« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

[8/31本日のワイン日記] 長野訪問記3 チーズ&ワイン編

tulip幸子店長の旅日記]

先週から続けてきました旅日記も今日でおしまいです!

Dscn0932
マンズワイナリーを出ましてタクシーで約20分。

チーズ工房の「アトリエ ド フロマージュ」にやって来ました!



Dscn0928 工房の2Fではチーズを作っているところを窓越しに見れるようになっているのですが私が訪れた時間は残念ながらもうほとんど作業が終わっていました。。。
でも初めて見るチーズ作りの現場はとても新鮮で
機材を見入ってしまいましたね。

Dscn0929 1Fにはここで造られているモンドセレクションで数々の賞を取っているチーズがずらりと並ぶショップがあります。

生チーズやブルー、カマンベール、ハードチーズetc。。。
全種類、試食した私はどれも美味しくって迷いに迷った末、カマンベールなどを買ってきました!

そして隣にはここのチーズを使ったレストランもあり
お腹も空いてきた私はここで昼食を取ることにしたんです!
Dscn0936
これ硬質チーズの器に入ったチーズリゾット。
ここの名物料理なんだそうです。
硬質チーズ&カマンベール&ブルーの3種のチーズで造られる
まさにチーズのみのリゾット・・・

Dscn0940 食べるときにスタッフのオネーさんが器のチーズが少し融けたところを混ぜ混ぜして取り分けてくれるんですが
これまたいい香りがして最高に美味しかったです!
またまたここでも現地産の白ワインが進む・・・
「ごちそーさまでした!」


さてさてお腹もいっぱいになったところでまた次のワイナリーに移動。
チーズ工房よりさらに山の上へとタクシーで向かうこと10分ほど・・
Dscn0956 Dscn0953
「ヴィラデストワイナリー」到着!
この日は天気も良くって最高の景色、
ラベンダーがとても奇麗です。
ワイナリーの周りには花や野菜もたくさん植えられカフェで自家栽培の野菜も食べることが出来るんです。

Dscn0947 この日、カフェは満員で待っている方であふれかえっていました。
「ヴィラデストワイナリー」さんのオーナー玉村様は画家をされていて趣味で始められたそうなんですがショップには玉村さんの食器や
文具などの作品がたくさん販売されています。
アポなしで行った私は、たまたまワインを並べていたスタッフさんに声をかけてみたところ醸造をされている方で特別に私1人を
案内してもらえることに・・・・
「メチャクチャ ラッキー!!!でした」scissors

Dscn0948 立ち上げて6年目というまだ新しいワイナリーです。
使われている機材などもとても奇麗でした。

日本にはまだ少ないという特注のグラッパ専用の蒸留機まで・・・ Dscn0951
Dscn0950 そしてリンゴから造られるシードル専用機も・・・
もちろんリンゴもここで栽培されています。

Dscn0944 すべて手作業で行われるためラベルも1本1本
皆さんで貼っているんだそうです。
これもまた愛着のわくお仕事だそうです。



Dscn0959 Dscn0962 ここで造られるワインはすべてこの土地で育ったぶどうだけで造られているんですよ。
カベルネも徐々に色付き始めていました。



Dscn0957 そしてこの若々しいブドウの木たちはまだ植えられて2、3年というピノノワール種です。
日本ではピノノワールの栽培は難しいと言われているため栽培しているところは数少ないんです。

このピノノワールたちも大きく成長してくれることはスタッフさんたちが一生懸命子供を育てるかのような手間をかけて見守られています。
そして私もあと何年後かに味わえることを願って楽しみに待っています〜!

沢山の物造りの現場をみて出会った造り手様の思いを聞き、私も一生懸命伝えていきたいと思える旅になりました。
本当に皆様、貴重な体験をありがとうございました!

[本日のおすすめ]
2009083114190000 今回訪れたヴィラデストワイナリー様のシードル(りんごの発泡酒)です。

フランスの伝統を習い、地元の「ふじりんご」100%で造られたシードル。
爽やかなリンゴの香りで辛口の味わいです





2009083114190001_3 「アトリエ ド フロマージュ」様の
カマンベールとバジルカマンベール。
そしてハード系の山のチーズ。
どれもしっかりした味わいで私が一番気に入ったのは山のチーズでした。バジルカマンベールはバジルの香りがとてもよく珍しいのでおすすめですよ!




『今週のオススメお料理』

こんにちは、阿比留です。
先週は私も福岡に戻り、夏休みを満喫してきました。

美味しいものもたくさん食べてとてもよいリフレッシュになりました。

そんな私の夏休み日記はまた書いていきたいと思います。

今週のオススメメニューは…

Image023 『チキンのパリパリミルフィーユ』

ライスペーパーに白ワインなどで下味を付けた鶏肉、大葉を重ねて焼き、さらにそれを4重にして特製オイルソースをかけました。
見た目は可愛いミルフィーユの様。
ライスペーパーのパリパリした食感もお楽しみ下さい。


Image021 『生ハムとかぼちゃのアーリオオーリオパスタ』

ガーリック風味のパスタですがほのかに醤油、ワイン、唐辛子の香りを感じるパスタです。
具材も玉ねぎ、かぼちゃ、生ハムを使っていますのでよく混ぜてから召し上がって下さい。



[ 人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/29本日のワイン日記]  長野訪問記2ワイナリー編

club幸子店長の旅日記]

8月26日
Dscn0903_2 軽井沢から少し離れ自然あふれる小諸という町に宿泊。
朝早くに起きてまずはタクシーで10分。
マンズワイン小諸ワイナリーに直行!

到着してすぐにワイナリー見学をしました。
見学コースというのはビデオを見て工場を1周するいうコースです!

Dscn0909_2 Dscn0908_3 貯蔵タンクや樽の熟成庫が見れます!

←この熟成タンクには白ワインが入っているんですが温度変化の激しい外に備えられています!
大丈夫なの?っと思ってしまいますがこのタンクの中はガラス張りになっていて温度調節もちゃ〜んと出来ているんだそうです!!

見学は15分ぐらいであっという間に回りこれで終了・・・(短ッツ!)
これで満足も行かない私は案内人のおねーさんに駆け寄り
ブドウ畑とかは見にいかないんですか??と聞くと
「どうぞご自由にご覧になってください」っと言われたので私はゆっくり見に行くことにしました。
Dscn0924_3 Dscn0920_2 Dscn0926_2





ワイナリーのすぐそばにある畑では鑑賞用に世界中のあらゆるブドウが少しずつ植えられていて私が訪れた時は黒ブドウも色付き始めていてとてもいい時期でした。
もちろん少し離れた畑には長野の地ブドウも栽培されています。

Dscn0917 Dscn0918_3 そして畑のお隣には日本庭園が広がっていて心和む落ち着いた場所でした。
やっぱりいいもんですね〜。




さてさていよいよテイスティングwine
Dscn0913 始めは白ワインから。。。
マンズワインは山梨の勝沼にもワイナリーがありここでも両方のワインがテイスティングできました。
調子良く辛口から甘口までほとんど飲み干し
さらに私の目に止まったものは・・・

Dscn0915_4 ←(横向きですみません。。。)
テイスティングの隣には数々の賞を取ったマンズワインが有料で飲めるコーナーがあって、
私は、1本3万1千円もするマンズワインの貴腐ワインwobblyを見つけました。
これ1杯500円で試飲できます。「くださ〜い!」っと言っていました!
お味は言うまでもありません「おぉ〜〜旨すぎ!!」メチャクチャ美味しかったですsmile
そして私の後ろにいた団体さんたちもみんな押し寄せて来て
貴腐ワインが飛ぶようになくなってしいましたね。

私は大勢の人だかりの合間をぬってめぼしいワインを購入して、
次の場所(チーズ工房)へと向かったのであります!
この時点で朝11:00既に私はほろ酔いでしたcoldsweats01


[マンズワインたち]
すべて現地で私が試飲して買って来たワインたちを
数少ないですがLabelでもお楽しみいただけますよ〜!

2009082915360000_3

長野県産、善光寺ぶどう100%の白ワイン。

右は辛口に仕上げられていてあっさりと飲みやすく食事にも合わせやすいワインです!

左はチッピリ甘口なフルーティーな味わいです。





2009082915440000_2
信濃リースリング「トスカ」

100%信濃のリースリングの搾かすで造られた蒸留酒です!
イタリアだとグラッパと呼ばれますね!!
アルコール度数は少し高いですがすごくいい香りがしますよ!




2009082915370000_2

こちらは私がこの旅で買った唯一の赤ワインの1本。

長野で育ったカベルネソーヴィ二ヨン100%で造られたとっても芳醇な味わいのワインです!








