« [8/31本日のワイン日記] 長野訪問記3 チーズ&ワイン編 | トップページ | [9/2(水)本日のワイン日記]   9月のイベント »

[9/1(火)本日のワイン日記]  夏休み初日から・・・

keyスタッフあびるちゃんのおとぼけ日記]

こんにちは、阿比留です。

私の夏休み初日はバタバタの一日でした。

実家に帰ることは決まっていたものの、その日まで全く何の準備もしていなかったんです。

それなのに起きたのはお昼。

車で帰ることにしていたので、早く出ないと福岡に到着するのが夜中になってしまいます。

嵩張っているため、絶対に持って帰るつもりにしていた着物とドレスを車に積み、後は何がいるかなぁ…

少々足りない物があっても実家なのでどうにでもなると思いとりあえず出発!

ドライブは大好きなのですが、実家に車で帰る1番の楽しみはサービスエリアに寄ることなんです。

その土地ならではの特産物や食事などが解るため色々勉強になります。

今までで福岡までのサービスエリアや売店のあるパーキングエリアは殆ど行きました。

運転中の休憩にもなるし一石二鳥です。

今回は出発が遅かったため、控えめに3つめのサービスエリア、広島の宮島SAに夜10時前に付き休憩しているときにふと思った事が…

あれ、実家の鍵持ってきたかなぁ…

はい、荷物を調べてもありませんでした。

このペースだと実家につくのは1時から2時です。
実は母は花屋をしており、仕入れの為朝は4時に起きています。
そのため変な時間に起こす訳にいかないと思い、朝まで時間潰しを余儀なくされました。

仮眠をとり、また次のサービスエリア、また仮眠を繰り返して時間を潰しましたねぇ。でもこんな時は眠くならない物で、時間を持て余しましたね。

今考えれば、早く博多に着いて家の駐車場に車を置いて中洲にでも飲みに行けば良かった…(-.-;)

ヘロヘロになりながら家に着いたのは6時でした。

そして荷物を部屋にあげ、車の鍵をキーケースに入れるときにショッキングなことが。

中に実家の鍵がある…

そう、前回実家から大阪に戻った時に鍵をひとつにしておこうと、キーケースに入れたことをすっかり忘れていたんですね。

『ほんま頼むで〜何の時間潰しやったん…』

自分にツッコミを入れたボケた夏休み初日でした。


wine本日のおすすめワイン]
3s ミッシェル ラロッシュ トロワ グラップ ルージュ2007
    (フランス/ラングドック)

フランス南部に広がる畑は、延べ30万ヘクタール。オーストラリア全土の葡萄畑を合わせたよりも広大で、ワイン造りにも長い伝統があります。
すばらしい気候と多様なテロワールを展開する南フランスに強く惹かれたミッシェル・ラロッシュは、1995年、地中海沿いの一角を占めるラングドック地方に畑を購入。
地元の栽培農家との密接な協力関係のもと、新しいスタイルを持つワイン造りに挑戦を始めました。さまざまなテロワールが展開する広い畑には、シャルドネ、メルロ、シラー、 ソーヴィニヨンなどテロワールに最適の品種が育成され、単一畑のワインが造られています。地中海式気候で育まれた葡萄から造られるワインは、リラックスし たライフスタイルと、ヘルシーな地中海料理によく合います。
ミッシェル・ラロッシュの視野と行動範囲は、さらに世界的な広がりを見せています。2002年 には、南米のチリでホルヘ・コデルチとジョイント・ベンチャーを行なう計画を明らかにしました。チリに は最高級のワインを造りだす、すばらしい土地の力があると確信したからです。
彼は次のように語ります。「前進し、絶えず製品とサービスのレベルを向上させ ることによってのみ発展させることができるのです。完璧がこの世に存在しないことは知ってはいますが」。私は完璧主義者です。

cherryLabelのおすすめコメント]
深いプラムのような赤。一つの品種が突出しないで、素晴らしい各品種のハーモニー。ブラックベリーのフレーヴァーがプラム、タールやココアに重なり、かなりのタンニンにささえられて非常に良いフィニッシュです。

[ 人気ブログ参加中!]
いつもご覧いただきありがとうございます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« [8/31本日のワイン日記] 長野訪問記3 チーズ&ワイン編 | トップページ | [9/2(水)本日のワイン日記]   9月のイベント »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [8/31本日のワイン日記] 長野訪問記3 チーズ&ワイン編 | トップページ | [9/2(水)本日のワイン日記]   9月のイベント »