« [7/24(金)本日のワイン日記]  夏だ〜〜! | トップページ | [7/27(月)本日のワイン日記]  8月のお知らせ »

[7/25(土) 本日のワイン日記] 『水難の相!?』

[typhoonスタッフあびるちゃんの奮闘日記]


こんにちは、阿比留です。

金曜日はお休みをいただいて、木曜の夜から二泊三日で

博多の実家に帰っきているのですが…

皆さん昨日夜のニュース見られました?

九州北部は
『えげつない雨』というか、

バケツをひっくり返したどころか…
waveと言うような豪雨でした。

道路も溝と車道の区別がつかないどころか川になっているかと思えば、

違う道ではマンホールから噴水の様に雨水が高く噴き出していました。

10分後の帰路の坂道では車が浸水の為エンジンが止まっててしまった車がいたり、

びっくりすることだらけでした。


うわ〜これはすごいなぁ…


そう思い家について唖然、雨漏りしてました。

天井からポタポタ・・・と。

でもたいしたことはなかったようで安心しました。

しかし本当に凄かったです、傘は意味をなさず、坂道は滝ですからね。

今日も昼過ぎまで続くとテレビで言ってて交通機関もかなり乱れるということなので、

果たして…


雨にもまけず、風にもまけず…   

みなさまの笑顔を見るために頑張って帰っていますo(^-^)o


wine本日のおすすめワイン]
306706 ドメーヌ・ラファージュ コテ・エスト2007
    (フランス/ルーション)

近年注目を浴びる南仏のルーションでNo.1との誉れ高いのが、このドメーヌ・ラファージュ。
何を持ってNo.1と呼ぶかは色々な基準があると思いますが、
ルーションで最も厳格で権威あるワインコンテスト「バッカス」で最多受賞しているのがこのラファージュなのです。

ドメーヌ・ラファージュは地中海とピレネー山脈に挟まれた地域に17世紀に設立されました。現在のオーナーは6代目37歳(2009年現在)の、ジャン・マルク・ラファージュ氏。

実は彼、チリのサンタ・リタやアルゼンチンのドニャ・パウラ、スペインのボデガス・ルーアン(メメント)などの
有名ワイナリーのコンサルタントとしても活躍中で、世界各地のワイナリーで確立したノウハウを自身のドメーヌにフィードバックし、現在では規模/品質ともにルーションのベストドメーヌの一つと言われているのです。
葡萄栽培はリュット・レゾネ(減農薬)。
しかも
更なる強みがエノロジストの奥様。
モンペリエ大学醸造学部で出会ったエリアンヌさんは、コンサルタントとして世界中を飛び回っているラファージュ氏を助け、ドメーヌのクオリティを維持
しています。

南仏というと、太陽が燦々と降り注ぐリゾート地のイメージがありますが、ルーション地方はスペイン国境/ピレネー山脈の麓に位置します。山あり谷ありの地形は複雑で、土壌の種類も様々。まさに
「ミクロクリマの宝庫」です。

wineLabelのおすすめコメント]
コテ エストとはフランス語でeast side、つまり「東側」を意味します。東西向きの海に近い畑で、涼しさが酸味と果実味を守ります。フレッシュでフルーティー、凝縮したシトラス、ピーチ、はちみつのノート、クリスプでミネラリーな味わいです。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [7/24(金)本日のワイン日記]  夏だ〜〜! | トップページ | [7/27(月)本日のワイン日記]  8月のお知らせ »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

あひゃーsweat02
えらいことになってるみたいですね〜
お気をつけて(*`・Д・)ゞ

投稿: ナチ | 2009年7月25日 (土) 20時03分

ナチさま

土曜日の出勤にちゃんと帰ってこれるか心配でしたが無事戻って来れました。

帰った時に限って大変な事なってしまいましたshock

投稿: 阿比留 | 2009年7月26日 (日) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [7/24(金)本日のワイン日記]  夏だ〜〜! | トップページ | [7/27(月)本日のワイン日記]  8月のお知らせ »