[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[8/28本日のワイン日記] 軽井沢訪問記1

shoe幸子店長の旅日記]
今日はワインはお休みしてビールのお話です。

8月25日
私は、よなよなビールでおなじみの「ヤッホーブルーイング」様にお邪魔しました。
Dscn0854姉妹店eni-bru や  BEER WORKSの担当の営業様にブルワリーを見学したいっとお願いしたとろ
私は1人で行ったのにも関わらず醸造責任者様が付きっきりで醸造所や醸造行程を説明してくださいました・・・


Dscn0858_2 Dscn0865 Dscn0870

醸造タンクや冷却タンクに濾過する機械に・・・・

いろいろな部屋に分かれていて
たくさんの行程を経て美味しいビールが出来上がることをとっても詳しく教えていただきました!
Dscn0873Dscn0892









Dscn0860

ドイツなど海外から輸入しているというモルト(麦芽)
麦芽もいろんな種類があって使う麦芽によって個性豊かなビールが出来上がるんだそうです!
ビールになる前の麦芽をちょっとお味見。
黒いのはコーヒーみたいでちょっと苦かったなぁ・・・。coldsweats02

Dscn0884 Dscn0888

大量に積み上げられた缶は全国に出荷されています!!
←この奇麗な缶は北海道限定なんだそうです。
大阪の限定はまだないんだそうですが出来るとうれしいなぁ〜っと思いましたね。

Dscn0890 そして業務店にも届けられる生樽がたっくさんありました。








Dscn0864

あと、新しいビールを造るときには皆さんで試作品を造るそうなんですがこの小さな樽で30リットルほど仕込み
何度も何度も試行錯誤するそうです。

こうやって毎日毎日、丹誠込めて造られ、私たちは美味しいビールが飲めるんですね。

私も本当に勉強になりました・・・happy02

Dscn0897

そして醸造所見学もさせていただいたのに
醸造責任者様が軽井沢の案内までしてもらえることに・・・
1人で行っている私には何ともうれしいことでありました。。
何年か前に出来たという温泉もあるリゾート地
よなよなビールの飲めるレストランも入っていました。

その周りにはマイナスイオンが大放出でした。
大自然の空気を吸ってリフレッシュ!
でも軽井沢はもうすぐ秋の訪れでちょっと
寒かったですmaple



Dscn0900 おまけにカプチーノをごちそうしていただき
ふたを開けるとheart01

私と同じ年だった醸造責任者様は
新婚さんでありました・・・
ちょっと切ない1人旅・・・weep





貴重なお時間を1日、お付き合いしていただきました
「ヤッホーブルーイング醸造責任者の上池様」
本当に本当にありがとうございました!

明日はワイナリーの訪問記。。。。まだまだ続きま〜す!!



[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/27本日のワイン日記]  行って来ました!!

flair幸子店長のつれづれ日記]

お久しぶりでございます。

4日間のお休みをいただいき、私はソムリエ試験と長野旅行と

充実した日々を過ごさせていただきました!!

お休み2日目・・・ソムリエ試験を終え

私は長野軽井沢へ1人旅に出ました。

ドキドキheart01ワクワクhappy01しながらbullettrain新幹線で片道4時間半。。。

新幹線の中でソムリエ試験の問題を眺め答え合わせを。

期待は半々、来週には合否結果が出ます・・・もうドキドキpassです!!

あっという間の4時間半で軽井沢に到着。

到着したのはもう22:00をまわっていてこの日は宿で

温泉につかり露天風呂もあって最高でグッスリ睡眠しましたsleepy

軽井沢1日目は

姉妹店のBEER WORKS & eni-bru でおなじみの「よなよなビール」beer

造っていらっしゃる「ヤホーブルーイング」様を見学させていただきました!

そして2日目は忙しく
マンズワイン小諸ワイナリー →アトリエ・ド・フロマージュチーズ工房→
ヴィラデストワイナリー → OH!LA!HO地ビール →帰路

っといろんなところにお邪魔し、たくさんの方に出会いました。

私、いっぱい写真を撮って来たんですがカメラを家に忘れてくるという
とんだミスをしてしまいcoldsweats02今日はこの辺で・・・すみませんm(_ _)m

明日から長野訪問記をたっぷりとご紹介いたします〜!

1枚だけちょっとフライングして
2009082612120000_2
←このブドウは善光寺ぶどうという品種で長野小諸地区でしか栽培されていないんですよ〜!!

もうすぐ収穫時期を迎えるそうです。







お楽しみに〜〜〜wink





wine本日のおすすめワイン]
長野県のワインをたくさん仕入れて来ました〜。good
数は1本づつと少ないので早い者勝ちでございます!!
長野県の味を楽しんでください。

2009082715300000 まずは「竜眼」の1升瓶

このワインはマンズワイン小諸ワイナリーでしか販売されていない現地に行った人しか購入できないワインなんです!
 

先ほどの写真の善光寺ブドウは長野県の他の地区では「竜眼」とも呼ばれているんだそうです。

ほのかにフルーティーな良い香りで味わいはあっさり&すっきり、していてとっても飲みやすい白ワインです!

今日、到着したばかりのこのワイン
早速、味わってみてくださいね〜









[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[8/22(土)本日のワイン日記]  旅に出ます・・・。

bullettrain幸子店長のつれづれ日記]

明日8/23(日)〜・24(月)・25(火)・26(水) の

4日間は夏期休暇のため休業させていただきます!

とうとうこの日がやってきました・・・

というのは24日、私は2度目のソムリエ試験に挑戦してきます!

この1年も仕事と勉強の両立をして来ました。

よい結果が出せるかはまだまだ、わかりませんが

今年も温かく見守っていただけた皆様に感謝したしましす!

あと1日、期待にお答えできるよう頑張って

試験に臨んできま〜す!

さて試験が終われば私は1人旅に行って来ます。

30歳を過ぎてお恥ずかしやら寂しいやらですが

大阪からあんまり出たことがないもので、1人で旅をするのは初めてなんです・・・coldsweats01

前回ブログに北海道に行こうかなぁっと書きましたが

行き先は変更して。 bullettrain長野「軽井沢」へ。。。。。

私が見に行きたいワイン&チーズ&ビールがすべてそろっている所。

ほんまに1人で行けるんかいなぁ〜っと自分ではかなり不安もあるんですが

先日から行き先を調べつくしました。

っと試験を終えてその足で2泊3日の強行旅。

自然をいっぱい満喫してリフレッシュしてきまーす!!happy01

私の軽井沢、旅日記ブログもお楽しみくださいね。

それでは少しの間、皆様にお会いできないのは寂しいですが

また27日(木)元気にお会いできることを楽しみにしています!!paper

wine本日のおすすめワイン]
Img55612188 アルテ・ラティーノ カヴァ ブリュット
  (スペイン)

シャンパーニュ地方と同じような土壌を持つのがスペイン(ペネデス)の地で、シャンパーニュ方式と同じ「瓶内二次醗酵方式」で生産された「クリスタリーノ」。 カウ゛ァの中でも、別格のバリューを誇り、多方面から最高の評価を得ています。
「ニューヨーク・タイムス紙」の「シャンパン以外のベストバリュー・スパークリング」企画で、並居る競合を抑え第1位に輝き、更にはアメリカのワイン専門 誌「ワイン&スピリッツ誌」では2002年から「3年連続バリュー・ブランド・オブ・ザ・イヤー」に選出されています。
 マカベオ種中心の完熟ワインを瓶内二次発酵。 18ヶ月もの長期熟成により生まれる熟成感があります。

[cherryLabelのおすすめコメント]
青りんご、白い花、洋ナシのようなフルーティーな香りです。色は、淡い黄色で、しっかりとした酸味で、スッキリとした感じのワインです。しっかりとした美しい泡立ちがあります。


[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (1)

[8/21(金)本日のワイン日記]   待ちに待った夏休み!

rvcarスタッフあびるちゃんのワクワク日記]

こんにちは('-'*)阿比留です。

暑い暑いと思っていたらテレビで『23日から涼しくなり、秋へ突入か!?』と
言ってるのを聞き、今年の夏は短すぎる!とちょっと寂しい気分です。

まさにその23日から26日はLabelは夏期休暇を頂きます。

旅行好きでもある私はサイパンにダイビングにでも行こうかとひそかに

計画していたのですが、博多の実家から召集命令が下りまして、あえなく… coldsweats02

ということで、私は休みを利用して博多に帰ってきます。

福岡にもワイナリーがあって、昔から実家に帰る度に行っていたのですが
Labelに入ってからは行けていないので、今回こそ久々に行ってこようかと思います。

ワイナリーのすぐ近くには胡麻焼酎で有名な『紅乙女』の本社工場も。

どちらも3年ぶり位ですが、勉強に行ってきます。

それから私の好きな日本酒の造り酒屋、ここには地ビールも…。
(夜は締めに中洲あたり…?)

ちょっと地元の福岡お酒勉強ツアーを強行したいと思います。

福岡で有意義な夏休みを満喫してきます。paper

[8月のお休みのお知らせ]

8/23(日)・24(月)・25(火)・26(水) の

4日間は夏期休暇のため休業させていただきます!

