スタッフ日記

3/29(火) 本日のスタッフ日記

「Happy  Birthday! 」

私は昨日、誕生日を迎えました。

Labelでお誕生日を迎えさせていただくのは3回目。。。

もう早い物で33歳になりました。

16433746_1058128373_151large

2011032823310001

 

ホントにたくさんの皆様にお祝いしていただき
とっても幸せな1日を過ごさせていただきました。

2011032821520000_2

その他にもたくさんの方にプレゼントやお祝いのメッセージなど
いただきまして
本当にありがとうございました!

そして大切な仲間達。。。

私はLabelで過ごしてきたこの3年間、皆様からかけがえのないものを
たくさん頂戴致しました。

5695009_1057924402_173large1

5695009_1057924261_248large











16433746_1058128479_21large

5695009_1057924218_178large_2











5695009_1057924238_15large_2

5695009_1057924347_192large_2











5695009_1057924634_124large_2

16433746_1058128501_228large_2











5695009_1057924162_247large_2

5695009_1057924864_163large











5695009_1057924563_106large_2

5695009_1057924834_9large_2












みんな,みんな大好きです〜!

こんなに素敵な方達と出会えたことに感謝しています。

本当にありがとうございました!!

               重谷  幸子

| | コメント (0)

3/17(木)本日のスタッフ日記 「本日オススメメニュー追加です!」

こんにちは、阿比留です。

一昨日まで暖かくなり、やっと春を感じていたのも束の間、昨日は雪が舞うほどの寒さでしたね。

早く陽気な暖かい日を待ち望んでいるのですが、同時に花粉症に苦しむ方も多いですよね。

今日は週の半ばなのですが、オススメメニューを一品追加したいと思います。

花粉症の方にも優しい
「チキンのジューシー青じそオニオンソースソテー」

その名の通りソースに玉ねぎと青じそをたくさん使っているんです。

この2つの野菜は、花粉症の症状緩和に効果があるといわれています。
たまねぎには免疫力を高める力があり、花粉症になっている時に起こる免疫系の過剰反応を沈めてくれるのです。

そして、青じそは抗酸化作用があり、消炎作用、精神安定作用、さらに自己免疫力を高める作用もあるので漢方薬としても用いられ、咳、鼻水に効果が認められているそうです。

今日はこのソースをせっせこ作っています。

花粉症の皆さんどうぞ試してみてください。
「花粉症ではないから・・・」そう思ったかたもいらっしゃるでしょう?
ソースの食材は体を温め、気管支を綺麗にしてくれる効果も期待できますので寒い日にもぴったりですよ。

皆さんのお越しをお待ちしています!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

[ワイン人気ブログランキング参加中です!]

応援どうぞよろしくお願い致します。
ご訪問されたら、下のバナーをぜひ押してくださいね!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

3/2(水) 本日のスタッフ日記 /labelで春を先取り

cherryblossom幸子店長のつれづれ日記」

もう三月。。。明日はひな祭りです。
寒さはまだ残っているも、すっかり春ですね。

いよいよ明日より
日本のロゼワインを集めた特集が始まります。

色鮮やかなワインたちも続々と入荷しています。

そして今日はカウンターに桃の花を飾りました

2011030216090000_2

まだつぼみが多いんですが
明日には満開になっていると思うと
なんだかウキウキしちゃいますね。

だって明日は女の子のお祭り。。ひな祭りですもんね。

そしてそして。
明日からのロゼワインに合わせていただけるよう
お料理もご用意しました!

2011030116230000

はまぐり・ヒイカに菜の花.甘みがたっぷり小玉ねぎのペコロス
〜桜えびの春ソースで〜

春を感じてもらえる食材をたっぷり使った1プレート。

ロゼワインとご一緒に先取り春を感じてみてくださいね〜!

っとLabelでは春一色になりましたね。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


[ワイン人気ブログランキング参加中です!]

応援どうぞよろしくお願 い致します。
ご訪問されたら、下のバナーをぜひ押してくださいね!!

