« 11/20本日のワイン日記     見事撃沈!! | トップページ | [11/23本日のワイン日記]    念願のあの方に会う① »

[11/21本日のワイン日記]    母校の大学にて...

[mapleスタッフあびるチャンのほのぼの日記]

こんにちは、阿比留です。

今夜は、レーベルの出勤日ですが、その前に朝から母校の大学へ来ています。

寒いですー!bearing

私が通っていた母校の大学は大阪とはいえ、裏の山を越せばそこは奈良県。

Image092

よく、『初雪は大阪では観測されていません』とニュースで言っているにも関わらず平気で雪が降る所です。snowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

そして大学の裏には地元大阪のワイナリー「河内ワイン」があり、

学生時代は良くかえりに買って帰りましたよ。

色々な意味で、なかなか自然豊かな場所にある大学ですf^_^;。

私はこの大学にある、3本の大きな銀杏の木が大好きなんですよ。

Image089_2

大学に入学してから毎年この時期に一眼レフカメラcameraを片手に、写真学科の学生のようにパチリ。

今年は…木の周りが工事中で背景が良くない、近付けない、一眼の電池が〜coldsweats01

今日は携帯でパチリ。

なかなか綺麗でしょ。
実際はもっと綺麗なんです。

なんか、この木を見ると落ち着くんです。

今日も癒されました。
自然ってやっぱりいいなぁと改めて思う今日この頃でした。






wine本日のおすすめワイン]

サンタ・キテリア イゲルエラ ロブレ 2008
       (スペイン)

290x3052009111000009 漫画『神の雫』に掲載されたことで、爆発的な人気を呼んだことは
記憶に新しいのではないでしょうか? 
11月上旬、そのイゲルエラの“兄弟ワイン”とも言える、
「イゲルエラ ロブレ」が新発売になりました!

virgo私が10月インポーター様の試飲会に行ったとき飲んだこのイゲルエラは
まだ未発売だったのです!
そして一口飲んだ瞬間「こんなん初めてでこれ入れよー!」っと即決で
予約してしまったくらいその味わいは衝撃的でした。
なんでか?これはもう飲んでいただくとわかるんですが
濃厚なゆえ後味にコーヒーのような味わいがするんですよ!

皆様にも絶対に気に入ってもらえると思います・・・・

このワインのつくり手は、コオペラティーバ・アグラリア・サンタ・キテリアで、南東部アルマンサ地方に位置する生産者です。
この生産者組合では、ガルナッチャ・ティントレラというマルマンサDOを代表する品種の、皮だけでなく、中の果実まで赤いという、というぶどうを栽培しているそうです。
このぶどうは、19世紀後半、フランスで、プティ・ブーシェとグルナッシュの交配により誕生したとのことです。
このガルナッチャ・ティントレラの樹齢30年のぶどうの木から。収量は、ヘクタールあたり35へクトリットルとかなりおさえて凝縮させ、ステンレスタンクで醸造後、14ヶ月の樽熟成を行って仕上げられているそうです。
ロブレ’とは熟成期間の目安で14ヶ月が目安の意味なのだそうです。

樽熟成に由来するコーヒーやキャラメルを思わせる複雑かつビターな香り、柔らかなタンニンと力強い味わい!現行のイゲルエラにオーク樽熟成による厚みを増した程良い飲み応えです。



[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

|

« 11/20本日のワイン日記     見事撃沈!! | トップページ | [11/23本日のワイン日記]    念願のあの方に会う① »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/20本日のワイン日記     見事撃沈!! | トップページ | [11/23本日のワイン日記]    念願のあの方に会う① »