尚、他の日曜日は通常通り定休日となります。

何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。

27日(木)からは通常営業致しましので

スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちしています!


wine本日のおすすめワイン]
X068340h_2 ボデガ・ノートン エクストラ・ブリュット
    (アルゼンチン)

クリスタルで有名なスワロフスキー社が所有している、アルゼンチンのワイナリー、   ボデガ・ノートン。ハイクオリティなワインを生むことで、人気が高いワイナリーです。
                   アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスから西へ1000km、
        アンデス山脈のメンドーサ地区を中心に、ボデガ・ノートンの畑が広がっています。
        アルゼンチンの中でも「太陽とワインの州」と言われるメンドーサ州で1年のほとんどが晴天、昼夜の寒暖差が激しく、特に品質の高い葡萄が収穫されます。このワイナリーは、イギリス人のエドモンド・ジェイムス・パルメ・ノートン氏によって創立。
        1989年にはオーストリアの一流クリスタルメーカーとして有名なスワロフスキー社の所有となりました。
        アルゼンチンは降水量が極端に少なく、乾燥した気候のおかげで病虫害がほとんどないため、健全なブドウを栽培できます。さらに昼夜の寒暖差が大きく、これがブドウの糖度を高めます。
                しかも、1年を通じて乾燥した気候であり病害虫がいないため、除草剤や殺虫剤が必要ありません。
      すなわち、自然とオーガニックワインが造られるわけです。
      こうして、ワイン栽培にとって天国のような土地から
        出来上がったワインは熟した果実味と力強さを持ちつつも、
        広がりのある豊かな酸味が全体のバランスを引き締め、とても繊細で優雅な飲み心地を与えてくれます。
        さすが!スワロフスキー社が手掛けただけあって、どのワインも美しい輝きを放っている宝石のようです。

yachtlabelのおすすめコメント]
りんごや洋ナシのフレッシュで上品なフルーツの香りと絹のような柔らかな余韻が感じられます。シャルドネの持つコクとボリュームが十分に引き出されています。長い余韻とエレガントで複雑な味わいです。


[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

8/19 Labelでお誕生日[お客さま&スタッフ編]

birthdayお誕生日おめでとう]

まだまだ蒸し暑い日中・・・sun

8月も下旬に入るこのごろは夜も少しずつ涼しさが出て来た感じがしますね。

さてLabelでは最もお誕生日のお客様が多い月→8月

昨日もお二方のプチお誕生会が行われました!!




本日8/20 お誕生日

中村 正稔 様

2009081922350000_3

labelのレバーパテをこよなく愛してくれていてご来店時には欠かさずご注文してくれるそんないつもとっても仲の良いお二人です。

バースディケーキは愛する彼女の智美さんからのプレゼントpresent
いくつになられたか年齢は伏せておきましょうっと言いたいところですが
写真からバレバレでしたねぇ〜。[サンキューってコトで・・・]
でも中村様はいつもおしゃれで若くってこの年だとは私もびっくり致しました!

  お誕生日おめでとうございます!!



お継ぎは
      8/19 お誕生日の
 Label スタッフあびるちゃんこと 阿比留 千恵 

   ジャジャーン!!

2009081921270000_2


Labelのオープンからずっと頑張ってくれている彼女はlabelに入ってから2回目のお誕生日を迎えました。
1回目のときとは違って本当にたくさんお客様にお祝いしていただけとてもとても幸せな日でしたね。
年は私より2歳オネーさんとだけ言っておきましょう・・・
まだまだこれからもたくさんのお客様に恩返しできるよう私と共に頑張ってくれる大事なスタッフの一人です。
今後とも皆様どうぞよろしくお願い致します!!
お祝いに来てくださった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

そしてアビルちゃん お誕生日おめでと〜〜〜!birthday

 

最後にお誕生日ツーショット
2009081922400000昨日はとっても楽しい夜でした。 

中村様&アビルちゃん
お誕生日おめでとうございます!











[8月のお休みのお知らせ]

8/23(日)・24(月)・25(火)・26(水) の

4日間は夏期休暇のため休業させていただきます!

尚、他の日曜日は通常通り定休日となります。

ご了承のほどよろしくお願い致します。

スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちしています!


wine本日のおすすめワイン]
Img450_file_2 デュック ド レイボー グラン キュヴェ ブリュット シャルドネ 2004年
      (フランス/プロヴァンス)

レ・ヴァン・ブルバン社は、
スパークリングワインをメインに製造しているプロヴァンス地方の家族経営ワインメーカー。この地方において高品質のワインをつくりあげることを目的とし1952年に設立。

チャレンジ・インターナショナル・ドゥ・ヴァン・フランス2006金賞受賞酒です。

フラ ンス プロヴァンス地方の人気生産者ブレバンが造る、シャルドネ100%、ミレジメ・単一年産(ヴィンテージ入り)の辛口スパークリング白ワインです。
ライムやレモン、
フレッシュハーブや花のアロマに、かすかにシナモンがけの焼リンゴやナッツの皮のニュアンスも。プロヴァンス地方のシャルドネらしく、クリーミーだけれども消えそうで消えないレモンの風味の強さと微妙な口中での芳香を伴う。とてもフレッシュでクリーンな南フランスらしい辛口スパークリングです。







[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/19(水)本日のワイン日記]   ついにこの日が・・・!

birthdayスタッフアビルちゃんのつれづれ日記]

こんにちは(^-^*)/阿比留です。

ついに、この日が来てしまいました。

今日は何の日か?って

とうとう私 3☆歳を迎えました!

昨日は12時になると同時にお祝いの一杯を頂き、

そしてその場にいた女性M様もお誕生日を知って

店を飛び出し私にプレゼントを買って来てくれたんです

もう感激でした・・・crying

本当に本当にありがとうございました!!

誕生日を迎えた瞬間を祝って貰うって何年ぶりだろう…

8月生まれの方なら解っていただけると思いますが、

学生時代は誕生日が夏休みなんです。

そのため、忘れられがちで、祝って貰うっていう機会が少なかったんです。

だから、誕生日に直接『おめでとう』っていってもらうのがかなり久しぶりで、凄く嬉しいです。

アラサー最後の年を満喫します。

そして、皆様に恩返しできるように色々な工夫をこらした
料理も考えていきますよ〜!

新生阿比留を楽しみにしていてくださいね。


wine本日のおすすめワイン]
アイアンストーン・ジンファンデル  [2007]
    (カリフォルニア)

D5d15f20ae9fb07fd0c299be83bf5fa71 現在、カリフォルニア州の中でも最大規模のワイナリーにまで成長したアイアンストーン ヴィンヤーズの設立は1989年になります。一見、大規模工場ワイナリーにも見えがちですが、彼らが目指すワインは工場ワインではありません。オーナーのカウツ家は古くからこの地で農業を営んでいました。畑から生まれたものは再び畑に戻り利用される、といった自然に優しい農法を代々受け継いできました。水の再利用が可能なのも彼らの農法が大地にとって害のないものだからこそなせることなのです。8つもの回
転式発酵タンクで醸し・発酵が行われる赤ワインは、しっかりとした骨格を秘め、やわらかくアロマ豊かな、そして果実味が前に出たワインとなるのです。
最新鋭の醸造設備と約70年にもなる大容量の木樽など、新旧醸造技術のコンビネーションによって果実味主体で早くから楽しむことができ、熟成にも耐えうるワイン、そんなワインを可能にしました。
そしてなんといってもそのコストパフォーマンスの高さがアイアンストーンの強みなのです。 


tulip[Labelのおすすめコメント]
チェリーやプラムなどの果実の香り、シナモンを思わせる
       スパイシーな風味を強く感じます。
       樽香、バニラ香、ミルキーなニュアンスも現れます。
       凝縮した果実の風味が口中に広がります。
       まるで甘酸っぱい干しプラムを食べているような果実味です。
       酸味は比較的強め、タンニンは適度、
       香りで感じたシナモンのようなスパイシーさと、
       果実の甘味が余韻として残ります。

[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただき誠にありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

[8/18本日のワイン日記]  今日は感動のワインが登場!

[幸子店長のつれづれ日記]

本日 8/18(火)は

Label Wine  Club (通常営業)

会費制 ご予約の方のみお一人様3杯¥2500   

20:00抜栓限定6名様。

お急ぎください・・・残り定員わずか!
まだ間に合います!!!

ご予約無しは3杯セット¥3500でのご提供となります。

heart02幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

フランス(グラーヴ)特級格付けの
wineシャトー・ブスコー白 2000年

この価格では味わえない
どれも貴重な素晴らしいワインとなっておりますので
皆様のご予約、心よりお待ちしております!

wine本日の感動の1本]

先月インポーター「コスモ・ジュン」様の試飲会に行ってきました。

その数多くのワインの中から私が感動をした1本。

本日のワイン会に登場いたします!!

Lucas_sb_06ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン2006

どうしてこんなにも私が感動いたのかというのは
世界各国でおなじみのソーヴィニヨンブランのぶどうから造られているんですが
普通ソーヴィニヨンブランってとても爽やかな柑橘系の酸味とハーブや青草のようなイメージなんですが
数多くのソーヴィニヨンブランの味わいとは全く違っていて想像の味が覆された衝撃の味わいだったのです!

Sb200 トロピカルで何とも言えないフルーティーな味わいと少し甘みの余韻に浸ってしまいました。
どうしてこんな甘みと旨味の詰まったワインが出来たのが私はとても気になってインポーター様に尋ねてみました。

すると、旨味を最大限に引き出すために収穫を少し遅らした模様で
こんなにもフルーティーなワインに仕上がったのだそうです。

2006年ヴィンテージは「酸とボディーのバランスが絶妙なのです。」と新井順子さんがおっしゃるように、ぐいぐいパワーで押すタイプではなく、エレガントな上品さを兼ね備えた優美な印象です。

ぜひこの味わいを存分にお楽しみくださいね〜!

ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン2006

ドメーヌ・デ・ボワ・ルカは、ロワール地方トゥーレーヌのマルイユ・シュル・シェール村にあるドメーヌです。
          2002年、ボワ・ルカは、ビオ・ワイン生産者のクロ・ロッシュ・ブランシュから8haの畑を譲り受ける形でスタートしました。
          当主新井順子さんは、トゥーレーヌの日本人初のビオディナミストです。
 
          彼女のワインに対する真摯な姿勢はただただ頭が下がる思い、そのバイタリティあふれる行動力、おいしいワインを造りたいという情熱、ホントに尊敬してやまない人です。
 
          幾多の困難を乗り越え、いや、これがホントにすごく大変なことだらけ、なんでこんなにしてまで・・・・・・的な事件の連続を経て、生産されるワインの素晴らしいこと!
 
カリスマ醸造家フィリップ・パカレ氏にもワインサロンで「ビヤン!ビヤン!」と絶賛し、後日「お前んとこの近くにすごいソーヴィニヨンを造った日本人の女 性がいるぞ!」と順子さんのお友達、日本でもパカレ並みに有名な醸造家ティエリ・ピュズラ氏に話していたそうです。
 
          年々その実力を増すばかりの新井順子さんとボワ・ルカのワインたち。
          ビオ・ワインってこうなんだ!と、うなってしまうこと間違いなしの超おすすめドメーヌです。

[人気グログ参加中!]

いつもご覧いただき誠にありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/17(月)本日のワイン日記]   今週のおすすめお料理

[8月のワイン特集。第3弾!]

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470




 

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージです!

8/18(火)(通常営業) 

Label Wine  Culb
会費制 ご予約の方のみお一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様。残り定員わずか!ご予約お早めに・・・

当日は3杯セット¥3500でのご提供となります。

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

 

フランス(グラーヴ)特級格付けの
wineシャトー・ブスコー白 2000年

この価格では味わえない
どれも貴重な素晴らしいワインとなっておりますので
皆様のご予約、心よりお待ちしております!



pig今週のオススメメニュー』

こんにちは、阿比留です。

お休みは満喫されましたか〜?

今日からお盆休みも終わりお仕事の方も多いことでしょう〜。

ということで仕事始めの月曜日、今日もハリキって参りましょう・・・

先週のオススメメニューのひとつ、略して『トマトカップ』は好評いただいて嬉しい限りです。

今週は野菜を中心に少し変わった料理を考えました。

Image226 『茄子びとアンチョビのタルタル』

見た目は「これなに?」という一品。
焼き茄子びを細かく刻み、アンチョビと和え、上にはフランスパンを細かく砕き、味付けしてこんがりローストしたパン粉とパセリを振り掛けました。
白ワインと合いますよ。


Image227_2 『しめじと南瓜のカルボナーラ風リゾット』

南瓜の甘味がふんわり漂うミルクリゾットです。
中央には卵黄が乗っていますので、まずはそのままで、そして途中で卵を潰して混ぜてから食べる、2つの味を楽しめます。


『キャビア風ランプフィッシュのそうめん仕立て』

少し塩っけの効いたキャビアに似たてたランプフィッシュをふんだんに使い
和風テイストのそうめんにトッピング。
贅沢にからめてお召し上がりください。
これはスパークリングワインと白ワインに間違いなしのマリアージュです。
↑写真作成中 m(_ _)m


wine本日のおすすめワイン]
Winearg06_750_1 ドメーヌ・ジャン・ブスケ カベルネソーヴィニヨン2007
  (アルゼンチン)

フランスですでに成功をおさめていたジャン・ブスケは、
      さらなる新天地を求めてアルゼンチンに移住しました。
      
      彼が畑を選ぶにあたって3つの必須条件がありました。
      1.未開墾の土地で空気のきれいな場所であること
      2.水はけのよい砂と砂利の土壌であること
      3.海抜1,000mから1,200mの場所であること

      ドメーヌ・ジャン・ブスケは、国際的にも広く知られているアル
      ゼンチンの有機農産物認証O.I.Aの認定を受けています。
      有機栽培で蒲萄を育てるために、すべて手作業で手入れを
      行い、化学肥料は基本的に使用していません。必要に迫ら
      れた場合は、グアノ(海鳥の糞が長年にわたって堆積し硬化
      した化石)を使い、菌類対策としては「ビオロジック農法」で認
      められている銅と硫黄をベースににたものを最小限使用して
      います。
      海抜1,200mの涼しい場所と風のある畑では蒲萄果の腐敗はなく、
      カビの発生もほとんどありません。従って、全く農薬の必要性が
      ないのです。このことは、彼がフランスからアルゼンチンにワイ
      ナリーを移す決め手となった決定的な要因となりました。
      さらに、さまざまな土着品種のテイスティング、降雨量や土壌の
      調査を行った結果、そこは正に彼が確信する理想の土地でした。
      そして1997年にこの新天地でワイン造りをスタートさせたのです。
      

[cherryLabelのおすすめコメント]
非常に濃縮したブルーベリージャムのような濃い香りと
 強めのスパイスを感じます。樽香、ヴァニラ香、燻し香などが加わります。
 口当たりは優しく、濃く深い果実味が口中に広がります。
 酸味も比較的豊かで、しっかりした骨格を形成しています。
 タンニンも豊富ですが、シルキーで柔らかい印象。
 ボディーも厚く飲み応えあり、余韻も長くたっぷりの果実の甘味と
 スパイシーな風味が続きます。

[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

8/15  Labelでお誕生日[お客さま編]

昨日8/14日はお二人のお客様のお誕生日会。

8月生まれのお客様が多いLabelでは続々とプチお誕生日会が行われています。

2009081421050000_2








8月13日 お誕生日birthday
かよっぴさんこと東 香代子 様

昨日は夏生まれってことで華やかに浴衣でお越し下さいました!
夏らしく清々しくとってもお似合いでしたよ。
ビアテイスターの資格をお持ちのかよっぴ様は
時には豪快な素晴らしい飲みっぷりを見せてくれるます。
happy02
昨夜も楽しい夜でしたね・・・
おめでとうございます!!


8月16日 お誕生日birthday
なりさんこと 中本 幸成 様

このお方もでっかいグラスのヒューガルデンのパイントグラスを
いつも片手に豪快な飲みっぷりでございます。
かわいい女性のお客様がお隣に座るとウハウハになって
いつも目がheart01だらけ・・・・
でも内面はとてもシャイなナリさんです。

おめでとうございます!


[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

[8/15(土)本日のワイン日記]  明日はどこに行こかなぁ?

sandclockスタッフあびるちゃんのワクワク日記]

明日は日曜日、しかもお天気も良さそうですね。

これはどこかに行かなくては!と今からそわそわしている阿比留です。

さて、いずこへ…。

ドライブ、乗馬、バーベキュー、川遊び、海、どこかで花火…

やっぱり夏は選びたい放題で迷ってしまいます。

ショッピングではなくアウトドアばかり出てくるっていうのがいかにも私です。

でも今の時期、どこに行っても人が多いんでしょうね。

結局は起きたら昼過ぎでどこにも行けず、家の周りで犬の散歩…てことに

ならないように、明日は早起きします!

せっかくなので出先で旬の食材を使った美味しい物が食べられたら最高ですね。

明日は早起き頑張るぞ〜!good




wine本日のおすすめワイン]
Millverdelho ザ・ミル ヴェルデホ 2008
  (オーストラリア)

シドニーより車で西へ5時間ほどの所に位置するカウラ地区にあるウインダウリーエステ イトはカウラ地区初のブティック・ワイナリーです。 ワイナリーは1861年に建てられた歴史的建築物である製粉所(ミル)を改築しセラー、テイスティングルームとして使用されています。ワインメーカーで オーナーのデイビッド・オデア氏は1959年にウインダウリーの土地を購入、1961年にホークスブリー大学農学部を卒業し、ハンター・ヴァレー近くの農 場育ちのウィズと1964年に結婚後、2人3脚で穀物類を育て農場を切り開いてきました。1980年代に入り、ブドウ栽培へと移行したことはオデア・ファ ミリーにとって大きな決断でした。始めは上手くいかないことも多々あり、試行錯誤の繰り返しでしたが、今ではこの地域・カウラ地区初のワイナリーとして大 成功をおさめ、家族全員がワイナリーの運営に携わり成長しつづけており現在、4人の兄妹がワイナリーの軸となっています。

       

ウインダウリーは オレンジ地区からみると300mほど海抜は下がりやや温暖な気候になり、このあたりは非常にのどかで四季があり、野鳥も多く、ウインダウリの畑にはカンガ ルーや野うさぎが走り回っています。 広大な大地600ヘクタールに植えられている葡萄はシャルドネ、ソービニヨンブラン、ヴェルデホ、セミヨン。赤ブドウはシラーズ、カベルネソービニヨン、 メルロー、サンジョベーゼ、テンプラニーリョなど。収穫されたブドウ40%ほどの優良なもののみ自社ワインとして醸造し、残りの60%は大手ワイナリーに 果汁を販売しています。大変風通しが良くブドウは年間を通して充分な日射量を得て完熟します。栽培はできる限り自然な形でと殺虫剤は一切使用されません。 土壌は、赤粘土ロームの上に赤土ロームという土壌から、鉄鉱石の上に茶系砂粘土ロームという土壌まで様々。それぞれの品種は最も合った灌漑方法の土壌に植 えられ、ぶどうの品質、個性を大事にしたキャノピー・マネージメントが行なわれます

budLabelのおすすめコメント]
ライムグリーンを帯びた明るい色合い、フレッシュでトロピカルなフルーツサラダがの香りが口中に広がります。若さとフレッシュ感が味わえる爽やかな白ワインです!


[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/14(金)本日のワイン日記]  色採りどりの・・・

club幸子店長のつれづれ日記]

暑い日が続いていますね〜。

お盆休み真っただ中ということで私どもLabelも

色とりどりのお客様で賑わっています!

海に行かれて真っ黒に日焼けしている方や

家族旅行でリゾート満喫こんがり良い色に日焼け。。。

逆に家でのんびりという方は美白、

とても鮮やかで奇麗な浴衣美人様などなど。

皆様、この連休はとても満喫されているご様子で

楽しいお話ばかり聞かせていただいて私もうらやましい限りです・・・

そして私も決めました!!

お休みの予定を。  ず〜っとず〜っと行ってみたかった

初めての北海道〜〜〜〜happy02

今のとこ一人旅・・・crying

1泊という短い時間なのでまだまだ計画中ですが

ワイン・・チーズ、 大好物のウニ・・・

美味しい物をたくさん食べて飲んで

満喫しに行きたいと思いま〜すscissors

Labelの夏期休暇は

8月23(日)・24(月)・25(火)・26(水)です!

誠に勝手ではございますがご了承のほど

よろしくお願い致します!!



wine本日のおすすめワイン]

036993 リオンド  ヴィーノ・スプマンテ・プロセッコ エクストラドライ
   (イタリア/ヴェネト)

このスパークリングを造る[カンティーネ・リオンド]は、イタリアはヴェネツィアの西に広がるヴェネト州はイタリア屈指の白ワインの産地ソアヴェの町の近く、モンテフォルテ・ダルフォンという町にあります。目の前に横たわるリオンド山からその名前がつけられ創業は1999年と新進気鋭の造り手です。最も古くからソアヴェを生産してきたソアヴェ地区の中のゾナ・ストリカ地域は、このモンテフォルテ・ダルフォン町の中にあり、まさにイタリア伝統白ワインの中心地にそのセラーがあるというわけです。その醸造は現代的な技術を導入しているものの、醗酵はすべて天然酵母により行われ、その品質は白ワイン、さらにはスパークリングワインではイタリア専門誌でも高い評価を得ています。通常、現地イタリアでは、弱発泡(フリッツァンテ)の規格でリリースされているところ、ここ日本だけの特別仕様でスプマンテの規格にグレードを上げてリリースされています。

sweat01Labelのおすすめコメント]
しっかりとした濃厚なる果実味から、その泡の立ち上り方は、まさに高級シャンパンのように極めてゆったりとやわらかく立ち上ります。

『極めて長くしなやかに続く泡』
見事に鮮明に口の中を愛撫するかのように、ゆったりと広がります。
[ 人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/13(木)本日のワイン日記]   新入荷チーズ!

[8月のウィークリーワインフェア第2弾]

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470




 

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージです!

[お詫びと変更のお知らせ。m(_ _)m]

8/18(火)(通常営業) 

Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様。残り定員わずか!ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

↑予定しておりましたジェラール・シュレールのワインが8月上旬に入荷する予定でしたが気温の上昇によりフランスからの輸送の関係上、18日には到着しないことがわかりました。
大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが代わりと致しまして、

フランス(グラーヴ)特級格付けの
wineシャトー・ブスコー白 2000  をご用意致しました!

その他の変更はございません。
こちらも素晴らしい貴重なワインとなっておりますので
皆様のご予約、心よりお待ちしております!






[幸子店長の本日のおすすめ]

暑いお盆のまっただ中、皆様どうお過ごしですか?

本日は新しいチーズがたくさん入荷しましたので

Labelでも人気の高いチーズを

ドド〜ンとご紹介します!!

[白カビチーズ]
46fa0a0e9938b diamond「ブリーAOC」フランス
145 diamond「カマンベール・モンペレ」フランス
ブリーは千年以上の歴史をもち、そこから発展したとされるカマンベールも二百年以上の歴史があります。ちなみに、ブリーは「チーズの王様」、カマンベールは「チーズの女王」とされるほどの人気のチーズです。
ブリーの中で最も有名なのが「ブリー・ド・モー」ですが、これは「モー」という村のブリーチーズを指します。「モー市」はパリから北東へ約50kmの所にあるパリ近郊の村です。
ブリーの歴史は古く、8世紀のフランス皇帝シャルルマーニュ(=カール大帝)が大好物だったといわれます。それ以外にも、タレーランや、ルイ16世なども愛好家として大変有名です。無殺菌の牛乳から作る風味豊かな味わいのクリーミーなチーズです。

F0050385_1120422 diamond「ブリアサヴァラン・アフィネ」フランス
パリのチーズ専門店が約60年前につくり出し、美食家ブリア・サヴァランから命名した上品であっさりとした製品。牛乳にクリームを加えてつくるので食感がなめらかで、チーズケーキのよう。繊細で上品。シャンパンともよく合います

[青カビチーズ]
Images5 diamond「ゴルゴンゾーラ・ピカンテ」イタリア
日本でもすっかりおなじみのゴルゴンゾーラ。青カビチーズといえば、まずこのチーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?でも、一口にゴルゴン ゾーラといっても、その味わいは千差万別とろりとクリーミーでやさしい味わいの「ドルチェ」と、青カビの風味がしっかりしていながらも、角のないまろやかな味の「ピカンテ」の2種類があります。。人気の高いチーズだけに、それぞれが独自の味を競っているのです。

911 diamond「ブルー・ド・ジェクス」フランス
ジュラ県(サヴォワ地方に隣接する)のごく1部の地域で作られている生産量の少ないチーズ。平たい大きな円盤形で表皮が乾いている見た目はセミハードタイプのようなチーズで、一般的な青カビタイプのチーズとは外見が少し違っている。チーズの中身 もセミハードタイプのチーズに青カビが入ったような弾力のある身で、味は青カビタイプのチーズにしてはマイルドでほのかにナッツのような風味が楽しめる。

[ウォッシュチーズ]
Images diamond「ピエダングロワ」フランス
マイルドでなめらか、とてもクリーミーな味わいのウォッシュタイプチーズです。さっぱりとクセのない味わいの秘密は、まずは塩水でウォッシュタイプしたチーズを、真水で洗いな おしているため。

その味わいは、まるで白カビチーズとウォッシュタイプチーズの中間のような印象を受けます。口に含むと、とっても濃厚なミルクの風味が口いっぱいに広がります

C_wosh_04 diamond「マンステール・フルール・ド・ビエール」フランス
アルザス地方には「マンステール」という超がつくくらい有名なウオッシュタイプのチーズが存在します。マンステールは塩水でチーズの表面を洗って仕上げたチーズですが、このフルール・ド・ビエールはマンステールと同じチーズをビールで洗って仕上げました。
口に入れてゆっくりと味わってみるとほのかにビール酵母の酵母菌の香りが口の中から鼻に抜けていく濃厚な味わいです。

[ハードチーズ
Images2diamond 「コンテ・エクストラ12ヶ月熟成」フランス
フランスハードチーズの最高峰。しっかり熟したコンテの外皮はこげ茶色で、中はアイボリーです。コクの中 にも甘さがある山のチーズならではの香りも合わせてお楽しみ下さい。一つ上級の大人の味わいです。



[プロセスチーズ]
Images4diamond「フォレスト スモーク」フランス
チーズそのものの味わいが、他のスモークとは断然違います!   
ミルキーで、しっかりとコクもあり、とっても滑らか。
外側を包んでいるスモーク部分とのコントラストもハッキリとしていて、ひとつのチーズで2つの食感が楽しめるんです!   口の中でとろけるようでもあり、しっかりとしたチーズの 味わいもあり、かと言って、決してしつこ過ぎたりせず、 まさに “絶妙なバランス”なのです

00107imagediamond「クリーム・ラムレーズン」オーストラリア
オーストラリア産の良質なクリームチーズに、ラム酒でつけたドライフルーツを混ぜ込んだ、ほんのり甘い、まるでお菓子のようなチーズです。穏やかなラム酒の風味とクリームチーズ自体の酸味もあって、
  フルーティなクリームチーズなんです!

Labelにはたくさんの種類のチーズをそろえています。
さて、お気に入りのチーズを見つけてくださいね・・・happy02


[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/12(水)本日のワイン日記]   たまらない旨さです!

breadスタッフアビルちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

今日も暑い1日ですねsweat01

今週は月曜日のブログにもある通り、一味変わった料理をお出ししています。

自分で作っておいてなんですが…

『旨いです!』

Image222トマトで作ったカップの料理は、家で試作を作った時に、バクバクガツガツ食べてしまいました。

そのままカップを崩しながら食べるのも良いですが、バゲットと一緒に

鱧スパークリングワインを片手に食べるのも最高でした。

パスタも茗荷と三ツ葉、鱧、梅が絶妙なお口に広がるハーモニー!

