
口に含むとさらに完熟したフルーティな果実味が物凄く美味しくスパイシーでドライハーブのような印象もあり、
気品ある厚みのある味わいでスパイシーな余韻が長く続きます。
[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

[7/9 本日のおすすめワイン] 衣替え!

shoe幸子店長のつれづれ日記]

こんにちは。

今日も昼間は暑かったですね〜。

そろそろ本格的な夏もやってきますねっ。

Labelのこのブログのデザインも

夏バージョン!」に変えてみましたー。

皆様お気づきいただけました??

たくさんあるデザインの中から好きなのを選べるんですが

私が選んだのは・・・

かわいらしい3人の水兵さんが船の舵をとる。

ここから3人の船出です。ship
   [姉妹店BEER WOLKSのパクリじゃないっすーよ!!](/ω\)

今のLabelにピッタリじゃないかな!?

っとこれに決定しました。

Labelも心機一転、 私・阿比留・由子

一人一人の個性があふれ

3人の力を合わし大きな海に出発したいんです!

まだまだ未熟な私たちですが精一杯

進んでいきたいと思っていますので

どうぞよろしくお願いいたします。



wine本日のおすすめワイン]
ヴィッラ・ヨランダ・プロセッコ
   (イタリア/ピエモンテ)

20051213203446_convert_inoues_02020 1956年にサンテロ兄弟社として創立されたサンテロ社は現在、最新技術と品質分析研究所を備えた醸造所と優れた人材を持って、年間総生産2000万本も のワインを生産する大会社へと発展しました。
この急激なサクセスストーリーの秘訣はサンテロファミリーの家族哲学にあり、リーズナブルな価格でのより良い 品質提供、すなわち品質、価格、提案、サービスそれら全ての可能性へのあくなき追求の継続でした。
ピエモンテでアスティ・スプマンテを造り、成功を収めているサンテロ社が、新たに注目したのが「プロセッコ」。ヴェネト州に進出し、ヴィッラ・ヨランダからプロデュースした泡です。


[tulipLabelのおすすめコメント]
とてもフルーティーで親しみ易い柔らかなタッチ。
繊細で爽やかな香りと味わいは、喉の渇きを癒してくれます。
ブドウ品種の「プロセッコ種」は、主に発泡ワインに使われていて、
へーゼルナッツの色をしたとても素朴で元気な品種で、ワインになると野生のリンゴやアカシアの花のようなデリケートな華やかな香りとフレッシュな果実味が、とっても美味しいスプマンテです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/8(水)本日のワイン日記] 免許を取るぞ〜。

rvcarスタッフ由子ちゃんのハツラツ日記]

最近は私は車の教習に通っているんですが、

やっと路上教習に出ることが出来ました。

教習所内とはスピードや交通量が全然違っていて

初めての日はとても怖かったのですが

2回目以降はめっちゃ楽しく運転しています。car dash

また、教官もいろんな方がいておもしろいんです!

雑談をしながら、「リラックスして運転できるやろ〜。」とか

優しく言ってくださりしています。

しかし不器用な私なので、確かにリラックスはできるんですけど

あまり集中できなかったりもします。coldsweats01

今のところ、あまり続けて行けてなかったりと進行状況はいまいちなのですが

教習所は私の最近の楽しみの一つです。

また、免許を取れたら皆様にも報告したいと思っています!!


wine本日のおすすめワイン]

Img10351925501 ドメーヌ・マンスノーブル / トラディション “ル・ネ” [2004]
    (フランス・ラングドック)

1600年代初期、 ユック家によって創設され、カーヴと住居は1880年に建設された。
現在のオーナーは、ベルギー出身のギィド・ジャンスジェル氏、マリー・アニックさんご 夫妻。
ワイン・ジャーナリストで、
元ワイン評論家!!世界中のワインを飲み歩いた男が造っているワインです。
熱烈なワイン愛好家であったジャンスジェル氏は、それまでベルギーで経営していた保険会社を売り、1993年1月2日、 自分たちのワインを造るためにこの地に移住した。
当時ジャンスジェル夫妻は、ベルギーのワイン・テイスティングコンテストで優勝するなどワインの試飲知識 は充分にあったものの、ワイン造りの経験は無かったため、ぶどう栽培や醸造の知識を得るために1年間の集中教育や研修を経て、ついに念願のワイン造りをス タートさせ
ました