にほんブログ村 
酒ブログ ワインへ

| | コメント (0)

日本ワインが取り持つ縁で。

こんにちは。
Label仕入れ担当兼オーナーの西尾です。

今回は嬉しいお知らせがあります。

毎月、注目の日本のワイナリーを2回にわけてご紹介している、
当店で好評を頂いている特集企画
「Monthly Recommen Nihon Wine」。

この3月の後半の特集で、
日本の個人ワイナリーの象徴ともいうべき、
長野県の「Kidoワイナリー」さんを紹介できることになりました。

2004年に開業されたまだ新しいワイナリー。
超小規模の造りながら、栽培から醸造までをご自身で手掛ける、
城戸亜紀人さんが手掛けられるワイナリー。

葡萄がじっくりと結実し熟していき、
タンニンもただ渋いというのでなく丸みのある状態になる、
スマート・マイヨルガーという栽培方式にこだわり、
内部をしっかり焼いた新樽で貯蔵していく。
それゆえに凝縮感があり、しっかりとした主張のある
ワインが生まれています。

実は、以前からその生産量の少なさと
品質の良さによる人気の高さから品薄が続き、
特にこの春からのニューヴィンテージのリリース前の今、
入荷については私達もあきらめておりました。

ところが、私達のブログやTwitterを見て頂き、
その活動に関心をお持ち頂いたある酒販店様が、
(あえてそのお名前は伏せさせて頂きます。)
探していたこのワインの入荷に
ご協力したいとのお申し出があったのです。

しかも、それまで面識すらなかった私達に、
先方様からお声をかけてくださった....。
小さい店ですが、少しでも日本ワインの美味しさを伝えたい。
その一念で取り組んで来た事がこんな形で、
ご縁に結びついた事を大変嬉しく思います。

それでは、この後そのラインナップをお伝えしますが、
本当に日本ワインファンならずとも、
とても楽しみなワインが揃いました。

S様、有り難いご協力、本当にありがとうございます!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


[ワイン人気ブログランキング参加中です!]

応援どうぞよろしくお願 い致します。
ご訪問されたら、下のバナーをぜひ押してくださいね!!

にほんブログ村 
酒ブログ ワインへ

| | コメント (0)

自分の殻を破る。

こんにちは。
Label オーナーの西尾です。

ここ数日、先日の都農ワイン様への訪問記を
レポートさせて頂いておりますが、
お楽しみ頂いておりますでしょうか?

今日は、そのレポートの続きはお休みさせて頂いて、
店長・重谷に変ってブログを担当致します。

実は、重谷は今日初めての「外部セミナー」へ参加しています。
それは、「笑顔・挨拶・話し方」にまつわるセミナー。

その道のプロフェッショナルであられる女性講師の方々に、
もう一度、我々の代表として、またサービスマンとして、
基礎からみっちりと学びを得てもらうためです。

普段、毎日仕事をしておりますと、
その日常が「スタンダード」となってしまい、
善くも悪くも「自己流」に疑問を持たなくなってしまいがちです。

とりわけ、私達はサービスを生業にしています。
気持ちの良いやりとり、思いの伝わる話し方、
そしてなにより、お求め頂いているのは何かを
率直にお話し頂けるあたたかい人柄。

そんな「あるべき姿」に立ち返ってもらいたいという願いで、
学びの場に行ってもらったのです。

彼女も最初は、尻込みをしていましたが、
ヒトとして、女性として、そして当店のリーダーとして、
またひとつ殻を破り、ステップアップを信じて、
朝から8時間の講習に取り組んでいます。

帰ってきて、即時に変っている事。
また、じっくりと取り組みながら、
腑に落ちるまで気持ちに熟成をかける事。

いろいろな気付きがあることでしょう。
その中から、また自分自身だけでなく、
お店、信じて頂いているお客様、仲間にまで波及する、
明るい空気を発してくれたら嬉しく思います。

もちろん、今夜もセミナーから帰り次第、
お店で頑張ってくれます。
またお声をかけてあげてください。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


[ワイン人気ブログランキング参加中です!]

応援どうぞよろしくお願 い致します。
ご訪問されたら、下のバナーをぜひ押してくださいね!!