2009081215070000そして、幸子店長のおすすめのハワイアンドリアも焼いている時に、

食欲をそそる何とも言えない良い匂いがしています。


まだ食していない皆様は、急いでレーベルへ楽しみにして来てくださいね!




wine本日のおすすめワイン]
Img56097931 メメント・ブランコ ソーヴィニヨン・ブラン[2008]
   (スペイン)

ボデガス ルーアンはカスティーリャ生まれの2人の実業家 Francesco Pago Gil氏とJose Miguel Villaescusa氏により、2001年 スペイン ラマンチャにあるカスティーリャで設立されました。
最新の醸造設備を備えた醸造所を構え、そのワイナリーのトータルプロデューサーに、

『畑のたて直しと、アッサンブラージュの天才』と呼ばれる
このジャン・マルク・ラファージュを迎えたのです。
100haの広大な畑の、老木から収穫されるブドウを主に用いてワイン造りをしています。

老木から収穫されたブドウを、惜しみなく使います!

フィルタリングは、一切行いません!
ブドウの持つ本来の味わいを保つために、フィルターは一切かけず瓶詰め。
濃厚な味わいが最大の魅力のラファージュのワインですが、とってもスムースな飲み心地。
彼の魔術は、きっと限界を知らないのでしょうね。



bananaLabelのおすすめコメント]
フレンチオークにて3ヶ月樽熟成をしたコクのある白ワインです。 爽やかなグレープフルーツや若草の香りに、甘いパイナップル、メロン等のイメージも感じられます。美しいミネラル感と肉厚な果実味に適度な爽やかな酸味です!

[人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/11(火)本日のワイン日記] 旨い白ワインが登場!

[8月のウィークリーワインフェア第2弾]

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470




 

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージです!

[お詫びと変更のお知らせ。m(_ _)m]

8/18(火)(通常営業) 

Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様。残り定員わずか!ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

↑予定しておりましたジェラール・シュレールのワインが8月上旬に入荷する予定でしたが気温の上昇によりフランスからの輸送の関係上、18日には到着しないことがわかりました。
大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが代わりと致しまして、

フランス(グラーヴ)特級格付けの
wineシャトー・ブスコー白 2000  をご用意致しました!

その他の変更はございません。
こちらも素晴らしい貴重なワインとなっておりますので
皆様のご予約、心よりお待ちしております!


wine幸子店長のおすすめワイン]
昨日は近畿に台風が通るという天気予報だったので

夜は大雨の予想をしていたのにもかかわらず

中百舌鳥付近は1滴の雨も降らず傘いらずでしたね。

各地で大きな被害の出ているところはとても心配になります。

また次の台風も来ているようでお盆休みもまだまだ油断は出来ませんね。

皆様もお出かけの際にはご注意くださいね。

さてさて、また蒸し暑さも戻ってきて一段と喉が乾きます・・・

先週のスパークリング特集は皆様、おいしく飲んでいただき

とてもとても好評をいただきありがとうございました!

やっぱり夏は爽やかにいかなくっちゃねっ!!

今週も各国よりおいしい白ワインが届いていますよ。

まず一つご紹介!

152834_2 ドイツの甘口白ワイン

「マイバッハ ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ  アウスレーゼ」

今まででご要望が一番多かったのがドイツの白ワイン。

Labelには初めて登場しました。

やはり有名なのがこの黒猫のラベルですね!

私は何度言ってもこの名前「ツェラー シュヴァルツェ カッツ」

カミカミでスラッと言えない・・・coldsweats01

メチャクチャ甘すぎず香りも良く少しの酸味でとってもフルーティなため

女性のお客様にとても人気でなのです。

暑い夏でもキリッと冷やして飲むとジュース感覚でゴクゴク飲んでしまうほど・・・(ちょっぴり危ない!?wobbly

いやいや、ほんとに旨味がたっぷり詰まった美味しさですよ。

まだまだ世界には美味しいワインがたくさんあります。

ぜひ皆様もお気に入りの1本を見つけてくださいね!!



[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/10(月)本日のワイン日記]  今週のおすすめお料理 

restaurantスタッフあびるちゃんのお料理日記]

こんにちは(゜▽゜)/ 阿比留です。

暑いです!

昨日は夏バテ防止とお肌のために…モツ鍋を食べに行ってきました。

この暑いのに…

でも、私は変なところがありまして、夏に暑い暑いと汗をかきながら鍋焼きうどんや、

鍋料理を食べるのが好きなんですよ。

特にモツ鍋はどにんなに暑くても食べたくなりますね。

おかげで今日はお肌がつるつるです。

みなさんも、スタミナを付けて夏を乗り気って下さいね〜。

というわけで、
8月のウィークリーワインフェア第2弾は

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470




 

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージです!


Image222 『冷製・鱧入り夏野菜のスタミナ丸々フレッシュトマトカップ』

大玉の新鮮トマトで出来たカップの中にパプリカ、ズッキーニ、トマト、鱧を、ガーリックと桜エビ等をつかった特製オイルで味をつけています。

見た目がちょっぴりオシャレな一品、カップのトマトをカットして一緒に食べて下さい。


Image223 『鱧と三ツ葉のスタミナ温パスタ〜梅風味』

パスタにほんのり梅の香りを匂わせ、三ツ葉、茗荷の苦みを楽しみながら鱧と一緒に食べて頂くパスタです。

ご希望のお客様には冷製カッペリーニとしても提供させて頂きますよ。

C85946a45e6dc9154fe33aa064a5dea9_2 『トロピカルパインのハワイアンドリア』

豚ミンチと野菜たっぷりのトマトベースの具材に
南国のパイナップルを加え
ご飯の上にのせ、焼き上げました。
ほんのり香るフルーティーな香りと味わいは
まさに夏のハワイアンですよ。


wine本日のおすすめワイン]
Img10444854024 ドメーヌ・デュ・ムーラン
VdP・デュ・ロワール・エ・シェーヌ・ソーヴィニヨン[2007]

    (フランス/ロワール)

シュヴェルニーAOCの実力派であるドメーヌ・デュ・ムーランは、
あのティエリー・ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣にあります。

造り手エルヴェ・ヴィルマードは、ティエリー・ピュズラやレ・ヴァン・コンテと親交が深く、
90年代にはいってから、 ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになりました。

今では、シュヴェルニーを代表する造り手として活躍。

ドメーヌ・デュ・ムーラン
 レ・ヴァン・コンテ
 フーラルド・ルージュ


フランスでは、この3人の造り手は、ワインバーやレストランのグラスワインの【三本柱】と呼ばれていて、プロからも消費者からも以上に評価が高いのです!

cloverLabelのおすすめコメント]
口に含んだ瞬間のこの粘度、少々の甘みを感じますが、とってもバランスの良い仕上がりになっています。
少しグレープフルーツの様な酸がキリッと全体を締めていて十分、満足出来るはずです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/8(土)本日のワイン日記]   お休みはどこへ・・・

sun幸子店長のつれづれ日記]

8月に入りもう1週間を過ぎようとしていますね。

今日から10連休という長いお盆休みの方も

ちらほらいらっしゃるようですね。 

うらやましい〜!coldsweats01

皆様ももうお盆休みのご予定はお決まりなんでしょうね。

そして私どもLabelも8月は夏期休暇をいただきます。

8月23(日)・24(月)・25(火)・26(水)です!

お間違えのないようどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ってことで、私もそろそろお休みの予定を考えているところなんです!

でもその前に24日には「ソムリエ試験」が控えておりまして・・・

試験が終わった25日・26日はお正月以来の連休なもので

どこかにリフレッシュ旅にでも行きたいなぁ〜っと

思っているところでございます!

どこか良いところがあったら皆様、教えてくださいね!!happy02

さぁ〜てどこへ行こう〜!
ってやっぱりまたワイナリー巡りに出かけようかなぁ!?


[お詫びと変更のお知らせ。m(_ _)m]

8/18(火)(通常営業) 

Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様。残り定員わずか!ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

↑予定しておりましたジェラール・シュレールのワインが8月上旬に入荷する予定でしたが気温の上昇によりフランスからの輸送の関係上、18日には到着しないことがわかりました。
大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが代わりと致しまして、
フランス(グラーヴ)特級格付けの
wineシャトー・ブスコー白 2000  をご用意致しました!