[cherryLabelのおすすめコメント]
カベルネ・ソービニヨン種とメルロー種をブレンドしています。とてもセンス良いです。熟したフルーツの香りがグラスから溢れ出し、幸せな気分になれるワインです黒い果実の爽快な香り。爽やかさと上品さを兼ね備えたワインです。ラベルに描かれている「ル・ネ(=鼻)」は、オーナーがテイスティングしている様子を自らデザインしました

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

[7/7(火)本日のワイン日記] 家族サービス?

dogスタッフあびるちゃんのほのぼの日記]

こんにちは、阿比留です。

日曜日は久々にお昼オフでした。

と言っても、夕方からは仕事の為、そんなにオフという気はしないのですが…f^_^;

何をしようかと土曜日から考えていたのですが、そういう時に限って

これといって見つからないですね。

そう考えながらふと横を見ると、愛犬がピッタリと寄り添っていたんです。

         

ワン!dog

最近どこにも連れていってあげてないなぁ。

うちの犬はとても甘えん坊なので、きっと本当は構ってほしいし

淋しいんだろうけど小さい彼なりに我慢してるのかな…

日曜の昼は犬の為に時間を使おう!と決定。

ところが…
いざ日曜日起きたら昼過ぎ。どこにいく時間もなく私は罪悪感をもちながら仕事へ。

その代わり、夜中に少しだけ散歩に行きました。

いつもになく嬉しそうにはしゃいで歩く愛犬をみて私も心が和みました。

たまには家族サービスならぬ愛犬サービスしないといけませんね。



restaurant今週のオススメお料理

今週は野菜を中心にたっぷりヘルシーメニューにいたしました。

2009070501500000  『野菜たっぷり冷しゃぶサラダパスタ』
レタスやモロヘイヤ、卵に豚しゃぶをカッペリーニの上に乗せ、
冷たいサラダパスタにしました。
 夏バテ予防、改善に役立つ栄養素や成分を補給してくれる
モロヘイヤを含む野菜を食べながらお腹もいっぱいに…。
                                よく混ぜて食べてください。

2009070501490000 『ボンゴレと温野菜の白ワイン蒸し』
アサリとブロッコリーやにんじんなどの温野菜をほんのり
ガーリックのきいた白ワイン蒸しにしました。
白ワインやビールが進む一品です。
夏に向けてたっぷり野菜を摂取しておきましょう。



[wine本日のおすすめワイン]

7082584_o1 ドメーヌ・ド・ランガラン・ルージュ2005
    (フランス・ラングドック)

シャトー・ド・ランガランは17世紀初頭からワイン造りを始めた、歴史あるシャトー。
現在のオーナーであるフランシーヌ・グリルさんがこのシャトーでワイ ン造りを始めたのは20世紀半ば。
ワインビジネスの世界に女性は皆無に等しい時代でした。
数々の困難を乗り越え、女性の手でワイナリーの基盤を築き上げ、 現在に至ります。
ディアンヌさんとコンスタンスさんの2人の娘さんも加わって、お母さん同様ワイン造りに深い愛情を注いでいます。

 全量の50%を樽に入れ、残りはタンクでそれぞれ6ヶ月熟成。次にタンクと樽のワインを入れ替えて、また6ヶ月熟成。「アロマティザージュ」というデリケートな熟成方法で造られたワインです。

[budLabelのおすすめコメント]
オーナー姉妹が永年造りたかった、「気取らずに飲める本格派ワイン」。
                        果実味と樽香のバランスがとれたエレガントなワインです。
芳香と風味がきわだっています。
                        

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[7/6(月)本日のワイン日記] いよいよです。

beer幸子店長のつれづれ日記]

私も勤務していた姉妹店のAJARAが閉店してから約1ヶ月。

改装をしてまた新たに深井の地で。

「THE  BEER  WORKS  OSAKA 」

明日の7月7日(火)・・・七夕。

いよいよグランドOPENです!!

あと2日に迫り、社長を始めスタッフたちが慌ただしく

オープン準備をしているため

私も昨日のお休みは少しお手伝いをしょうと出かけました。

あまり大したお手伝いも出来なかったんですがね。


お店の方はメチャクチャかっこ良く仕上がっていて

私が働いていた場所とは見違えるように変わっていました。

2009070515550000 以前のBARスタイルとは違って今回はBEER が主体となっているため

バックバーの棚には少しのお酒だけ。。。

正面はビールが注がれるかっこいいTAPのハンドルがずらりと並んでいます。

また外でビールも楽しめるテラス席も。

カウンターの後ろには個室風に区切られたテーブル席もあって

カップルには最高の空間だと思います〜。bleah

いつか私もここに座って飲める日が来ますよーに・・・

そしてお店は真新しい木の香りがして

私もLabelのオープンの時の緊張感、ドキドキしていた

懐かしい日のことを思い出しました。

いつも初心を忘るべからず・・・

私もLabelを盛り上げていきたいと思います!!

wine本日のおすすめワイン]
70726f647563742f3062616234336436323 ドメーヌ パヴロ  アリゴテ 2005
   (フランス・ブルゴーニュ)

ドメーヌ・パヴロのあるペルナン・ヴェルジュレス村は、フランス東部の有名ワイン産地ブルゴーニュ地方の中でも、特に美しいと言われているところです。

と ても古い歴史を持つ家族経営のワイナリーで、現在は父レジス氏の後を継いだリュック&リズ兄妹が力を合わせ、高品質なワインを生み出しています。
そのこだわりは、徹底して土壌とぶどうを重んじること。作業効率を度外視してでも、馬で畑を耕したり、手摘みで収穫したぶどうを昔ながらの編み籠で運搬するなど、非常に丁寧な栽培を行っています。

flagLabelのおすすめコメント]
アリゴテらしい心地よい柑橘類の香り高く、鮮やかな酸味とミネラル感がしっかりバランスのある旨み成分が凝縮。フレッシュかつピュアな風味が口いっぱいに広がるワインです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/4(土)本日のワイン日記] 久々の夜!?遊び

deliciousスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは阿比留です。

木曜の夜は仕事を終えて、そのままの流れで数人で久々に堺の魚市場に行きました。

と言っても、実際行ったのは朝の6時過ぎ。

もう既に人手のピークは過ぎていて、すんなり店に入れました。

まずは
豆乳鍋を焼酎片手に食す。delicious

完全にわたくし、オッサン化しておりました。

その店はママがパワフルで、『良し!』が出るまでに鍋を触ろうもんなら…o(><)o


でも、そのママが仕上げてくれる鍋は、海鮮や野菜がふんだんに入っていて

最高な瞬間を食べる事ができます。

閉めはその鍋を
パスタに!delicious

豆乳とチーズの絶妙なハーモニーでした。

ここで帰ると思いきや…

      “アサリ汁食べたい!”
delicious

と言うことで2件目へ。

疲れているのもあったのか、汁がいつも以上に美味しかったです。

リフレッシュ完了。

しかし、言うまでもなく食べすぎて胃もたれの一日でした。

楽しかったので良しとしますー。
smile

wine本日のおすすめワイン]
3973_l ル・マゼル キュヴェ ラルマンダ 2002
     (フランス/ローヌ地方)

南仏自然派ワインでも特に注目度の高いマゼルを改めてご紹介致します
醸造をつとめるジャック・ニオポール氏はビオディナミのワイン造りを提唱したジュール・ショヴェ氏の一番弟子。
今ブルゴーニュで最も旬なフィリップ・パカレ氏やロワール自然派ワインの造り手たちからも信奉を集めているカリスマ的存在なのです。
かのラピエールやグラムノンのスタイルを作り出したのもニオポール氏。
まさに自然派ワインの元祖といっても過言ではないでしょう。
ワインのスタイルはラピエールやグラムノンの上級クラスを想わせる素晴らしい出来栄えで、ワインは醸造から瓶詰めまでSo2を一切使用しておりません。

瓶詰めにおいて、ろ過処理を施しておりませんので底に澱が残っていたり、ワインが濁っていたりする場合もありますが、品質には何ら問題がありません。
僅かにガスが残っているかも知れませんが、酸化防止剤の代わりにガスを残しておりますので、こちらも決して問題はありません。

また、余韻に若干ですが酵母のような味を感じることもありますが、これは活き活きとした野生の酵母から来るもので、これこそが正真正銘の自然派ワインであり、大自然に身を委ねるように造られたワインのみが有する特徴と言えるでしょう。

[flaglabelのおすすめコメント]
わりと軽めの果実味から、イチゴの風味が心地よくストレートに出ています。
柑橘系の酸が少々浮いた感じがありますが、全体的にバランス良くフルーティーな味わいです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

[7/3(金)本日のワイン日記] 限定入荷!

new幸子店長の最新入荷情報!

最近、チーズに夢中になっている私。。。

本日は珍しいチーズが入りましたのでご紹介致します!!

Cheesehoney_che0000811_2 ←このチーズは「アイリッシュ・チェダー・ポーター」。

その名の通り
アイルランドのチェダーチーズに、イギリスの伝統的黒ビール「ポーター」を混ぜ込んでいます。黒ビール特有の色がチーズの隙間に浸透し、マーブル模様を作りす。
大理石のような模様は見た目にとてもインパクトが、食べてみるとそれほどビールの風味が強くなく、コクのある味わいに、ほどよく黒ビールの苦味を少し感じれます!

私がこのチーズを知ったのは、以前姉妹店のAJARAで

勤務していた頃、とあるお客様が持ってきてくれたのが初めてでした。

私は「へぇ〜。こんなチーズがあったんですねぇ〜。」っと

驚きましたが、食べてみてとても食べやすくておいしかったんです。

でも、このチーズはなかなか日本では見かけることが出来なくって

仕入れることは難しかったんです。

最近ふと思い出して、地下にあるeni-bruはビールの種類も沢山あるので

Labelがいつもお世話になっているチーズ屋さんに入れれるか聞いてみたんです。

「普段は取り扱っていないんだけど、ちょうど今、少しだけ在庫が

       

ありますよ!!

ラッキー!lovely やっぱりだめ元でも何でも聞いてみるものですね。。。

 ということで少しだけ分けていただいたんです!

この珍しいチーズはもちろん黒ビール(ポーター)との相性は抜群ですが

赤ワインだって負けてはいませんよ。

私も少し濃いめの赤ワインと一緒に食べてみたんですが

ピッタリ!マリアージュしました。

ぜひぜひ皆様もこの機会をお見逃しなく!!

   残りわずかです。。。。dash

bell7月のワイン会のお知らせ]

自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜 

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
           ご予約はお早めにお願いいたします。   

8Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中に
は終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。
 

[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール(N/V)2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008




[人気ブログ参加中!!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/2(木)本日のワイン日記] ワイン会のお知らせ。

bell7月のワイン会のお知らせ]

Label Wine Club 会員募集いたします!
会員様には
・各種ワイン試飲会等のイベント情報を
 優先的にお届けします。 
・会員様だけのワイン会も有り。
・会員限定や優待企画、特別ワインの入荷情報など、
 いち早くお知らせします。

7月より選び抜いたワインをPick Upして定期的に
ワイン会を開催していきたいと思っています。

《第一弾》
自然派ワインの巨匠「マルセルラピエール」の会
              de 浴衣まつり

7月20日(月祝)
     16:00〜 

ワイン60mlX6杯&軽食付き 
         お一人様会費 ¥4980

限定10名様 予約制  
    定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
           ご予約はお早めにお願いいたします。   

Labelで一番の人気ワインといったらもちろんマルセルラピエール!
お客様の中でもラピエール氏の大ファンの方も多くいらっしゃいます。
そしてもちろん私もそのひとり。。。
私がこれまでひっそりと集めてきたラピエールのワインを
一挙に飲める日が実現いたします。
中には終売なっているものもあるのでこの時しか飲めません。
そんな多くの方を魅了するラピエールのワインを
皆様で思う存分堪能しましょう〜!

night当日、私たちスタッフは浴衣を着まーす!!
夏の暑い日は涼しげに
皆様も浴衣でワインを楽しみませんか??
浴衣でご来店の方には素敵なプレゼントをご用意しています。

[マルセルラピエール氏とは。。。]
8
フランス自然派ワインの巨匠、マルセル ラピエール。
彼は、現在「自然派」と呼ばれるワインの礎を築いた人物であります。
マルセル・ラピエールのポリシーはシンプル。
「美味しいワインを造る」
ただそれだけ。
ボジョレーをはじめフランス各地で、彼の影響を受けた自然派生産者が活躍しています。
中でも今やブルゴーニュを代表する醸造家の一人である
フィリップ パカレは、彼の甥にあたる事も広く知られています。
しかし、「自然派ワインの巨匠」という大看板以前に、モルゴンの地、ひいては
ボジョレーの地に深く根ざした素朴で伝統的な生産者であることも忘れることは
できません。3世代にわたってモルゴンでワイン造りに携わり、この土地の個性を
表現することに努めてきたラピエール家は、その歴史と経験に裏打ちされた手法で
モルゴンの、そしてボジョレーのテロワールを描き出します。

ボジョレーの土地でブドウ本来の味わいを最大限に引き出すために行き着いたが、
除草剤を使わない、酸化防止剤を使用しない、ろ過しない、補糖しない、皮に付着する天然酵母だけで発酵させるという方法です。


[wine
ワインラインナップ]
Img10151754932_2 モルゴン マグナムボトル
キュヴェ・マーセルラピエール(N/V)2005
ジュリエナ・2006 
シルーブル 2006
マルセル ラピエール ヴァン ド ペイ デ ゴール2008
シャトー カンボン ボージョレー ロゼ 2007 

         

皆様のご参加、お待ちしていまーす!

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[7/1(水) 本日のおすすめワイン]『また?認めざるをえませんかね…』

dogスタッフアビルちゃんのおとぼけ日記]   

こんにちは、阿比留です。   

先週末の出来事です…   

家に帰り、ゆっくりお風呂につかろうと『自動湯はり』でお風呂に湯をため、

いざ入ろうとシャワーにかかろうとしたら、

いつまで経ってもお湯が出てこないんですよ(*_*)   

あれ、ガス電源きったのかな?    

確認したらちゃんと電源は入っています。   

うわっ、もしや… shock  

コンロはつくかな…    

つかない…         

そうです、ガスを止められてしまってました。crying    

ポストを暫く見ていなかったので引き落とし出来てなかった様で通知が

入ってました。    

やってしまいましたね〜。  また自虐ですわぁ。    

これはそろそろ『ボケの阿比留』を認めざるをえませんかね。         


restaurant今週のおすすめ料理]   

2009062801150001_2パプリカとベーコンの和風ペペロンチーノ』   
赤と黄色のカラフルパプリカとベーコン、水菜をトッピングしたほんのり醤油の
香りのするペペロンチーノです。 
見た目も鮮やかなちょっと大人のパスタです。       

2009062801150000_2ピリ辛スパイシーチキンソテー』   
ヨーグルト、カレー粉、白ワインなどを使った特製ソースに鶏肉を漬け込み、
ソテーした一品です。  ビール、または白ワインと合わせてどうぞ。


wine本日のおすすめワイン
Img10524052857 カランドレ・レゼルヴ2005
    (フランス・コート デュ ルーション)

銀行員からワインの販売業へと転身、その後念願のワインの造りを手がけた、ジャン・リュック・チュヌヴァン氏。
サンテミリオン(ボルドー)のCH ヴァランドローのオーナー兼醸造家である、
ジャンリュック テュヌヴァン氏は、以前より、南仏の土地の安さと、ブドウの
樹齢の古さに注目していたようです。
そして、テュヌヴァン氏は2000年に南フランス・モウリー(Maury)で評判の
若手醸造家ジャン ロジェール カルベ氏と共同でドメーヌを設立し、その
プロジェクトをスタートさせました。
またテゥヌヴァン氏は、ドメーヌとしてのワイン生産に先駆けて、『テュヌ
ヴァン・セレクション』として ”CALANDRAY RESERVE” という名前の
AOCコート ド ルーション ヴィラージュのワインを、2000年のヴィンテージよりリリースしています。

flairLabelのおすすめコメント
プラムやカシス、カカオの濃厚な甘い香り、口に含むと目の詰まった古樹のカリニャン独特の、力強い果実味が爆発的に広がります。
樽を使用していないにもかかわらず、この豊満なボディは驚異的。
しかもただ濃いだけでなく、 酸とタンニンによって引き締まった味わいです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »