« [11/16本日のワイン日記]     チーズ検定! | トップページ | [11/18本日のワイン日記     この日がやってきました!! »

[11/17本日のワイン日記]   『難波徘徊』

footスタッフあびるちゃんのハツラツ日記]

こんにちは、阿比留です。

昨日は知人から映画鑑賞券を頂いた為、夕方からパークスシネマに行くことにしました。

でもその前にちよっと買い物も…と思い色々歩きましたね。

その途中、喉が渇いたのでお店に入り、コーヒーを頼むつもりがいざ頼んだのは何故か『スペインオムレツ』と『赤ワイン』
時間はまだ5時です…。

バルなどに入ったんではないんですよ…f^_^;

コーヒーを飲みたかったのに、そこに美味しそうなスペインオムレツが
あるからいけないんです。
自然とワイン飲みたくなっちゃいましたよ。
でも、とても美味しかったですねぇ。入って良かったです。

ほんのりワインモードが入った私は、チーズを買いに行きました。

特に白かびタイプが好きなんですが、せんど迷ったあげくブルーチーズと
ウォッシュタイプetcをチョイス。
となると、パンも欲しいなぁ… はい、買いに行きました。

今から映画というのに。。。

もちろん映画は行きましたよ。
沢山の荷物と共に。

メインは映画のはずが、ワインを楽しむための徘徊になっていましたね。

そんな休日の〆は家でワインを飲んでいた事は言うまでもないですね
( ^^)Y☆Y(^^ )


[今週のおすすめお料理]
昨日は風が冷たく、ひえましたね。夜は冬を感じました。

さてさて今週はいよいよ待ちに待ったボジョレヌーボーの解禁ですね。

それにあわせて、地方は違いますがフランスの地方料理をひとついかがですか?

Image080_2 『ホタテとエビ&オリーブと鶏肉のコキール2種盛り』
コキールとはフランスノルマンディー地方発祥の料理で、貝殻や、貝型のものを器に使って海鮮や鶏肉を具材に焼き上げたものです。
今回は、こんな時もあるかととっておいたカラフルなヒオウギの貝殻を使用しています。
貝殻をクリーミーなマッシュポテトで縁を飾った中央にホワイトソースに絡めた海鮮、もうひとつはトマトソースに絡めたオリーブと鶏肉を入れて焼き上げました。ボジョレーはもちろん赤白どちらにも合うメニューですよ。

2009022816380000_2 『牛モツ トリッパのトマト煮込み』
牛の第2胃袋ハチノスと第3胃袋センマイを時間をかけて丁寧に下茹でし、野菜と一緒に柔らかくなるまでトマトベースでコトコト煮込みました。
プルプルになったモツも柔らかくてカラダもポカポカしてこの時期最高ですよ。
仕上げはパルミジャーノのチーズを振りかけていただきます。

2009111713130000 『広島牡蠣とゴルゴンゾーラのクリームパスタ』
旬のプリッとした牡蠣としめじにイタリアのゴルゴンゾーラを入れたクリームソースにからめた、濃厚パスタです。
海のミルクと呼ばれる牡蠣はやっぱりクリームによく合いますね。
そして牡蠣には、肝機能を強化するグリコーゲンやタウリン、ビタミンB12がいっぱい入っているそうで、ついついお酒を飲み過ぎて疲れた肝臓もバックアップしてくれますよ。

ボジョレーヌーヴォー解禁まであと2日!!

[入荷ワイン情報!その③]ボジョレーヴィラージュヌーヴォー
    ル・ポン・デュ・ディアーブル2009 ヴィニフィレ・パ・ジュンコ・アライ

 Bl0000011                  
フランス・ロワール地方でドメーヌ・デ・ボワルカを設立し、ワイン生産に取り組む新井順子さんが、2009年はボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーに初挑戦した。
造り手は、なんと日本人の新井順子さん

来週の日曜日に大阪に来日されるんですよ〜!
ちゃっかり来日イベントに申し込み済みの私!!!
とても楽しみで少しドキドキですがしっかりと新井順子さんに会いにいってきま〜すhappy02  イベントの様子はまた来週のブロクにて。。。

新井順子さんは、すでにフランス、ロワール地方にて「ボワルカ」の名前でワインを造っている日本人女性の造り手です。少量生産なので、日本でもそれほど出回っておりませんが、ワインファンの間では有名で、知る人ぞ知る造り手さんなんです。

ボジョレーとは位置的に程遠い、ロワール地方の造り手である彼女がボジョレーを造ることができるのには理由がありました。それは今年の春にボジョレーの造り手であるジョベール氏のところを訪れた際に、彼女は冗談で「ボジョレーヌーボーを仕込んでみたい」とジョベール氏に申し出たところ、彼が簡単にオッケーしたのが始まりでした。しかも、彼の持っている畑でも最高の畑「ルポンデュディアーブル(小悪魔の橋)」を使っても良いということ。

こうして、新井順子さんは長年の「ボジョレーヌーボーを造りたい」という思いがかない、今年、ボジョレーヌーボー造りに挑戦します。

ラベルは畑の名前にちなんで、可愛らしい小悪魔ちゃんのラベル風となっております。

さらに現実的にいろいろと問題もあるんです。
ロワール地方にある自分のワイナリーの収穫・醸造もその後、ひかえており、彼女のスタッフも一緒に同行し、まずはボジョレーで収穫・仕込み、それからロ ワール地方に戻り自分の畑を収穫・仕込み、その間、何度も往復しなくてはなりません。ロワール地方からボジョレー地区まで片道5時間、まさに体力と睡魔との闘いです。
ただ、2002年からロワール地方にて、ボジョレーと同じ品種のガメイ種を7年間ワインとして仕込んできたという経験があり、彼女のボジョレーヌーボー造りへの思いは人一倍、熱いです。 。 


[人気ブログ参加中!]

いつもご覧いただきありがとうございます!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


|

« [11/16本日のワイン日記]     チーズ検定! | トップページ | [11/18本日のワイン日記     この日がやってきました!! »

Label最新ワイン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [11/16本日のワイン日記]     チーズ検定! | トップページ | [11/18本日のワイン日記     この日がやってきました!! »