にほんブログ村 
酒ブログ ワインへ

| | コメント (0)

試作は続く...。

こんにちは。
Label仕入れ担当兼オーナーの西尾です。

昨夜は、重谷店長と阿比留の2人と、
私と姉妹店eni-bruのスタッフで、
Labelの新作お料理の試作&試食が行われました。

今回は、阿比留提案の3品が登場。
阿比留も緊張の面持ちで皆の意見を聞いておりました。

Rimg0030_2

まずは、マグロの漬けやシーフードと野菜のクスクス。
サラダ仕立ての冷たい一品でした。

サラダで行くなら、野菜の量を上げて、クスクスを少なめにし、
もう少し軽い一品に仕上げてもいいんじゃない...とか、
意外とあっさりなのに味の余韻が残っていいね...とか。

概ね、好評な滑り出し(笑)

Rimg0029

次は、アーティチョークとバゲットのグラタン仕立て。

アーティチョークがホクっとしていて中々おいしいのですが、
現存メニューに似たものがあるので、
複合型で考えてみて、かぶらないようにしたほうが...なんて意見も。
グラタンものは、どうしても味が似てしまいがち。
そのあたりは、もうひと味工夫が必要だというジャッジに。

Rimg0031

最後は、旬の野菜のいかの塩辛バーニャカウダ風。
これは中々の変わり種でしたし、ソースもおもしろい。
意見としては、いかの塩辛でなくて
かつお酒盗やあみえびの塩辛などで、
もうひとつ味に「驚き」を加えたいね....とか。
いかの塩辛の味がもうすこし抑えられても....とか。

建設的且つ、阿比留の努力をなんとか形にしようと、
皆一様に真剣な意見が出て来ました。

Labelの今年は何かと熱く変貌を遂げる年。
こんな風に、日々のスタッフの行動が、
実りを見せてくれる事を心から嬉しく思います。

ここから、またいろいろな改善を加えて、
皆さんのお口に届くのはいつになるでしょうか。
ぜひぜひ、またご意見を頂戴できれば幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[残席あとわずかとなりました。ご予約受付中]

心底日本ワインに惚れこむ会 〜Vol.1 京都・丹波ワイン編
2011/2/27(SUN) 15:00〜

詳しくは↓のバナーをクリックしてください!
Photo_2

 








| | コメント (0)

アドレナリンが吹き出すワイン。

こんにちは。
Label仕入れ担当兼オーナーの西尾です。

毎日、毎日、おいしい日本ワインを届けようと、
ワイン探しにやっきになっておりますが.......。

海外産のワインと日本ワインを比べると、
一番、仕入れに苦心するのは
やっぱりその規模というか、生産本数でしょう。

とりわけここのところ、雑誌等でのピックアップ増加もあって、
人気ワイナリーの限定生産品や、季節限定品は、
あっと言う間に品切れとなり、我々も確保に右往左往します(笑)
なんとか手に入れたお気に入りの一本は、
お客様にお勧めするのも、気持ちが入るという
メリットもあるのですけれど...。

懇意の酒販店さんとお話をしていても、
人気がじわじわと上がり始めていて、
少量入荷のワインは、なかなか新しいお客様に、
お分けしにくくなったとおっしゃいます。

日本ワインファンの方々の熱い「争奪戦」が
始まっているようです。

しかし、おもしろいものです。

毎日、リリース情報とにらめっこしていると、
人の欲求というか、消費動向みたいなものがあるのだなぁと、
つくづく実感しますし、現代人は情報に敏感だとも思います。

例えば....
・生産本数●●本限定。
・●●地区の●●種の今年の収穫は少なく、
 その葡萄のみを使った稀少品。

そのキャッチコピーによって、
購買欲求というのか、アドレナリンが吹き出すんでしょうね。
あっと言う間に、Sold Outになっていきます。

さすがに我々は、一般消費者でなく売り手のひとりなので、
そのコピーだけでなく、それまでの実績というか、
その造り手のワインの過去記憶なども計りに入れるので、
すぐに、ポンッと手を出す訳ではないのですが、
やっぱり、数の少なさは「欲求」をくすぐります。

最近だと、現在特集中の、
熊本ワインさんの「菊鹿 ナイトハーベスト小伏野09」。
ドメイヌタカヒコさんの「ヨイチ ノボリ 09シリーズ」
都農ワインさんの「シャルドネ アンヴッデッド」などもそうでしたね。

さて、立春も過ぎ、日増しにぽかぽかと温かくなるこの頃、
ワイナリーからは、また新たなワインのリリースが始まります。

また、ワクワクドキドキの毎日は続きます。
そんな今も、次の特集ワイナリーの選定を行っている、
合間をぬっての投稿と相成りました。


[来週からの特集です! お楽しみに!]

Label_2

 

*詳しくは☝のバナーをクリックしてください!!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


[人気ブログランキング参加中です!]

応援どうぞよろしくお願い致します。
下のバナーをポチッと押してやってください!!

にほんブログ村 
酒ブログ ワインへ

| | コメント (0)

思いが通じる本。

こんばんわ。labelオーナー兼仕入れ担当・西尾です。

このブログにも3回目の登場となりまして、
やっと、AWAY感が無くなって来たところ。
アクセス数も少しずつ増えて来て嬉しく思っています。

さてさて、昨年は日本ワインに
注目が集まったことを証明するかのように、
いろいろな雑誌で特集が組まれたり、
特集ムック本の発売が本当に多かった年でした。

「日本のワイナリーへ行こう」なんて楽しいムックや、
大阪のグルメ本の総本山「あまから手帖」の今月号も、
取り上げておられますよね。

そんな中、コレは凄いと思える本が年末に発売されています。

[最強日本ワイン完全ガイド]
福田克宏著 主婦の友社 1,890円

968bec8622512a7a66136836473e8ab8_2

著者は日本ワインブロガーである、「たこやき坊主」こと、福田克宏さん。

福田さんのブログ「なんでもテイスティング人生」
ともかく凄くって、どれだけ日本ワインを飲んだのかという、
日本ワインへの愛が溢れ出しているブログ。
http://nomihosu.sakura.ne.jp/mt/

 

私もちょくちょく拝見しては勉強させていただいていますが、
福田さんが全国のワイナリーを訪問し、
強烈に内容の濃い「日本ワインのバイブル」を作られた。

実はこの方、ワインジャーナリストではないらしく、
本業の傍ら、半ば手弁当取材で
執筆活動をされておられたというから、
その情熱たるや驚きの連続です。

これから、日本ワインを飲んでみたいと言う方にも、
もちろん、もうすでにどっぷりなラヴァーにも、
ぜひ、1冊はおすすめしたい内容です。

私もこの本を手に取って、ワイナリーツアー衝動がメキメキ。
飲む事も楽しいし、美味しいのはもちろんですけど、
現地へ旅して感じるリアル感があるのは、
やっぱり「自国」である強みです。パスポートもいらないし(笑)

どうぞ、書店やAmazonなどで見つけて手に取ってください。
ホントに買ってこの世界を深く知ってもらいたいです。
我が店でもお取次ぎしてみようかなぁ....。

| | コメント (0)

1/13本日のスタッフ日記   本日開栓の日本ワイン。

「成人式」

こんにちは♪
村田です。

寒くて寒くてなかなか布団から出られないので

毎日授業に遅れそぅになります(;´д`)

この前の週末は成人式でしたね☆ 

僕はもぅ終わっちゃったので関係ないんですが
大学の後輩たちが成人式だったらしく写真とかを見せてもらいました。

やっぱり女の子達の気合いの入り方が尋常じゃないですね!!

まぁ一生に一度のことですから☆ 

自分の成人式の時は
久しぶりなこととみんな同じような髪型格好だったことで
近くに行かないと気づかないくらい女の子はみんな同じに見えたことを思い出します(笑)

後輩のみんなにもこれからはちょっと大人な感じで
Labelにも飲みに来てもらいたいですね♪



wine本日の開栓の日本ワイン》

山梨県
旭洋酒/ソレイユ

旭洋酒は、地元農家380軒ほどが集結して発足した有限会社で、共同経営という形でワイン会社を営んでいました。それは、市場に流通されない自家生産のワ インでした。
 しかし近年ブドウ農家が減少し、50軒以下になり2001年末、旭洋酒は消滅寸前の状態となります。
      そこに出くわしたのが、勝沼の老舗ワイナリーで醸造に携わっていた鈴木 剛さん。そしてそのワイナリーでブドウ栽培を担当されていた順子さんの鈴木夫妻です。2002年3月、ご夫妻は、思い切って旭洋酒の経営を引き継ぎます。 それはお二人には造りたい目指すワインがあったからです。

Img10174217017_2

ソレイユ 甲斐ノワール’08

甲斐ノワールは日本固有の葡萄でカベルネ・ソーヴィニョンとブラック・クイーンを交配した山梨県オリジナルの品種
紫がかった濃い色調で青草香と酸味があり山ブドウを思わせる個性的なブドウです。
一文字短梢で栽培されたこの甲斐ノワールを醗酵後オーク樽で12ヶ月熟成し、
同じ八幡地区の自社畑を主体とするメルロとブレンド、さらに柑橘の香り豊かな甲州を少しだけ加えました。
プラムなど黒い果実のニュアンスと滑らかなタンニン、糖酸のバランスがよく和食にも合う軽やかなミディアムになりました。

ぜひぜひお試しください。


〈人 気ブログ参加中!!〉

いつもご覧いただき゜.+:。(*´v`*)゜.+:。ありがとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村












| | コメント (0)

1/12(水) スタッフ日記 えべっさんに行って来ました。 

「えべっさん」

こんにちは阿比留です。

日曜日は朝から大国町で結婚式で歌って来ました。

その仕事が終わって外に出ると、何やらパレードが。。。

今宮戎の宵宮の日だったんですね。
賑やかでした。

そのあとに急いで十三に行く用事があり今宮戎には行けませんでしたが、十三の予定が終わってから商店街を少し散策しました。

歩いていると、福笹を持っている人がたくさんいたので、来る方向に行くと、
十三にもえべっさんがあるんですね。
お詣りしてきましたよ。


そしてきのうは、家の近くの堺戎神社へ。
こちらはかなりの賑わい。
毎年行きますが、賑わいが心地よいです。

でも、えべっさんも神社によってまったく違って楽しいですね。

楽しみのお詣りの1つです。


次は
2月に厄除けのお詣りに行かなくては…
また大厄の私です。

今年は何事もありませんように…(^.^)






[Monthly Recomented NIPPON WINE] 1月 vol.2

長野県/塩 尻市
極ウマ。無添加生にごりワインの
   
〜井筒ワイン特集〜


1月21日(金)〜ワイン終了まで

Izutu51

井筒ワインは昭和8年創業以来、現在まで75年あまりの間、桔梗ヶ原一帯でのブドウの栽培、収穫を背景に醸造から瓶詰めまで一貫して行うワイナリー です。
出来るだけ自然にそして丁寧なワイン造りを心がけ、酸化防止剤や保存料などは一切使用しないナチュラルなワインを造ってい ます。

古くから生食用として地場の特産品であるコンコード種ブドウ、ナイヤガラ種ブドウより醸造する製品群は、果実味を生かした自然で親しみ易い飲み口と 新酒、 酸化防止剤無添加などのスタイルが、桔梗ヶ原のワインあるいは地酒として国内ワイン市場だけにとどまらず、他に類を見ない独自の商品価値、分野を確立して います。




2009_kajuhakkou_3items

このワインは、ぶどうが酒へと変貌を遂げる発酵過程を終えた
 直後の状態をそのまま瓶に詰めたワインです。

 

▶無添加にごり生ワイン (赤)
信州桔梗ヶ原産のコンコード種ぶどうを原料に醸されました、
フルーティーな香りと酸、甘味のバランスが良い味わいのやや甘口。
▶無添加にごり生ワイン (白)
良質の地元産ナイアガラ種ぶどうを原料 に醸されました、
ぶどう果実本来のフルーティーな味わいが特徴のやや甘口。

▶井筒ワイン  ケルナー(白)
▶井筒ワイン マスカットベリーA(赤)

ワ イナリーの発酵タンクから、注いだワインような、フルーティーで香りのよいワインです。
できたての生ぶどう酒の味わいを、お楽しみ下さい。






〈人気ブログ参加中!!〉

いつもご覧いただき゜.+:。(*´v`*)゜.+:。ありがとうございます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