その他の変更はございません。
こちらも素晴らしい貴重なワインとなっておりますので
皆様のご予約、心よりお待ちしております!



wine本日のおすすめワイン]
I4972_2 ヴィッラ・ヨランダ・プロセッコ
    (イタリア/ヴェネト)

1956年にサンテロ兄弟社として創立されたサンテロ社は現在、最新技術と品質分析研究所を備えた醸造所と優れた人材を持って、年間総生産2000万本も のワインを生産する大会社へと発展しました。この急激なサクセスストーリーの秘訣はサンテロファミリーの家族哲学にあり、リーズナブルな価格でのより良い 品質提供、すなわち品質、価格、提案、サービスそれら全ての可能性へのあくなき追求の継続でした。 たゆまぬ努力の結果、その品質はイタリア中に認めら れ、サンテロ社のアスティはヴィニタリー2003において、金賞の中でも最も優れたGran Medalia d’Oroを受賞、アスティ部門でNO.1の評価を得ています。



typhoonLabelのおすすめコメント]

プロセッコは現在イタリアで最も飲まれているスプマンテなんですが、プロセッコ種という1800年頃からヴェネトで栽培されているぶどう品種はプルチーノの呼ばれたローマ時代に人気のあったワインに繋がりがあると言われています。へーゼルナッツの色をしたとても素朴で元気な品種でワインになると野生のリンゴやアカシアの花のようなデリケートな華やかな香りとフレッシュな果実味が、とっても美味しいスプマンテです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/7(金)本日のワイン日記]本格的な夏ですねぇ

スタッフあびるちゃんのワクワク日記

こんにちは、阿比留です。

梅雨も明けて本格的な暑さになってきましたね。

夏好きの私の季節到来です。

今だにクーラーはつけていません。この暑さが気持ち良いんです。


8月に入ってバースデーカードなどがたくさん来だしました。

そうなんです、今月は私の誕生月です。

もうすぐ3☆歳です。
早いものです。
嬉しいような、嫌なような…。

月日がたつのが最近とても早く感じてきました。
ついこのまえ正月だったのに。

実は8月はいつも楽しみにしている事があるんですよ。

会員に入っているワインショップからバースデー月にどれでも好きなワインが1本だけ20%オフになるんです。

どれでも好きなワインでいいんですよo(^-^)o

今年は家にセラーもあることだし、ちょっと良いワインを買ってみようかと思います。

何にしようかなぁ。

みなさん、『阿比留ちゃん、このワイン美味しいで〜』

というワインがあれば教えてください!


wine本日のおすすめワイン]
460372423_2 マルク・クライデンヴァイス
コスティエール・ド・ニーム・デ・ペリエール [2006]
(フランス/ラングドック)

マルク・クライデンヴァイス氏はアルザスを代表するビオディナミ実践者の一人。3世紀に渡ってブドウ栽培を行なっていたクライデンヴァイス家に生まれ、1971年にドメーヌを設立。1989年からビオディナミ栽培を開始し、アルザスに12haの畑を所有しています。
その後、クライデンヴァイス家は1999年にガール県のドメーヌ・デ・ペリエールを取得し、南仏でのワイン造りを開始。ニームから南東10kmの村に16haを所有し、ビオディナミ農法で栽培しています。
ニームはワイン地域の区分上はラングドック地方に分類されますが、位置的に南部ローヌ地区のすぐ隣の産地。ローヌ河が運んだ堆積物による、珪土、火打石、石灰、砂岩といった土壌で、偉大な赤ワインを造るのに理想的な土壌です。

[Labelのおすすめコメント]
スパイシーで少し土のような香り。鉄っぽさもありながら甘く柔らか、フルボディな味わいながら、エレガントな余韻を感じるワインです。

wine限定ワイン入荷のお知らせ]

8/18(火)(通常営業) 
Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様。残り定員わずか!ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

皆様、この機会にぜひお好みのワインを見つけてくださいね。
お楽しみに〜。


[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[8/6(木)本日のワイン日記]  デカッ!

birthday幸子店長のつれづれ日記]

昨日は常連様のお誕生日の前日というコトで

仲の良いお客様が集まってカウントダウン!

賑やかなお誕生日会になりました。

今日、○○歳のお誕生日を迎えられたN田様

お誕生日おめでとうございます!


ところで、地下にある姉妹店エニブリュさんのブログにも

何度かお目見えしているデッカ〜イ

「よなよなリアルエールのメガパイントグラス」が

昨日はちょいと、Labelに出張していまして。

賑やかにお誕生日会をされている後ろでこれまたすごい女性が現れました!

それも、初めてご来店いただいた女性のお客様が飲みたいとおっしゃられて・・・

2009080522340000 ブログに載せてもOK!っとご了承いただきましたのでご紹介します。

でもお名前は伏せておきますねっ。

お酒が大好きっという針灸師をされている彼女。

私も驚きで思わず写真を撮らせていただきまして・・・

だってこのデカパイント1、4リットルも入っているんですよ!beer

ワインにしたら通常のボトルがおよそ2本分ですよ・・・

まだ驚きは続きます。eye彼女が飲んでいるのは最初の1杯目じゃないんです!

デカパイントを飲まれる前にワインを、う〜ん!3杯ほど・・・。

1、4リットルのビールを飲み干された彼女は清々しくかわいらしい

満面の笑みで帰られました。。。

とっても素敵な笑顔でした! 私も同じ女性として誇らしく思った日でした!

ありがとうございました!!happy01

wine本日のおすすめワイン]
Img10322787014 ヴァン・ムスー ブラン・ド・ブラン
ルイ・ピカメロ  (フランス/ブルゴーニュ)

初代ルイ・ピカメロ氏が父・ジョゼフ氏とともに1926年にリュリーに設立したワイナリー。 その後、ルイの娘と結婚したジャン・バプティスト・ショタール氏が1953年にワイナリーに参加。現在では、孫のフィリップとアランのショタール兄弟が3 代目として活躍、「少量生産」、「手摘み」にこだわり、最高品質のクレマン・ド・ブルゴーニュを造りだしています。 彼らは1975年に「クレマン・ド・ブルゴーニュA.O.C.」が認められるとすぐにクレマン・ド・ブルゴーニュの生産を始め、祖父のノウハウを引き継ぎ ながら新しい手法を導入し、ワイナリーを飛躍的に発展させました。 1991年からは“買いワイン”をやめ、契約農家から直接購入した厳しく品質管理されたブドウのみを使用し、クレマンのベースとなるワインの醸造も全て手 がけるようになりました。
「ワインの品質の要は原料ブドウにあり」
高品質のブドウを入手するため、ブドウ栽培農家とは深い信頼関係を築いている。通常のクレマン・ド・ブルゴーニュ用ブドウ価格よりも高い価格で、トップ・クラスのブドウのみを調達している。
「最高品質のベースワイン」 クレマンの元となるベースのワインにも最高の品質を求める。そのため、圧力をかけずに優しくプレスし、プレス・ジュースを厳しく選定。また醗酵にも当然細心の注意と忍耐を持って臨む。ピカメロのクレマンが「明らかな特徴を持っている」として有名なのは、このためである。
また2000年にはワイナリーを新築。岩場をくり抜いて造られたセラーは200,000本のワインが保管可能で、石灰岩の壁のおかげで一年 を通して「メソード・トラディショナル」に最適な温度である12℃に保たれています。


[Labelのおすすめコメント]
美しい黄金色を帯びた軽やかでフルーティーなワイン。洗練され繊細な味わいで、アペリティフに最適のフレッシュなスパークリングワインです。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

[8/5(水)本日のワイン日記〕   ちょっといい話。。。

present幸子店長のつれづれ日記〕

ちょっと前の話になるんですが、Labelにこんな電話がありました。

それは何度かご家族でいらっしゃったお客様の

奥様からだったのですが

「娘が父の日のプレゼントとしてLabelのお食事券を勝手に作らせてもらったのですが

よろしかったでしょうか??」

「お金は先に支払いに行きますので夫がその券を持ってきたら

飲ませてあげてほしいんですが??」

お話を聞くと娘様もご夫婦もとてもLabelを気に入ってくれて

娘様がどうしてもお父様に飲ませてあげたいと手作りの券を作ってくれたそうなんです。

そしてLabelを選んでいただけることはとてもとてもうれしいお話で

私は即答でお返事しました。

ご家族いつも仲が良くって理想の家族、

私も娘の立場として自分の父にこんな風にしてあげたらなぁ~っと

思うことでした。

それから1ヶ月・・・お忙しいお父様はまだお見えではありませんが

「近々、伺いますね。」というお父様。

娘様の心のこもったプレゼントです!私も感謝をこめて

精一杯のサービスをさせていただこうっと思っています。

いつでもお待ちしていますね。

wine本日のおすすめワイン〕

Cimg6496s 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)カヴァ・ブリュット
    (スペイン)

ラベルに大きく描かれたこの文字に、『?』と、思われたのでは?

ちょっとかわったこの名前、『ウ・メス・ウ・ファン・トレス』と読みます。

長年『幻のブドウ』を栽培してきた、ピニョル家と、スペイン・ペネデス地方のトップ・ワイナリーの1つで、『スペイン最高のメルロー』といわれる、スーパー・スパニッシュ『カウス・ルビス』を擁する、カン・ラフォルアス・デルス・カウスのエステーベ家。

この両家が手を結び、栽培、醸造を一貫する事で相乗効果を生み出し、

『1+1=3』

を、目指したボデガ(=ワイナリー)、それがこの、『ウ・メス・ウ・ファン・トレス』なのです!

そして、その狙い通り、従来のカバとは、次元が違うカバが誕生!


100%自社畑・自社栽培です。

まだまだ大手の取り上げられる事の多い、カバの世界で、小規模ながら、こだわりのカバを生み出しています。

このカバの品質を象徴するのが、醸造を担う一人、ジョセップ・ピニョル氏。

ジョセップ氏は、家族もあきれほどの仕事人間で、1日の睡眠をたったの4時間で済ませ、趣味も持たないほど、ワイン造りに没頭しているのです。


『ブドウを好きでないと、ワインを造ることは出来ない!』

と豪語する求道者の彼は、まさに、『ワインの女神』の虜になってしまったとしか、言いようがありません!

そんな彼が、日々努力し続け、生み出すカバは、2000年に創業したという、まだ若い蔵元ながら、既に、ヨーロッパやアメリカなどからひっぱりだこ!

こんな、世界が注目するカバ、地元では、ごく少数の高級レストランにのみ販売されてるほど拘っているとか!

これはもう、『1+1=3』どころか、近い将来『1+1=10』にも、20にも、いや、無限大にもなる可能性を秘めています(笑)


appleLabelのおすすめコメント〕

アロマにりんごやナツメグ、ミネラル、ナッツそしてはちみつの香り。
とてもフレッシュで、ドライ、柑橘系の香りが活発な印象を与える。
繊細で持ちの良い、辛口の味わいは、ミネラル・レモン等の香りとともに最後まで続きます。

〔人気ブログ参加中!〕

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

〔8/4(火)本日のワイン日記〕   今週のおすすめお料理

restaurantスタッフあびるちゃんのお料理日記]

こんにちは、阿比留です。

昨日やっと近畿地方も梅雨明けしましたね。

これから本格的な暑さが来るのでしょうね。


レーベルでは昨日からスパークリングと白ワインのフェアが始まりましたよ。

暑い夏はビールも良いですが、スパークリングでシャキン、白ワインでスッキリ
してみませんか?


そんなスパークリング、白ワインのお供に、夏仕様のお料理をご用意しています。


Image217 『温製・冷製 枝豆の豆乳スープパスタ』


今が旬の枝豆をジャガ芋、玉葱と一緒にペースト状のスープにしました。
温製では1.5ミリのロングパスタでホクホクに、冷製では天使の髪、カッペリーニでひんやりと…。

今日はどちらになさいますか?

2009080316400000 『ハモンセラーノ生ハムのムース入り・パンカップ』
酸味の効いたサワークリームにスペイン産の生ハムやスパイスを混ぜ
ムースにし、カリッと焼き上げたパンの中に埋め込みました。
見た目もかわいくスパークリングにぴったりの1品です!

『茄子とホタテのカルパッチョ~バジル風味~』

軽くあぶった茄子とホタテにトマトと特製バジルソースをかけました。
白ワインとどうぞ。

wine本日のおすすめワイン〕

Img10075086982 マッドハウス ワイパラ リースリング2008
   (ニュージーランド)

ニュージーランドで最もアロマティックなワイン生産地(リースリング、ピノグリ等)として急激に成長している「ワイパラ地区」には500エーカーの畑を所有しNZで2番目の規模となるリースリングを生産、そして最大規模のピノグリを生産している。2007年産リースリングにおいては「ニュージーランド・No1・リースリング」を受賞。また、"ワイパラの緑化"を推進しており、土着品種を再導入する事を通じてこの地域での生物学上の多様性を増やす事をねらいとしている。ブドウ畑の各通りには「マオリ・ジャスミン」が列をなして植えられていてオーガニック・マルチシステム(土壌改良)が行なわれています。 マッドハウスの設立と同時にCEOとしてブランディング、マーケティングを手がけているのが「バーデン・ヌゥアン・キー氏(Baden Ngan Kee)」バーデン氏は10年間NZのみならず世界各国のワインブランドに携わり、テイラー(ポルトガル)、コンチャイトロ(チリ)、ドルーアン、ショプティエ、ポル・ロジェ(仏)、フレシネ(スペイン)、デボルトリ、ブラウン・ブラザーズ、ローズマウント、ペンフォールド(豪州)、デレガト、オイスターベイ(NZ)の発展に起因しています。こうしてこれまでの経験や人脈を活かし"たったの2年"でマッドハウスをニュージーランドを代表するワイナリーに育てました。。

cloverLabelのおすすめコメント]

青みがかった黄金色でオレンジやマンダリンの中に熟したシトラスの香り。
りんごやシトラスのような酸味と後口がさわやかでバランスの良いジューシーな
辛口に仕上がっています。

〔人気ブログ参加中!〕

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

[8/3(月) 本日のおすすめワイン]  まだまだ大阪にもあったんです!

foot幸子店長のつれづれ日記]

今日も暑い1日。。sun

本格的な暑い夏が到来ですね!

今年は雨も少なくてワイン用のブドウもすくすくと育ち

もう色付いているそうですよ〜。

早い物はもうじき収穫が始まりますね。今年の新酒も楽しみな私でございます!

さて、以前よりLabelでは地元、大阪の柏原市にある「カタシモワイナリー」様の

素晴らしいワインをご紹介続けています。

しかし大阪にはまだまだおいしいワインを造っていらっしゃるところたくさんあるんですよ!

私、すごい人を見つけました!!    

それは「仲村わいん工房」様です。

酒屋さんを経営している店主の仲村さんは

大阪羽曳野市でたった一人でブドウ栽培、醸造、瓶詰め、ラベル貼り、出荷・・・

すべての作業を一人でされている驚きの方!!

そして昼は畑でブドウを育て夜は酒屋さんに立っているだそうです。

そしてさらに、ブドウは全部無農薬で醸造には自然酵母を使っています。

ワインの種類も7種類ほど造っておられるんですがその中でも

私の見に止まった物は・・・・
2009080314360000    ☜この2本!!!

   「がんこおやじ手造りのわいん」赤

   「手造りわいん さちこ」 白

名前に引かれたのもいうまでもありませんが
ラベルからもこだわりの丹誠込めて造られているのが
伝わりませんか?
白のさちこは私と同じ名前・・・lovely
仲村さんの奥様の名前ですが
陰で支えてくれている奥様にとつくられた
愛情がたっぷり詰まった1本ですね。

私はこのワインたちは間違いなく美味しいと思い
早速購入しました。

そして試飲・・・wine  やっぱり間違いありませんでしたよsmile

また私はこのワイナリー様にも行ってみたいと思い
近々、訪問するコトを楽しみにしているんです。

本日、ワインが到着いたしましたので
皆様には今日より味わっていただけます〜。



wine8月のウィークリーワインフェアは

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470



8/3(月)〜8(土) 泡!泡!!泡!!!
弾けるスパークリングワインで暑さを吹き飛ばそう!
伝統的シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られるものや
自然派の個性豊かな物、珍しい赤のスパークリングまで
大集結!

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージュ!

8/18(火)(通常営業) 
Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様です。 ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

皆様、この機会にぜひお好みのワインを見つけてくださいね。
お楽しみに〜。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

[8/1(土)本日のワイン日記]  深夜のスポーツ観戦。

t-shirt幸子店長のつれづれ日記]

あっという間に7月も終わり、今日から8月・・・

もうそろそろ梅雨も明けそうですね。

1日といえば花火!今日はPLの花火大会の日ですね。

今年は土曜日とあって花火を見に行かれる方も多いでしょうね。

皆さんはどこから見られるんでしょうか?

でも今日はあいにく天気が崩れそうですが

奇麗な花火、見れるといいですね。

さて、ここ最近スポーツが熱い!!

私は毎日、家に帰ってはTVにかじりついています。

今は、世界水泳に全英ゴルフ・・・そして全日本バレーボール

私が帰宅する深夜帯はLIVE中継で放送しているんです。

水泳もすごいですね〜。

毎回毎会、世界新記録がばっかり出て、
どこまで速くなるんだろ〜っと思ってしまいます。coldsweats01

バレーとゴルフは私もちょこっとするのですが
注目はやっぱりゴルフ・・・
今週は全英女子ゴルフです。
難しいイギリスの強風のなかで皆、奮闘している様子で
明日のゴルフの決勝ラウンドは釘付けです。

今やスポーツの世界は十代・二十代の若いプロ選手がとても活躍しています。

どのスポーツも戦い続ける選手は
やはり見ている者にいつも感動を与えてくれますね。

私はちょっぴり年を感じながら
まだまだ三十代、頑張らなくっちゃ・・・っと思います。happy02



[8月のお休みのお知らせ]

8/23(日)・24(月)・25(火)・26(水) の

4日間は夏期休暇のため休業させていただきます!

尚、他の日曜日は通常通り定休日となります。

その他営業日の8月は盛りだくさんで参ります。

スタッフ一同、皆様のご来店心よりお待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

8月のウィークリーワインフェアは

夏だ!夏だ!爽やかに・・・!
キンキンに冷えたスパークリング&ホワイトワインでクールダウン!

Img55550470



8/3(月)〜8(土) 泡!泡!!泡!!!
弾けるスパークリングワインで暑さを吹き飛ばそう!
伝統的シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られるものや
自然派の個性豊かな物、珍しい赤のスパークリングまで
大集結!

8/10(月)〜15(土)
世界各地の白ワインが勢揃い!
フランスを始め今や人気のニューワールド、
ちょっぴり甘めでフルーティーなドイツの白も・・・
もちろん自国・日本のおいしい白も登場いたします!

お料理も夏バージョンでさっぱり爽やかなワインとのマリアージュ!

8/18(火)(通常営業) 
Label Wine  Culb
会費制お一人様3杯
¥2500   20:00抜栓
限定6名様です。 ご予約お早めに・・・

幸子店長が選び抜いたこの3本! 感動してください!

今宵は少しゴージャスに
wineシャンパーニュ ジョゼ・ミッシェル ロゼ マグナムボトル

絶対に一度は飲んでほしい!
フランスで日本女性が造る絶品の自然派
wineドメーヌ・デ・ボワ・ルカ  ソーヴィニヨンブラン

この感動の味わいは忘れられません!
wineジェラール・シュレール  ゲヴェルツトラミネール

皆様、この機会にぜひお好みのワインを見つけてくださいね。
お楽しみに〜。

[人気ブログ参加中!]

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »